スポンサーリンク

ゆたぼん 不登校の理由は?気になる親の画像は?炎上している理由!

ゆたぼん 不登校の理由は何なのでしょうか?

まだ10歳で学校に行かずユーチューバーになったゆたぼん君。10歳ではまだ小学4年生くらいですかね?

いろいろと心配になりますがその状態を受け入れている気になる親はどういった人たちなのでしょうか?

今回の記事ではゆたぼんの不登校や炎上している理由と親の画像も合わせてお伝えしていきます!

 

スポンサーリンク

ゆたぼん 不登校の理由は?気になる親の画像はこちら!

ゆたぼんの不登校理由は何なのでしょうか?本名は中村逞珂(ゆたか)君10歳ですね。

 

普通はいじめなど家庭の問題などからくるのが一番ですがいじめではないらしいですね。

どうやら小学3年生の頃に学校の宿題をやらないでいると

先生から叱られてそのままお昼休みに宿題をやることになった見たいでそれがなぜこんな苦しい思いをしなければいけないのか?

と疑問に思いそのまま不登校になりユーチューバーで世界の子どもたちにメッセージを発信しているみたいです。

こんな理由で学校にいかなくなるのもスゴイですが、親はこの件に関してどう思っているのでしょうか?

普通に考えたらありえませんが、きっと親はその発送はすごいなど!と言ってじゃあユーチューバーにでもなって自分の想いを言葉にして発信して見る?とかいい出したのかなーと思います。

でなければここまでの行動は子供一人ではできないでしょうし親のサポートがあってこそだと思いますからね。

世間的にみると批判の的になりかねないですが、逆にこういう考え方の子供がいれば世の中の社会や子供のいじめを変えて行けるかも知れない!とも思います。

そんなゆたぼんの活動を見守っている親についていろいろ調べて見ました!

まずは父親ですが画像もあったので載せます!

中村幸也さん。

 

結構すごい肩書を持つ父親ですね。暴走族感がまだ拭えないですねww

心理カウンセラーを始めるまでの経歴もすごすぎて自伝がかけるレベルかと思います。

 

これでは世間的に見ると炎上するのが納得できますね。

そして母親についても調べてみました!

 

母親の情報はちょっと分かりませんがきっと父親と同じよな考え方の人なのでしょうね。

 

スポンサーリンク



 

ゆたぼん 不登校や炎上している理由は?

「不登校は不幸じゃない」10歳のユーチューバー 沖縄から世界に発信「ハイサイまいど!」

 「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆたか)さん(10)=宜野湾市=が「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動している。大阪生まれ、沖縄在住のゆたぼんは「ハイサイまいど!」で始まる楽しい動画を提供しつつ、いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している。

配信する動画は歌やお笑い系が多い。パワフルに熱唱する姿は、父親の幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツをほうふつとさせる。

人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、学校ではできない学びに自信を深めている。

活動をしていると「死にたい」という子どもから相談が寄せられることもある。そういう時は友達になり「死ぬな。苦しむな。学校なんて行かなくてもいい」と言い続けている。

夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、戦争をなくすこと。子どもの自殺が増えるとされる夏休み明けの頃には、子どもを集めたライブを開催する計画も練っている。

4日にインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティーに就任。毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送している。

ラジオでは苦しんでいる子に向けて勇気を与えるメッセージを発信するつもりだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

ゆたぼんを批判している理由はやはり宿題がめんどくさくて学校を不登校になったことや

親がそれを了承していてユーチューバーをやらせていることなどが炎上の理由でしょう。

普通に考えたら小学校に行かないでユーチューバーになること自体日本では間違っていると思いますし、宿題をやるのが嫌いなだけで不登校になるのがおかしいとは思います。

まあこういうちょっと変わった考え方の子供が出て来てもいいとは思いますが、将来どんな人物になるのかも気になりますね。

夢を叶えることができれば世間の大人たちを黙らせることもできるでしょうから

 

ぜひ周りの人間なんか気にせずに思いっきり好きなことをやって実現させて欲しいとも思います!

ゆたぼん 不登校の理由を知った世間の反響

 

 

考えの相違があるかもしれないから、このままアフリカ大陸か無人島に放置して、”独りで気ままに”生きていくか実験しよう。 メシが黙って出てきて、暖かい家に暮らせて、綺麗な服を着れて、教えてくれる人がいる、という世界で一番恵まれてる状況を実感して頂こう。

ここで大人がすべきなのはこの子を黙らせたり学校に行かせることじゃなくて、カウンターとして学校の意味を打ち出して選択肢を与えること。「みんな行ってるから」で済ませてるうちは「みんな行かなくなればいい」になる。

 

小学生のうちから 不登校なんて 誇れる事じゃねーと思う 躾できてねー親って 近年多いが ついに 義務教育受けさすのも放棄する親が 出てきたって事だな

題いやで不登校って事ですか… いろいろな考え方があるからいいと思うけど… YouTuberで食っていこうって考えが嫌い

確かに不登校は、不幸じゃないけれど、本当のきっかけは、宿題拒否での放課後指導だったんだろうか?勘違いしてはいけないのは、彼の生き方まだ10年で社会の全てを見てきたわけでもない経験したわけでもない中メディアがこのような報道の仕方をすることに違和感も感じます。長い人生始まったばかりです

 

まさに新しい時代の息吹ですね。本来、国家を率いていく人材というのはこうあるべきなのだと多くの日本人が感じることが出来ています。ありがとうございます。

この子の将来に不安!親は親としての行動をしっかりとっているのか?子供がとっている行動は敗者の行動であることを親は理解させているのか!

ゆたぼん不登校のまとめ

今回はゆたぼんの不登校理由や炎上したワケなど親の画像についてまとめていきました!

ゆたぼん君の将来どうなっていくのか個人的には非常に楽しみですね!

日本や世界の未来を変えてくれる起業家などになったら誇らしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました