サンキューハザード 違反可能性の真相は?世間の反応は?

スポンサーリンク

サンキューハザード 違反可能性とはどういうことなのでしょうか?

サンキューハザードは昔から使われていますが本来の使い方では無いです。

ありがとうと感謝の気持ちなどに日常的にも使われていますからこれで逮捕されるとかは無いと思いますけどね。

世間の反応はどういったものなのでしょうか?

今回の記事ではサンキューハザードの違反可能性について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

サンキューハザード 違反可能性の関連画像

なんか今更な気がすごいしますね。

別に少しだけハザードランプを点灯させるだけなので別に誰かの迷惑にもならないので良いとは思いますけどね。

 

サンキューハザード 違反可能性についてのツイート

このニュースについての様々な意見のついてのツイートはこちらです。

今回の件に関して埼玉県警がお答えしているようですがそのおかげで埼玉県警が叩かれる事態になっています。

まあこういうのも一つのコミュニケーションだと思いますので、これからも使っていいとは思いますね。

逆にありがとうランプが気になりました!

こちらの会社で販売しているそうですが・・・17000円結構高いですww

ありがとうランプ|有限会社プリント・アート
車の運転中、車線変更等で進路を譲ってもらった時等、ハザードランプランプのかわりに「ありがとうランプ」を点滅させて後続の車に謝意を。ドライバーの気持ちを和らげ、安全運転を促すための新たなコミュニケーションツールとして開発されたのが、ありがとうランプです。

動画はこちらです!

https://www.print-art.co.jp/lamp.html

 

今後ありがとうランプブームが来るかも知れませんね!

ハザードランプを使ったありがとうは今後取締などが強化されればこのありがとうランプを使うほかなくなりますね。

 

 

サンキューハザード 違反可能性の詳細

クルマの運転中、「合流」や「割り込み」の際に、譲ってくれた相手方に対して「ありがとう」の意味でハザードランプを点灯させる『サンキューハザード』という行為があります。

教習所では教えてくれませんが、クルマを運転する人の間では常識的なマナーとして使われる方が多い行為です。このサンキューハザードはどのような経緯で一般的に使われるようになったのでしょうか。

基本的に、故障時ややむを得ない場合の路上駐車、クルマがけん引されるときなど、周囲を走行するクルマに対して危険を知らせるために使用するものです。

よく目にするハザード点灯行為を例であげると、渋滞の最後尾になった際にハザードランプを点灯させ、後続車に危険を知らせる「渋滞最後尾ハザード」、駐車場で空きスペースへクルマを停める際に使用する「駐車合図ハザード」などがあります。

「ありがとう」の意味でハザードランプを使用するようになったのは、1980年代に高速道路上のトラックドライバー同士の合図として、合言葉や挨拶の代わりに使われるようになったことが始まりです。その合図を一般ドライバーが真似したことから、全国的に広まったといわれています。

長年に渡り長距離トラックを運転するドライバーは次のように話します。

「当時は、深夜に高速道路の走行車線を走るトラックが前方のクルマに追いついたとき、追い越し車線のやや後方を走っているトラックの前に車線変更する意志を方向指示器で出すと、追い越し車線のトラックが前照灯を一瞬消してスモールモードにして『前に入っても構いません』と合図を送っていました。

その際、車線変更して前に入ったトラックがハザードで『ありがとうございます』と後続車に対してハザードを点灯して挨拶する、というようなシーンが多かったようです。

私自身も、これらの挨拶行為は、誰から教わったわけでもなく、周囲の流れを見て自然に習慣化しました。そのため、一般ドライバーの人も同様に自然とやっている行為なのかもしれません」

なお、サンキューハザードに代わって相手に感謝を伝えるため、リアガラス部に装着する「ありがとうランプ」という商品も販売されています。

この商品を販売した経緯について、販売元の(有)プリントアートは、「サンキューハザードは誤解を招く恐れがあるほか、ハザードランプで挨拶をしなくても違法ではないのに、『挨拶がない』と、トラブルになることの危険性があるため商品化をした」と説明しています。

 ハザードランプの使用方法として法律を要約すると、「夜間に道幅が5.5m以上の道路に停車・駐車している時は、非常点滅灯をつけなければならない」ということになります。

 では、サンキューハザードは違法行為になるのでしょうか。この件について埼玉県警は次のように説明しています。

「厳密にはハザードランプは、挨拶をするものではありません。道路交通法でもそのように定められていないので、使用用途によっては違反行為になる可能性があります」

ハザード本来の使用用途とは違うサンキューハザードですが、運転者同士のコミュニケーションとして確立されている現状では、日常的に使う人もいます。

地域によっては受け取り方が違うこともあるといい、ハザードランプはあくまで非常点滅表示灯です。周囲に誤解を招く使用方法は避け、交通マナーの範囲で使用し、むやみに点灯させることは避けるほうが良いかもしれません。

しかし、「渋滞最後尾ハザード」に関して、最近では静岡県警高速隊やNEXCO西日本が推奨する動きがあります。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00167530-kurumans-bus_all&p=2

車を運転する上で良く使うマナーやコミュニケーションの一つですから別に違反可能性があろうがなかろうが今後使う人は使うと思いますし、逆に捕まるような違反行為であればとっくのとうに使われなくなっていますからね。

結局のところ個人の自由や考え方にやるものかと思いますがありがとうランプそんな違反の可能性もなくなるし相手に感謝を手軽に伝えることができますのでいい商品だとは思いますね。

今後このサンキューハザードどうなっていくのか気になりますね。

 

スポンサーリンク



 

サンキューハザード 違反可能性を知った世間の反応は?

大型トラックの場合は、ありがとうの意味もありますが、車線を譲ってもらった後の加速は普通車のように加速できません。だから、低速です!の意味もあるので、追突を防ぐためにハザードを点けます。
これなら違法に当たらないと思うけどね!

 

昔はプッと警笛を鳴らす運転手が多かったし
お辞儀をしたり手を使うより、理にかなってるのでは?
これと同じ内容の記事、今までも数回みた気がするが
現行の法律でもし違反になるならそちらの方をかえるべき

そもそもルールとは社会を円滑にするためにするためにあるべき
この件だけでなく、放送法のNHK受信料とか、
現実と矛盾がでてきた場合はちゃんと議論してくれないと困る
特に軽減税率なんて、無駄と混乱をつくる面が多い気がするので
政治家の自己満足より国民の事を優先し再検討して欲しいのだが…

 

現実問題として、そういう風潮が広まっている以上、それが違法だといっても全員が認識するまでやめようとも思わない。
逆に割り込まないと車線変更ができないような地域や、そのような状況もあり、ハザードを出さなかったことで相手をいらだたせ、あおられることだってある。
それこそ、それが違反というなら違反でないあいさつの方法を考えて広める必要もあると思う。
人間社会なのだから、譲ってもらったらありがとう。
割り込んだらごめんなさい。
これを意思表示する何らかの方法は必要なのではないかと思う。

 

サンキューハザード 違反可能性のまとめ

 

ハル
ハル

今回はサンキューハザードの違反可能性についてまとめていきました。

厳密に言えばやってもなんにもならなければそれは違反でないですからこれからもやっていいとは思います。

今後どうなっていくのかわかりませんが、厳しく取締が始まれればサンキューハザードも衰退するでしょうね。

またはありがとうランプが流行れば無くなるとは思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました