タモリ 疑問とは?一般人の声掛けに違和感?世間の反応は?

スポンサーリンク

タモリ 疑問とは?いったい何なのでしょうか?

一般人の声掛けにとても違和感を感じているようです。

どんな声掛けなのでしょうか?

世間の反応は?

今回はタモリの疑問の詳細について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

タモリ 疑問の詳細

 タモリが、9月7日放送の『ブラタモリ』(NHK総合)で、芸能人が一般人から言われる言葉への疑問を語った。

京都でロケをしていると、男性から「頑張ってください」と声をかけられ、「なんで芸能人に『頑張ってください』って言うのかな」と疑問視。「俺たちはそんなに熾烈な戦いをしているのか?」とコメント。

「昔、代々木を歩いていて浪人生にも言われたけど、『お前が頑張れ』って。俺もけっこう頑張ったんだから」と、自身も1年間の浪人生活を送って早稲田大学第二文学部西洋哲学専修へ入学しただけに思ったという。

林田理沙アナウンサーが「一般人の感覚だと『頑張ってください』って言いたくなります。『応援しています』みたいな」と話すと、タモリは「戦ってるんだ、俺。アスリートなんだ」と笑顔だった。

タモリは「頑張れ」という言葉について、2018年10月2日放送の『news zero』(日本テレビ系)で、有働由美子アナウンサーとの対談でもコメントしている。

有働アナは以前、タモリから「番組の長続きのコツ」として「頑張るな」と言われたという。有働アナがその真意を問いただすと、タモリは「頑張ると疲れる。疲れるとやっぱり続かないですよ」と断言。

「頑張れって、いまの世の中、言い過ぎじゃないですか。『頑張れ』とか『生き方』とか、あんまり言い過ぎて、ちょっとみんな重いことになってるんじゃないですかね」

タモリが1986年から司会を務める『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)は、10月から金曜21時に枠移動することに。それでもタモリは、8月30日放送の同番組で「まぁ、大差ないでしょう」の一言で、あるがままを受け入れることを明かした。

さまざまな経験を経て、達観した人ほど「あるがまま」「自然体」を大切にしている。どこか他力本願でもある「頑張って」という言葉より、「応援しています」の方が伝わりやすいようだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190910-00010006-flash-ent

スポンサーリンク



 

タモリ 疑問の理由

どうやら報道された記事にもあるように、一般人から頑張ってくださいと言われる言葉に疑問を覚えているようですね。

鮮烈な戦いをしているのか?には笑いましたww

まあタモさんのことを応援していますよと言う意味合いを林田アナがタモさんに伝えてタモさんも笑顔で疑問を解決してくれました。

まあ確かに一般人からすると頑張ってくださいとかいいたくなりますね。

しかし応援していますのが確かにしっくりきますからね。

今後みなさん芸能人に声をかけるときは応援していますを使ったほうが良さそうですね。

タモリ 動画

Twitter

タモリ 疑問の世間の反応は?

昔、タモリは向上心という言葉が大嫌いと言ってましたね。タモリはじめこの世代の芸人達などがが重厚長大が偉い、努力が大事、人間辛抱だという過去の価値観をぶっ潰してくれた事には感謝している。タモリ達は当時感覚が新しかっただろうから、タモリ達の同世代の人達は大抵ついていけず、その下の世代がいい事言ってくれたの感覚だったのでは?スポ根も1970年ぐらいまで幅をきかせていたし。
頑張るという言葉は昔からあったけど、今のような意味で使われる事になったのはオリンピックの女子水泳の中継でNHKのアナウンサーが「前畑頑張れ」を連呼した事に始まるという文を読んだ事がある。そうならその意味合いではまだ83年に過ぎないわけだ。

 

確かに芸能人はアスリートとは絶対違う。アスリートはトレーニングの量が全てで一朝一夕では絶対トップには立てないけど、芸能人はたとえ素人でもチャンスと運と空気に恵まれれば、一夜にしてトップに立てる。
ただそれは一瞬。アスリートみたいに力があれば安定した成績を収められるわけじゃないから芸能界は難しいよ。

 

タモリは頑張って来なかった人だと思う。
自分に正直に好き勝手に生きてきた人。
好きな事を夢中にやって来た集大成(頑張った訳では無い)
好きな事は本当に好きだったら頑張らなくても結果的に結構な事をやってたりする。
これだけ好き勝手に生きてきて成功する人はそれほどいる物では無い。
そこが運と才能と言ってしまえば簡単かもしれない・・・

 

 

なんかわかるなあ。
頑張って、とは言わず、頑張りすぎずやってください、とは言う。
だって、自分のお世話になっている方は皆さん頑張っているので。
それ以上は過剰労働にしかならないので。

 

 

 

 

タモリ 疑問のまとめ

 

ハル
ハル

今回はタモリの疑問についてまとめていきました。

一般的にも頑張れよりも応援してるよの方がなんだか聞いていて心地よいですがなかなか使えないですよね。

これからの時代は頑張れではなく、応援しているよですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました