スポンサーリンク

野球離れ 加速がヤバイ!少年野球人口は10年前の3分の2以下!

野球離れ 加速の歯止めが効かない状態でどんどん減っているようです、

なんと少年野球人口は10年前の3分の2以下にまで落ち込んでいる。

まあ少子化もありますが原因はそれだけでは無いのです。

世間の反響は?

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

野球離れ 加速がヤバイ!少年野球人口は10年前の3分の2以下!

■少年野球人口は10年前の3分の2以下に

2020年は、日本の少年野球の競技人口が、はっきり低下に転じた「2010年」から10年目に当たる。この時期から小学校(学童野球)、中学校(中体連)の野球競技人口が減少。今では10年前の3分の2以下になっている。この間、少子化も進んでいるが世代人口の減少は5%程度だから8倍ものスピードである。

かなり深刻な状況ですね。

世界的に見ても野球はマイナースポーツですから仕方の無いことかもしれませんが

日本ではサッカーと同じくらい人気のあるスポーツですから今後衰退していけば野球存続の危機にさえ陥るかもしれません。

しかしなぜここまで加速しているのか?その理由や対策はどうなっているのでしょう?

野球離れ加速の理由

 原因としては、地上波でのプロ野球中継の激減、野球ができる遊び場の減少、格差社会が進行する中での親の負担の増加、競合するスポーツの増加、そして「昭和の体質」が抜けない野球のイメージ悪化、などが考えられる。おそらくはこれらが複合的に絡み合って急激な競技人口減につながっていると思われる。

野球界もようやく「野球離れ」対策に取り組もうとしている。これまで「野球教室」といえばユニフォームを着た小中学生に大人が指導するものだったが、今では未就学児童、小学校低学年に「野球の楽しさ」を感じてもらう取り組みがメインになっている。

 筆者はプロ、大学、高校などによる「普及活動」を数多く取材しているが、やり方は異なるものの、どのイベントでも子どもたちの満足度は高く、それなりの手応えはあるようだ。

本来ならば「東京オリンピックの野球競技」が、人気回復の起爆剤になることを期待したいが、オリンピックで感動した子どもが野球を目指しても「次がない」状態では、効果は限定的だろう。

■10年、20年先を見据えた取り組みが必要だ

「野球離れ」が進行して10年、競技人口やファンの減少は、子ども世代からじりじりと上昇している。昨年は高校の硬式野球人口が18年ぶりに15万人を割り込んだ。前年に比べて9000人も減った。この傾向は急には止まらない。高校野球からプロ野球へと「野球離れ」の影響は波及していくだろう。

ビジネス的に言えば、マーケットの縮小が止まらない。しかしその対策は後手に回っている。

 ここ10年ものあいだ、深刻な低落傾向が続いてきたのだ。それを取り戻すには10年スケールの時間がかかるはずだ。

新年早々不景気な話で恐縮だが、野球関係者は、自分たちがいる業界が不可避的にシュリンクすることを覚悟したほうがいい。その中で10年、20年先に再び明るい兆しが見えるように、先を見て、みんなで力を合わせて取り組みをすすめるべきだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200105-00321767-toyo-soci&p=4

ルールを簡単にしたりどうやって野球ファンを新しく作るか?など対策をしていかない限りこのまま野球離れの加速は続いていくでしょう。

スポンサーリンク



 

野球離れ 加速関連動画

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=INfHZuy02wY

野球離れ 加速 世間の反響は?

野球離れ 加速 おわりに

これからどうなっていくのでしょうか?

もちろんこのまま何もしなければ変わることは無いでしょうから指導やルールを見直したり根本的な原因を探ってどう改善するかを上層部の人間が考えて行動していくほかないでしょう。

こちらの記事もよく読まれています!

匂わせ投稿 炎上心理!タレントとファンの心理のすれ違いとは?

クッピーラムネ 切実な事情がヤバイ!最初のキャラは魚だった!?

いいね非表示 理由は一体何?インスタ使用者の意見は賛否両論!

武井壮 車上荒らし被害がヤバイ!場所はどこ?盗まれたものは?

 

コメント

  1. 匿名 より:

    野球離れ加速、当たり前かな、自分は野球好きでプロでは阪神タイガースの大大大大ファンで
    アンチ巨人、バース、掛布、岡田、甲子園ホームラン3連発興奮した、高校野球が大好きで毎年
    楽しみにしていますが、最近の特にプロ野球に魅力を感じない、自分はサッカーも好きで、学生時代サッカー部に所属していていまだにサッカーの大ファン、年でサッカーできないけれど、野球よりサッカー子供の減少も原因方思うが、令和時代サッカー人気はさめることはないと思うし
    舞うマス野球離れは加速していくと思う、サッカーは世界各国で行われているが、野球の人口はほんの一握りの、消えてしまうのも時間の問題だと思う

タイトルとURLをコピーしました