管理人Haruがおすすめする泣ける映画15選!!

スポンサーリンク

千葉すずが勇気を持って立ち向かった協会問題とは?現在は何をしている?夫との離婚?発言した放送禁止内容とは?

千葉すずさんが2000年代に五輪協会と立ち向かい戦った事をあなたは知っていますか?

昨今スポーツ界の競技団体の不祥事やあり方の問題に関するニュースが数多く取り上げられていますが、

そんな多くの背景は協会側の大きな権力によって選手たちの活動を抑圧してしまうことで

選手が記者会見など開き協会側からの報復により自分の選手生命を壊してでも想いを言葉にしている。

なんだかこれって間違っているような気がするんですよね。

そして千葉すずさんは実はこの団体に初めて立ち向かったと言える第1人者とも呼べる人だったのですが一体どういうことなのか?

詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

千葉すずが勇気を持って立ち向かった協会問題とは?

千葉すずさんが競技団体と立ち向かった18年前の出来事ですがこちらを・・・

相次ぐ競技団体をめぐる問題に、18年前のあるアスリートの姿を思い出す。

女子レスリング、ボクシング、そして体操……。この数カ月、スポーツ、特に競技団体のあり方をめぐる報道が続いた。

それらに共通するのは、組織を束ねる、あるいは責任を担う立場にある人物の権力が強大化していることと、そのもとで選手の尊厳が損なわれていることである。

スポーツの場合、競技を束ねる団体は1つに限られる。これは国際オリンピック委員会が、1競技につき1団体しか公認していないからだ。複数の団体間での競争があるわけではないし、団体のトップあるいはその周辺に位置すれば、競技そのもののトップに立つ。つまり競技全体に影響を及ぼす権力を持つことになる。

もちろん選手はその団体に所属していなければ、オリンピックを目指すことはできない。

閉ざされた構造とデメリット。

また、「外部からの視線が届かない」ことも指摘されている。

競技として常日頃から大きな注目を受けているわけではないので、厳しいチェックがない。組織内での出来事は“組織内の理屈”として処理されるため、はたから見れば理不尽なことがまかり通っていたりする。権力を握る者による私物化が始まっても、容易に問題としてクローズアップされてこなかった。

こうした閉ざされた構造と世界だからこそ、同調圧力も強い。選手、指導者をはじめとした関係者は不満を抱いていたり、問題があることが分かっていたりしても、たやすく口には出せないし、行動を起こすわけにもいかない。待っている不利益が容易に想像できるからだ。

何よりも恐れるのは、代表選考における報復だ。もしそこで透明性、公平性が保障され、強化の過程でも同様であれば、選手や指導者も納得感が出てくるはずだ。

競泳に、千葉すずという選手がいた。日本と世界との差が大きい自由形を専門としながら、1992年バルセロナ五輪では200mで6位入賞を果たした。これは今もなお同種目での日本最高成績である。また1996年のアトランタ五輪にも出場し、1991年の世界選手権では400mで銅メダルを獲得している。

その一方で選手が水着を自由に選べるようにしたい、と日本水泳連盟と交渉するなど(当時は認められていなかった)、行動と意志を明確に語る選手でもあった。

彼女が大きな注目を集めたのは2000年のことだった。同年のシドニー五輪代表選考会の日本選手権200mで優勝し、五輪参加標準記録も突破したが代表に落選。その理由は不明瞭だった。大会期間中、千葉は、日本選手権は目標ではなくオリンピックが本番である、という旨の発言をした。

至極妥当とも思える発言だったが、これが連盟の怒りを買うことになり、それに引きずられるように、新聞各紙でも千葉は批判的に扱われた。そんな経緯も落選理由として取り沙汰された。そして千葉はスポーツ関連の問題を取り扱う国際機関である「スポーツ仲裁裁判所(CAS)」に提訴するにいたったのだ。

CASは千葉の代表入りに関しては認めなかったものの、連盟に選考方法の透明化と費用の一部負担を要求。その後、競泳の選考は順位とタイムにより明確に行なわれることとなった。恣意的に選ぶことは不可能となり、それは競泳界の風通しをよくすることにもつながった。また、他の競技団体でも代表選考のあり方が論じられる機会ともなった。

千葉の功績は今日にもつながっている。

ただ、ここまで書いてきたのは、選手が発言することによって、どのようなリスクを負うかをあらためて認識してもらいたかったからでもある。先に少し触れたが、現役時代、千葉は自身のみならず選手全体を考えての行動から連盟とぶつかる場面もしばしばあり、不興を買っている面があった。

逆に言えば、真摯に考えた上で感じた疑問を「違うのではないですか」と訴えられる場となることで、組織は健全化する。むろん、「下から上」への主張も含めての話だ。

兆しはある。日本大学アメリカンフットボール部や体操での問題など、選手が公に語ることで問題が潜んでいることが浮き彫りとなった。少しだけ、選手が声を上げられるようになりつつある証でもある。

それを許容し、受け止められるようになったとき、おそらくは閉じられていた世界から開かれた世界へと変わっていけるはずだ。そうなれば外からの介入も必要なく、自浄作用のある組織へと進める。

そういう意味では、好機と捉えることができる。2020年の東京五輪へ向けて、重要な局面でもある。

引用文:https://number.bunshun.jp/

本当にこういう競技団体の闇は深そうで一刻も早くどの選手も理想の活動が出来る環境が手に入る状態で競技に集中したいですよね!

そのためにお互いの風通しを良くして欲しいですね。

千葉すずさんの功績によっていろいろ審議をすることで競技団体はすこしづつ変わって来たんですね!

やはり泣き寝入りせずに、しっかりと自分の主張を伝えて立ち向かうことで未来にもつながっていくんですね!

ちなみに今回のニュースを聞いたTwitterの声は・・・・

これすごく覚えている。明らかにおかしな選考だった。確か当時のNumberは千葉の行動をかなり肯定していたはず。あらためて振り返って千葉すずが切り開いたことがあるんだなと思う。

相次ぐ協会問題と’00年の千葉すず。勇気ある行動が競技に透明性を 『…体操での問題など、選手が公に語ることで問題が潜んでいることが浮き彫りとなった。少しだけ、選手が声を上げられるようになりつつある証でもある。』 いい事だと思う。水泳でもあったんだ…

何言ってやがる。当時はマスコミこぞって千葉すずのことを生意気だとさんざん叩きまくってたくせに

マスゴミは昔の事を全く気にしませんからねww

しっかりと選手と競技団体の溝を無くして選手には最高の結果を出してほしいですよね!

千葉すずが現在は何をしているの?

画像引用元:https://www.excite.co.jp/

千葉すずさんは今は何をしているのでしょうか??

気になるので早速調べて見ました!!

引退後はCMやラジオなどに出演したり夫の山本とは2004年のパートナーオブ・ザ・イヤーを受賞しておりそのおしどり夫婦が取り上げられていました。

最近では夫の山本が水泳教室の顧問を務めることになり、和歌山扇ケ浜のPR大使に就任したそうです。

現在のお住まいはそのあたりと言っていいと思いますね!

あまりメディアの露出は無いみたいですのでゆっくりと毎日を家族と過ごされているんでしょうね。

千葉すず夫とは離婚しているの?

画像引用元:https://matome.naver.jp

こちらは上記の現在の状況で上げたとおり。

未だにお二人はラブラブみたいで離婚はまずありえませんね!!

しかも子供はなんと4人のお子さんがいらっしゃいます!!

末永くお幸せにですね!!

千葉すず以前発言した放送禁止内容とは?

画像引用元:https://matome.naver.jp

テレビ朝日の番組であるニュースステーションに出演し

「オリンピックは楽しむつもりでた。」

「そんなにメダルと言うなら自分で出れば良いじゃないですか?」

「日本人はメダルキチガイですね」と発言してしまいこれが放送禁止内容だったので再編集されてその部分はカットされたようです。

当時はものすごい騒ぎで叩かれた千葉すずさんですが

きっと彼女は自分の言いたいことを包み隠さずに発言してしまったためにこうなってしまったんだと思いますが、この発言力はなかなか出来ないことだと思うのですごいと思います。

今話題!!管理人おすすめおもしろ動画まとめ!

こちらのまとめ記事もおすすめです!!

ジワジワくるww中国のおもしろ粗悪キャラクターまとめ

管理人オススメの記事!!

 

スポンサーリンク
FC2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
FC2