スポンサーリンク

坪井直樹アナ 激怒の理由が納得!グッドモーニングでブチ切れた!

坪井直樹アナ 激怒したとのことですがあの温厚な方がいったいどうしてでしょうか?

なんとグッドモーニングの放送時ブチ切れたみたいです!

どうやら金融庁がコメントした年金に頼るな発言に対して怒っているようです。

金融庁がそんな発言してしまうとは。。

この制度は崩れているとはいえ、もっと見直す必要があると昔から言われていますが、未だに払い続ける義務もありますからこんな発言をしてしまうこと自体ちょっとむかつきますよね。

今回の記事では坪井直樹アナの激怒の内容について詳しくまとめてお伝えしきます。

スポンサーリンク

坪井直樹アナ 激怒の関連画像

スポンサーリンク



 

坪井直樹アナ 激怒の理由

 朝から、ここまで怒りをあらわにする局アナを見るのは初めて――。出勤前の視聴者もそう感じたのではないか。

5日朝放送のテレビ朝日系の情報番組「グッド!モーニング」でブチ切れたのは、メインキャスターを務める同局の坪井直樹アナ(49)。普段は温厚なキャラで知られる彼を激怒させたのは、金融庁が「年金以外に老後資産は2000万円必要」とまとめた報告書だ。

午前7時台の特集で麻生大臣の「100歳まで生きる前提で退職金を計算してみたことある?」というナメた発言を紹介しつつ、この問題を詳報した後、坪井アナはとうとうと語りだした。

「私の息子が先日、二十歳になって、年金の保険料を納め始めました。私も20歳から30年近く払い続けています。だから金融庁や(麻生)大臣の話は、その年金制度を頼れない、頼るなと言っているようなもので、朝から怒りたくないですけど、本当にガッカリ!」

「さらに言うと、消費税は上がり続ける。もっと言うと、先日、戦争発言をした国会議員(丸山穂高)、責任も取らずに2カ月間休んで、この間も彼の給料・ボーナス何百万円という額が税金から払われる。それでも私たちは一生懸命働いて、国民は税金を納めているんですよ」

隣の松尾由美子アナが「怒りが止まらないです」とうなずくと、坪井アナはさらに続けた。

「707人の国会議員は何のためにいるんですか! 本当に。安心して暮らせる社会のためにあるんじゃないですか!」

坪井アナは「きょう、6月5日は『老後の日』です」と上手に締めくくった。視聴者の気持ちを代弁した気骨あるコメントだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000003-nkgendai-ent

これはかなり前から言われており個人年金も必要だと保険屋が言うくらいですから本当に2000万円くらい必要なのでしょうね。。

年金だけでは実質もらえるお金は数10万とかですからそりゃそんなお金だけでは働いていないわkですから、厳しいですよね。

国民もこんな年金制度には腹をたっているでしょうし、なのに国民一人一人に勝手に任せるこのくにの方針に頭が来ている人が多いのは納得です。

あらためて自分にとっての貯金なども今後のために見直して行く必要があるでしょうし、今後高齢者がどんどん増える日本ですし、お金が無くて困窮する人も増えるのが予想されるのは明白。

80歳くらいまで高齢者になっても働く人が増えそうな予感がしますね。

このまま私達が指を加えているだけではダメだと今回の坪井直樹アナの怒りでより認識出来たと思います。

個々人で老後に困らないために対策をしていくのが懸命でしょう。

 

スポンサーリンク



 

坪井直樹アナ 激怒の理由を知ったネットの声

この人こそ、報道ステーションにメインキャスターになって欲しいと思う。

地味かもしれないけど、堅実で爽やかな印象があります。

 

こういう意見を言ったアナが干されるなら視聴者が怒涛のクレームを局にいれなければならない。
政権に対しても選挙ではっきりとノーを突きつけなければならない。
ただ問題は政権を担える野党がないことなんだよな。
だから自民党は調子に乗り続ける。

 

むしろ賞賛されるべきもので圧力などあり得ない。
テレ朝幹部が政府の犬でしかないのなら、国民がテレ朝に圧力をかければ良い。

かつてフジが急落したように世論を敵に回すとどうなるのかを考えた方が良い。

 

なぜこんな国民全員が思っているようなすばらしい発言をしているのに圧力を受けなければ行けないのか?日本は腐っている。

年金に頼らなくても老後を生き抜けるように頑張るしかない。
そりゃ、平均寿命が少しずつ伸びているのに、年金が追いつけるわけがない。
今年金を受給している世代には何とか持つでしょうが、この先は闇ですね。
結局死ぬまで健康で働く必要があるちゅう事ですね。
もしそれが現実なら、40〜50歳で、60以降の生活を考えないと遅いっていう事。もしそうなら政府は働き方改革を更に違うレベルにして、健康を維持しながら次の30年を充実して生きられる準備期間と出来るような政策が必要でしょう。

今は20までに作った体力や知力を60までに食いつぶす人生。
俺が理想とするのは、薄く長く健康も知力も死ぬ迄向上させる生き方。

それには恐らくグローバルな経済環境では無理だと思うな。だって途上国は死に物狂いで猛追してくるんだから勝負するのは難しいような気がする。

出来れば政府に頼らず、大企業に頼らず生きたいね。

 

坪井直樹アナ 激怒の理由のまとめ

今回坪井直樹アナの激怒についてまとめていきました!

坪井さんの怒りのコメントスカッとしました!

こういうキャスターがもっと増えて日本の国民の代弁者として政府と戦って欲しい。

未来への不安をどうか無くすために国もしっかりとした対策を施してほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました