スマホホルダー 違反 位置の場所はどこ?世間の反応は?

スポンサーリンク

スマホホルダー 違反 位置の正しいポイントは一体何処なのでしょうか?

間違えた場所に置くと下手をすると違反になる可能性もあるそうです!

世間の反応はどうなっているのでしょうか?

今回の記事ではスマホホルダーの違反位置について詳しくまとめてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

スマホホルダー 違反 位置の正しいポイントの画像はこちら!

 

上につけるタイプですね!基本的にドライバーの視界に入りづらいものは大丈夫みたいですね。

フロントガラスや運転席側のダッシュボードなどにつけるのはアウトみたいですよ。

この写真のようにエアコンのルーパー部分につけるのもOKみたいです。

これはちょっと怪しいやつかなと思いますフロントガラスに近いのでかなり視界に入りやすいですからね。

まあ基本的にそのままガラスに着けたりあまりにドライバーの視界に入りやすい場所はNGですので違反をくらいますので辞めましょう!

スマホホルダー 違反 位置の関連画像やツイート

たくさんの意見や持論をツイートしていますね。

みなさんも今一度この記事を呼んでスマホホルダーの位置を確認するのがいいかも知れませんね!

スマホホルダー 違反 位置の詳細

しかし、スマホホルダーは取り付け方によっては道路交通法に違法する場合があるといいます。どのような違法の対象になるのでしょうか。

 スマホホルダーの取り付け方は、大まかに「吸盤で固定」「両面テープで固定」「エアコンのルーバーに固定」に分けられます。

そのなかで、スマホをフロントガラスに固定するタイプでは、取り付け方によって違法になる可能性があります。車両に取り付けて良いものは、道路運送車両法の第3章「道路運送車両の保安基準」に規定されており、スマホホルダーに関連するものとして「29条4項」(窓ガラス)が該当します。

条文には、車検証シールやルームミラー、ドライブレコーダーなどはフロントガラスへの取り付けは問題ないとしています。ただし、取り付けられる範囲としては、フロントガラスの上端から縦の長さの20%以内、下端から150mm以内の箇所というのが定められています。

この条文を見る限り、スマホホルダーをフロントガラスに取り付けることに対しての違法性は不明確です。

では、スマホホルダーの取り付けが違法とされた場合、いったいどんな処分があるのでしょうか。道路運送車両法を主管する国土交通省の担当者は次のように話します。

――スマホホルダーの取り付けが違法とされた場合、いったいどんな処分があるのでしょうか

これらの法律は車検時から適用されるので、不適合の場合はもちろん車検に通りません。また、車検通過後に取り付けた場合、我々は警察とともに街頭検査もおこなっており、そこで違法性を指摘する場合があります。

――街頭検査で違法性が指摘された場合、どのような処分や命令が下されるのでしょうか。

すぐに外せるものはもちろんその場で外していただきますが、自力でそれができない場合は「整備命令書」を交付します。交付されたユーザーは、交付後15日以内に整備を施し、車検場で確認を受けなくてはなりません。

なお、命令を無視すると罰金や懲役が科されたり、その車両自体の運送が一定期間禁止されたりと、重い処分が下ります。

運転者席の運転者の視野、物品積載装置等との隔壁等に関し、保安基準第21条の告示で定める基準では、車両前方にある高さ1mの円柱が見えなくなるようなものが取り付けられることはできないようです。

例えば、ホルダーでスマホを視界に入りやすい位置に取り付けるのは、運転席からの視界を阻害し、違法となる恐れが高いということになります。

道路運送車両法上、ただちに違法とはならない可能性があるものは、運転席からの視界を妨げないエアコンのルーバーに固定するタイプです。

しかし、これは運転中の「ながらスマホ」行為はもちろん、画面の注視は「道路交通法(運転者の遵守事項)第七十一条 五の五」の抵触する違反行為となる可能性があります。

便利なスマホアプリとスマホホルダーですが、使い方には注意が必要です。適切な設置が困難な場合には、事前のルート確認や計画が大事です。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00166978-kurumans-bus_all

結構ルールが有るのですね!

フロントガスにつけていいのはドライブレコーダーや車検証のシールなどはOKなんですね。

とにかくフロントガラスより遠くなるべくドライバーの視界にはいりづらいところのつけるのがベターですね!

スポンサーリンク



 

スマホホルダー 違反 位置を知った世間の反応は?

ポータブルナビなんかはダッシュボード上に据え付けるのが標準だったりするが、ダッシュボード上にすると視界の邪魔になって違反状態になる車もある。違反か分からなくても明らかに邪魔な位置に付いている車は多い。
自分で素材を見繕って加工したり、車側にも少し工作するなどして取り付けるのが本当は良いのだが。工夫すると見た目もスマートに決まる。

 

助手席等のダッシュボード上に物を置いたりなども危険ですよ、エアバックが展開した場合の事を考えて欲しい。命の危険を低減させるはずのエアバックが危険を増幅させます。

 

まぁ、フロントガラスには車検と点検のシール以外は貼ってはダメですからね。中にはファッションとかいって、デカデカとステッカーを貼ったりしてる人もいますからね。それよりもここ数年気になるのは、運転席と助手席の窓に日よけなのか、大きなメッシュ貼ったりカーテンをつけてる人がいますが、アレを取り締まって欲しい。あんなのをつけてたらフルスモークのフィルムより視界が悪いどころか、見えてない部分が多すぎて横を走るのも怖い。

 

うーんなんだかグレーゾーンすぎて判断が難しいですね。。

とにかく運転手の視界にはいりづらくかつフロントガラスに貼らない場所ですね。やっぱエアコン部分が無難な気がします。

 

スマホホルダー 違反 位置のまとめ

 

ハル
ハル

今回がスマホホルダーの違反位置についてまとめていきました。

結構判断が難しいですね。

なるべくながらにならずに視界にはいりづらい場所なら安心でしょう。

スマホは集中すると事故の元ですからね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました