斎藤佑樹 佐々木朗希 助言とは?世間の黙っててがワロタww

スポンサーリンク

斎藤佑樹 佐々木朗希 助言とはいったい何を助言したのでしょうか?

まあハ半価値王子の異名を持つ彼は今の状況では逆に助言をもらったほうが良い気もしますがww

世間の黙ってても爆笑しました!

今回の記事では斎藤佑樹の佐々木朗希の助言について詳しくまとめてお伝えしていきます

スポンサーリンク

斎藤佑樹 佐々木朗希 助言の関連画像やツイート

 

こんなツイートをしている人もいました。

確かにまずは自分の状況をどうにかしないとしょうがないですねww

 

斎藤佑樹 佐々木朗希 助言の詳細

 「佐々木くんの腕の振り、素晴らしいですよね」

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹がかつて、大船渡高校の佐々木朗希の映像を見ながら、こう話していました。

「特に肘の使い方と、手首の位置。“怪我をしないような位置”から投げられていると思います。自分で意識しているのか、それとも誰かに教えてもらっているのか……。高校時代にこれができれば、怪我のリスクはかなり低くなると思いますよ。あとは、スライダー系やシュート系のボールを極力、減らせるといいですね」

13年前の、2006年の夏。「ハンカチ王子」として一世を風靡することになる18歳の斎藤は、右腕に不安を抱えた状態で甲子園入りしていました。肘と手首にひねりを加えるスライダー系のボールを多投したことで、炎症を起こしていたのです。

“縦振り”で投げられる球種だけなら……。

 「あの夏は、西東京大会が終わってから甲子園までの期間が短く、身体を回復する時間がありませんでした。西東京大会の決勝でスライダーを多投して、手首と腕の炎症が酷かったんです。痛みを抱えたまま、甲子園の初戦を投げたのを今でも覚えています。真っすぐやフォークといった、腕を“縦振り”で投げられる球種だけを使っていればそこまで痛くならなかったかもしれません」

そこで斎藤は甲子園の序盤、ストレートを主体にすることで右腕への負担を軽減していました。佐々木投手について「スライダー系やシュート系のボールを減らせるといい」と言う理由は、そこにありました。

斎藤は駒大苫小牧との決勝戦、引き分け再試合を投げ切って、1大会で投じた球数は歴代最多の948球。「自分でも信じられないくらいの球数を投げた」と言います。

怪我のリスクを可視化できるデバイス。

 「最後の夏、決勝の再試合まで経験して感じたのは“球数制限”も一理あるかもしれないけれど、“登板間隔を空ける”方が大事だということ。高校球児の肩肘の怪我の防止に関しては、“とにかく回復させる”ことが重要だと感じます」

2006年の夏に大きな怪我をしなかったのは、まだ10代で身体が柔らかく、大きな筋肉を使うことができていたから。それが年齢を重ねるごとに体は硬くなり、小さな筋肉を使っていく傾向になるため、それが肩肘の怪我に繋がっていくと斎藤は教えてくれました。

引用元;https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190727-00840161-number-base

彼もこれからですがもう戦力外通告はおかしくない状況でこんな助言をしているのですからバカ丸出しの本末転倒でしょう。

もっと今後の自分のことを考えてストイックに練習をしてほしいですね。

まあもはや何をしてもマスコットキャラ感は拭えないでしょうね。

スポンサーリンク



 

斎藤佑樹 佐々木朗希 助言のニュースを見た世間の反応

斉藤投手も佐々木投手の投球フォームを参考にすればいい。(笑)

とにかく、 遊び呆けないこと。 ホテルで写真を撮られないこと。 斎藤佑樹にできる助言て、これくらいじゃない?

 

斎藤はん。あんた登板間隔空きすぎですよ。これも困りもんやで。

 

ちょっと黙っといて。

現役選手の中で1番のご意見番ポジションになってるな 良い高校生が出てきたら毎回インタビュー受けてるやん完全に実力もない損な役回り可愛そうですね。

斎藤佑樹 佐々木朗希 助言のまとめ

 

ハル
ハル

斎藤佑樹の佐々木朗希の助言についてまとめていきました。

世間の反応がひどすぎで笑いましたww

それぐらいもはや彼は助言をしている状況では無いはずですけどねww

どんまい半価値王子ww

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました