若手教師 嘆きの真相が全く嘆いていなくてワロタww世間の声は?

スポンサーリンク

若手教師 嘆きの真相が全く嘆いていなくて爆笑ですww

今の教師は大変と言われていますが、どういうことなのでしょうか。

この件に関しての世間の声はどういったものなのでしょうか?

今回の記事では若手教師の嘆きについて詳しくまとめてお伝えしていきます。

 

こちらのサイトも人気ですよ!!

若手教師 嘆きの真相!若槻千夏のモンペ発言が炎上動画はこちら!

スポンサーリンク

若手教師 嘆きの関連画像や動画

ちなみにこちらが教師をしている方のツイートですww

まったく嘆いていないそうですよ!

なるほどこの前に若槻千夏のモンペ発言をしたことによりネット上で炎上し謝罪することにまで発展しましたね。

ああいうモンスターペアレント的な方々に丁寧に伝えたいみたいですね。

確かに一番に伝えなければいけない人たちはあの問題行為を行っている奥様方ですからね。

 

ちなみに若槻千夏がモンペ発言をした炎上動画はこちらです!

またこの件に関してたくさんのツイートを見つけましたのでいくつか載せていきます!

 

スポンサーリンク



 

若手教師 嘆きの真相

 7月21日放送の『news zero』に出演したタレントの若槻千夏(35)が、教員不足問題に関する発言で批判を浴びた。教員たちに過重労働を要求する彼女の姿勢を、実際に現場で働く20代の若手教員はどう受け止めたのか。

 実際に現場で働く教員に、時間外労働について聞いてみた。公立中学校で働く吉井航平さん(仮名・27歳)は「先生として当たり前の業務に見えるものが、そもそも時間外労働なんです」と嘆く。

「朝や放課後の補修や部活動も、手当てなんかつきません。部活動に関しては土日に限り、1日4000円の手当てがつきますが、4時間やっても、8時間やっても金額は一律です。

それに、『部活の日程、時間を増やせ』と要求してくれる保護者も多いんです。子供を少しでも長く学校に任せたいんでしょうね。前任の顧問が“熱血体育会系”だったりすると、保護者たちのプレッシャーがすごくて……」

 今回の若槻千夏の発言のように「子供が勤務時間外に起こした問題」への対応を求めてくる保護者もいるとか。

「家出した子供探しに駆り出された同僚もいます。終業時間の16時45分をとっくに過ぎた時間帯に職員室で残業をしていると、ある生徒の保護者から『子供が家出したから、探して欲しい』と電話があったそうです。

基本の対応としては警察にお任せして問題ない案件ですし、『学校外で起きたことを持ってくんなよ……』というのが我々の本音です。でも、その同僚は“引き受ける面倒臭さ”と“引き受けなかったときの面倒臭さ”を天秤にかけて、前者を選んだようです。

結局、日付が変わるまで生徒を探し回っていました。その保護者はモンスターペアレンツとして有名で、もし断っていたらあとで教育委員会に物申されたり、いろいろと面倒なことになりかねなかったので……」

本来、学校側の業務ではないことでも、現場の教員にとっては“マニュアル通りの対応”とはいかないのだ。

 公立高等学校で働く木村唯さん(仮名・28歳)は、「教員の働き方に理解のある親もいる」と話す。

「共働き家庭が増えているので、どうしても土日に面談を入れたり、生徒の家に電話をかけなければいけないことがあるのですが、『土日なのにすみませんね』と言ってくれる保護者も多いですよ。両親が仕事を持っているからこそ、昨今の働き方改革の問題にも理解があるのかもしれませんね」

一方で、学校内の活動に介入してくる親には気を揉んでいるとか。

「バスケットボール部の顧問をやっているのですが、大きな大会ならともかく、練習試合にもかなりの数の保護者が見にきますね。私が高校生の頃には考えられなかった光景なので、疑問に思ってます。

それに、見に来るだけならいいのですが、『なんでうちの子、レギュラーから外したんですか?』とか『あのときあの子を交代させるべきでしたね』とか、試合の采配にまで口を出してくる保護者もいます。正直『うるせー!』って感じですが、やんわり受け流すしかないですね」

子供のことを学校にできるだけ任せたがる保護者がいれば、必要以上に干渉してくる保護者もいるようだ。どちらにせよ、保護者の都合に振り回される教員の負担は大きなものだろう。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190728-00189286-bizspa-life&p=2

なんだかんだ嘆いている教師もたくさんいることが分かりますね。

人によってそりゃ楽な教師だっているでしょうし、部活の顧問や小学校の教師も全教科教えないといけないから大変そうですからね。

やはり教師も人それぞれなのでしょう。

親御さんも教師も一人の人間であり同じように休みやプライベートが必要な事をもう少し考えてあげられる人が増える事を願いたいですね。

このような記事を若槻千夏さんのような人たちにぜひ見て欲しいですし、今後考えを改めてほしいですね!

 

スポンサーリンク



 

若手教師 嘆きの真相を知った世間の声は?

「モンペだからできることがあるかも」っていうのが更に厄介。
モンペの方々の中には、「学校のために」とか「先生のためにも」とか言って無理難題を押し付けてくる人も多い。自分は正しいことをしてるつもりなのでしょうか。
もし自分がモンペだと気づいたならば黙っていてくれるのが一番です。

 

若槻さんの発言は親としての気持ちが出てますね。でもそこで発言する前に「教師も子供や家族がいること」を考えて欲しかったと思います。
他人の子供のために、勤務時間外に勤務内容以外のことをするのが美徳とされるなら、その先生の子供や家族は寂しくて心細いのではないかと思います。もし金八先生やごくせんのヤンクミみたいな先生が自分の親だとしたら本当に迷惑だと思います。こんな親にはなりたくないと思うでしょう。
今は臨時の先生や非常勤、講師など立場の安定しない先生方もいます。仕事や部活に追われてプライベートどころか採用試験の勉強だって難しいでしょう。
人が人の芽を摘む今の学校現場をなんとかしないと、本当に子供が育たない国になると思います。

 

教師の方に対する尊敬はないのでしょうか?
自分の子だけを見てくれている訳ではないと言うのが分からないのでしょうか?
正直、学生の頃は本当に先生が嫌いで、学校が嫌いで本当に迷惑をかけていたと思います。
今になりそのありがたみを身にしみて感じています。
先生は生徒のために勉強だけではなく、集団生活まで教えてくださっています。
ニュースで見るような不祥事がない限りもっと敬う気持ちを持つべきかと思います。
子供にも、先生はあなたのために授業をしてくれているのだから聞く態度をどうすべきか。と教えています。

 

 

 

若手教師 嘆きのまとめ

 

ハル
ハル

今回は若手教師の嘆きについてまとめていきました。

教師によってもかなり違いがあるかも知れませんがやはり多くの人が大変な状況ではあるみたいですね。今後教師の労働をどうやって分散していくのかを教育委員会なども考えて行くべきだと思いますし、何より今社会問題にまで発展していますから早急な改善が必要でしょう。

そしてなにより自分勝手な人が多い親御さんがもっと教師のことを知るべきかと思います。

お互いが歩み寄ってこそ解決の糸口も見つかりやすいですからね。

 

 

 

こちらのサイトも人気ですよ!!

若手教師 嘆きの真相とは?若槻千夏のモンペ発言がヤバすぎて怖いww


コメント

タイトルとURLをコピーしました