高倉健 養女 小田貴月の写真!不可解な点に遺族は困惑!いったい何者?

スポンサーリンク

高倉健 養女 小田貴月が出版した告白本がかなり世間を賑わせているようで重版も決まっているようですね。

どうやらその手記がかなり遺族は困惑しているようで話を聞かせれていないような暴露本にまでなっているようです。

またたくさんの不可解な点もあり今回はそのあたりについて詳しくお伝えしていこうと思います。

いったい小田貴月とは何者か?不可解な点とは?

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

高倉健 養女 小田貴月の写真はこちら!

残念ながら正面の写真は無く後ろ姿だけですが記者がインタビューもしているようですね。

 

高倉健 養女 小田貴月の詳細

■没後5年で明かされた「17年の日々」

11月10日で俳優の高倉健が亡くなってから5年になる。

文藝春秋から、高倉健が養女にしたといわれる小田貴月(おだたか)(54)という女性の手記『高倉健、その愛。』が出版された。 帯に「人知れず2人で暮らした17年の日々。孤高の映画俳優が最後に愛した女性による初めての手記」とある。

さらに、「高倉からのリクエストはたった一つ、『化粧をしないでください』でした――。」という意味深な言葉も添えてある。

彼女にまつわるさまざまな疑問は、ノンフィクション・ライターの森功が丹念な取材に基づいて書いた『高倉健 七つの顔を隠し続けた男』(講談社)に詳しい。

その多くの疑問に、一つでも二つでも答えているのではないかと思って早速読んでみた。

この一文は書評ではないから、はっきり書いておきたい。期待は見事に裏切られた。

私も編集者の端くれだから、この本に私がタイトルを付けるとすれば、『家政婦は見た!  高倉健の私生活』とでもするだろう。

その理由はおいおい書いていきたいと思う。

この本は、私のような健さんファンにとって興味深い本ではある。世田谷区瀬田の高台にある豪邸の中で、高倉健という人間が、どのような生活をし、何を楽しみにしていたのかはよくわかる。

■春は鶯、夏は線香花火、秋は小鳥と“一騎打ち”

たとえばこうだ。

2階にある3つの小部屋は衣類専用で、南極、北極対応のダウンも毎年のように増えていった。1階の床下収納には寝袋が20枚近く整列していた。

一人だったときは、朝は自分で珈琲を淹(い)れる。スポーツジムに行って、フルーツをジュースにしてもらって飲んだり、腹が減って我慢できなければ、カロリーメイトをつまんだりしていたそうだ。 東映を離れてフリーになってからは、一時期サプリメントに凝って、店を出そうかと真剣に考えたことがあった。

ロケに行くときは、薬屋が引っ越すほどの量を用意した。アルコールは一切やらない。タバコも映画『八甲田山』の撮影の時にやめた。

料理と飲み物は常温か暖かいもの。肉食第一主義で、魚類は好まないが、外食でのすしは例外。

子どもの頃は虚弱体質で、8歳の時に肺浸潤(はいしんじゅん)(結核の初期)にかかり、1年間休学した。心配した高倉の母親は、兄妹3人の食事とは別に、毎日鰻を食べさせたという。そのため長じてから鰻は食べなかったそうだ。 江利チエミが急逝すると、いろいろなことが嫌になって海外へ完全移住しようとしたことがあった。移住先は「ご飯をとれば香港。ハワイは何てったって風だね」。私も同感である。

四方をモチノキや白樫の木々に囲まれ、絶対にのぞかれないようにした家の中では、このような暮らしをしていたそうだ。

「春の訪れは、鶯の幼鳥の鳴き声に告げられ、夏は庭のベッドで海水パンツ日光浴。夜風に吹かれ、愉しんだ線香花火。秋にはピラカンサ(トキワサンザシ)の熟れた実をついばむ尾長に、玩具の銃を手に一騎打ちに挑み、初冬、落ち葉のあまりの量の多さを見かねて、思わず箒を手に加勢してくれた奇跡の落ち葉掃き」

■「家政婦は見た」にふさわしいレシピの豊富さ

この本の中で、丹念に書き込まれているのは食事のことである。たとえば、亡くなるまで欠かさず食べていたというグリーンサラダについて、
その他にも、中華メニュー、イタリアンメニューなどの作り方にもかなりのページを割いている。

私が「家政婦は見た」とタイトルを付けたいと考えたのが、おわかりいただけるだろう。

『週刊新潮』(11月14号)で、貴月の義理の母親・河野美津子(86)が、貴月の3度の結婚歴を明かした後、こう語っている。

 「詳しい事情は何も知りませんが、健さんにとって貴さんは家政婦だったということでしょう。健さんは、江利チエミさんが亡くなった時、“彼女以外を愛さない”という風に言っていたんでしょう。私は健さんを信じています」

食事のレシピや映画についての記述に比して、高倉健との出会い、どうして一緒に暮らすようになったのか、高倉健の亡くなる時の様子などは、さらっと触れているだけである。

高倉が亡くなる時の描写も案外さらっとしている。

 「夜明け前。高倉は、病院のベッドで最期を迎えました。高倉を看取り、張り詰めていた緊張が解けぬままでしたが、看護婦さんから『ご一緒になさいますか』と声をかけていただき、一緒に体を清め、そして身支度を整えました。(中略)高倉の穏やかな顔を見つめながら、『私はお役に立てたでしょうか』。悲し気な顔にならないよう努め、心の対話をはじめていました」

この日は、映画『鉄道員』の亡くなった娘・雪子の生まれた日でもあった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00030630-president-soci&p=5

スポンサーリンク



 

高倉健 養女 小田貴月との不可解な点とは?

 それに、高倉がインタビューに答えた新聞、雑誌の引用が多いのは、肝心なことを直接、本人から聞いていないからではないのか。

17年間も夫婦同然に暮らしていたのなら、何気ない彼との日々を思い起こして綴(つづ)るだけで、もっと興味深い手記になったはずである。なぜそうしなかったのか。 生前、高倉家に出入りしていた彼の友人・知人たちは、貴月のことを「家政婦さんだと思っていた」と、森功の取材に答えている。

部屋付きの家政婦ならば、高倉の日々の暮らしや食べ物の好みを熟知していても不思議ではない。ときには、夫婦に近い関係があったとしても、指弾されることではないはずだ。

しかし、この手記には、そうした匂いがほとんどない。かえって不自然だと思うのは、私だけだろうか。

■死を肉親に知らせず、墓地を更地にし、自宅を取り壊した

森功が『高倉健 七つの素顔』で挙げた彼女についての疑問点を並べてみよう。

貴月は高倉の死を福岡にいる高倉の実妹にも知らせず、死後2日で火葬してしまった。

実妹が、遺骨を分けてほしいというと、遺言で散骨してくれといわれたからと断った。

生前、死んだらここへ入ると高倉がいっていた鎌倉霊園の墓地を更地にしてしまった。ここには結婚していた江利チエミが孕んだが、事情があって産めなかった水子墓もあったのに。

クルマ好きで、多いときは20台ぐらい所有していたといわれる高級車も売り払い、手を入れれば立派に使えるクルーザーも解体してしまった。

高倉との思い出が詰まっていたであろう世田谷区瀬田の家も壊して、新築した。

森は養子縁組の際の入籍申請書類を見ている。貴月の母親と、高倉の従弟(高倉プロの専務・当時)のサインがあったという。

 不思議なことに、高倉の本名である小田剛一のふりがなが「おだたけいち」ではなく「おだごういち」になっていて、従弟のところには、何も書かれていない申請書を持ってきて、サインしてくれといわれたというのである。

高倉の実妹や親族たちは森に対して、高倉の死を知らされなかった悔しさを隠さない。

なぜ、そうまでして高倉健という俳優が生きた痕跡を全て消し去ってしまったのだろうか。

かすかにではあるが、この本の中に、巷間でいわれている疑問に答えているのではないかと推測できる記述がいくつかある。

 たとえば、高倉の思い出の詰まった家を壊してしまったことについては、

「高倉にとって、家は一代、誰にも見られたくない聖域でした。その想いをうけ、高倉の旅立ちとともに封印しました」

高倉の本名は小田剛一(おだごういち)ではなく「おだたけいち」だと森は書いているが、この本では、小田剛一に「おだごういち」とルビを振っている。ごういちが正しいと主張しているようだ。

親族たちに冷たいのは、高倉のこんな言葉があったからではないか。

高倉は、仕事場に命をかけていた。そこへ物見遊山で「どうも、どうも」とかいって汗をかかないヤツがのこのこ現場に来るのはすごく嫌で、呼んでもないのに来るヤツとは口も利かなかったそうだ。

「見世物じゃねーぞって。親戚にもそう言い続けてた」

彼女にとって高倉と一緒だった場所は、かけがえのない命をかけた場所だった。そこへは親類といえども立ち入らせない。深読み過ぎるとは思うが、そうとれなくもない。

貴月には母親がいる。入籍申請書類にサインしたのも母親である。養子縁組に母親がかなり動いたともいわれている。その母親については、「樹影澹 あとがきにかえて」の末尾にさりげなく、

「いつもそっと見守ってくれた母の存在も、とても大きかったです」と書いている。

■本当はどういう関係だったのだろう

同じ「樹影澹」で彼女は、

「亡くなる二カ月前に高倉が書き遺してくれた言葉、〈僕の人生で一番嬉しかったのは貴と出逢ったこと 小田剛一〉でした」

と書いている。なぜ、この遺稿の写真を載せなかったのだろう。

巻末には高倉の自筆なのだろう、「人生の喜びわ なにかを得る事でわない。得てから大事にしていく事。『めぐり逢ひ』」と書かれた文字が額に入っている写真が載っている。

文字の乱れから推測すると、これは高倉が亡くなる間際に書いたものかもしれない。

森は、高倉亡き後の貴月の不可解な行動の発露を、「心の底で燃やし続ける瞋恚(しんい)の炎が、彼女を駆り立てるのではないか」と書いている。 だが、この本全体を貫いているのは高倉への“怒り”ではない。といって身震いするような男への愛おしさでもない。ノンフィクションのような第三者的な書き方といってもいいかもしれない。

この本を読了した後に残ったのは、高倉健と彼女は本当はどういう関係だったのだろうという、素朴な疑問であった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00030630-president-soci&p=5

かなり不思議な関係であったことは言うまでも無いでしょう。

また養女になったのも遺産の相続などがしやすい点があるのでしょう。

17年以上にも及ぶ長い年月一緒に生活をしていたわけですから家政婦では無く完全にお互い愛していたのかとも思いますがならなぜ結婚をしなかったのか?

そのあたりも不可解な点が多い印象を受けました。

お金目的では無いと思いますが、ぱっと見は家政婦に見せておき本来は愛人のような存在だった。

しかし伏せておきたかったと言いつつもなぜこのような本を出してさらにテレビなどにも出演していのるのかもあまりに矛盾した行動に批判も多そうですね。。

遺族もあまりに知らされていなかった高倉健さんの死後の後始末がテキパキやられているのに不信感を抱きますね。。

まあ高倉健さんがすべてを託して死去したということも十分に考えれますが彼がすでに生きていませんので真相は分かりません。

スポンサーリンク



 

 

高倉健 養女 小田貴月 関連動画

高倉健 養女 小田貴月 世間の反応

高倉健 養女 小田貴月 おわりに

高倉健さんにとって彼女の存在は計り知れないものだということはわかりました。

しかし色々と腑に落ちない怪しい部分も多いのでなんとも言えないですね。

これ以上お金儲けのために動かないでほしいと思います。

こちらの記事もよく読まれています!

玉川徹 熱愛報道の真相!お相手のシミ取りドクターXとは何者?

アウェー育児の実態とは?アウェイ育児に悩む妻とは?世間の反応は?

ONO消しゴム 販売中止の真相!業者MONOに許可を得たと嘘が発覚!

リストランテ SNS 物議がヤバい!お店の名前や場所は?世間の反応は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました