スポンサーリンク

香取慎吾 今年の漢字は最!理由は最高だから?世間の反響は?

香取慎吾 今年の漢字は最だそうです。

理由は最高だから?まあ今年は新しい地図で活動して大活躍していましたからね。

世間の反響はどうなのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

香取慎吾 今年の漢字は最の理由

香取:2019年は(映画)『凪待ち』の公開もあったし、ファンミのステージに立てたり、個展ができたり、音楽もやれたり、本当に充実していました。『凪待ち』のキャンペーンでは、撮影でお世話になった被災地の皆さんにまたお会いできて、改めていろいろなことを考える機会もいただけました。

 歌手一本とか、俳優一本とか、もちろん、アート一本とかいうのではなく、デビュー当時からぼくは全部やっていたいと思っていて、それが変わらずに今もそのままやれているというのが最高だなって。だから2019年を漢字一文字で表すとしたら最高の「最」ですね。

山田:その分、本当にお忙しそう。

香取:これも昔と変わらないことなんですけど、いつもギリギリなんですよね(苦笑)。アルバムのことは、けっこう前から話してる割には、タイトルから選曲まで、もろもろ、ギリギリだったなぁ。それに、アルバムを作るはずだったのに、先にシングルが配信されて(笑い)。ヤバイ、アルバムのジャケ(ット)写(真)、もう決めなくちゃ…と、アートディレクターさんやスタッフみんなと集合して、最初に決まったのは、ピンクと黄色。スマホの画面上で見た時に、その中でいちばん目立つ色って何だろうっていうところから始まりました。

 ミックス(=複数の録音トラックを1つに混ぜる)したの、いつだったっけ?(と、レコーディングスタッフに確認)9月18日? ホント、ギリギリですよね。これは、この30年近く、変わっていません。たぶん、自分たちは、ずっとこのやり方で変わらないんだと思います。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191218-00000016-pseven-ent&p=4

SMAPのときよりも3人共活き活きと活動している気がします。

これからますます活躍してSMAP時代を超える人気が出ると良いですね。

https://twitter.com/zubonman/status/1206149644322918401

スポンサーリンク



 

香取慎吾 今年の漢字は最!世間の反響は?

こうして最近新しい地図のお三方がメディアで目にする機会が殖えたのは元事務所の圧力が弱まったからなのでしょうか

来年は地上波でももっと目にする機会が殖えそうで何よりです
氣志團ライブに参加されているのを見ましたがやはりオーラがあると言うか、見る者を惹き付ける力のある方々だなと思いました

まだまだ地上波のテレビは少ないけど、CMでは結構見かけるし、つよぽんのポン酢とかもずっと変わらず起用してくれるスポンサーいるんだなとしみじみ思います
そしてスポンサーもCM起用してくれるってことは、世の中のニーズに応えてくれてるんだなぁと思います

美保子さんはファンに近い立場でインタビューしてくれて(実際、吾郎さんファンだし)、読んでいてうれしくなる愛のある内容です。
苦しい時期を乗り越えて、3人がやりたい事を次々と叶えて、輝いていることが素晴らしい。来年はパラリンピックの特命サポーターとして活躍の場が増えることを祈ってます。

次から次と発信される、新しい仕事。今ある環境で新しいステージに一歩一歩進む3人と周囲の方たちの前向きなしなやかさに、やはりSMAPだと思わされます。
今のほうが、私たちも何の心配もなく心から応援できています。そうさせてくれて、ありがとう。

充実してるようでよかった。
3人で固まって、なんて批判的なコメント見るけど、ジャニーズを出て芸能活動を続けることは影では戦いの連続だろうと推測できるし、それなら3人一緒の方が心強い。それに個々ならここまでこれたかどうかも怪しい。SMAPのメンバー同士だし、解散後も志が一緒なら活動を共にするのは当然の流れだと思う。
木村くんや中居くんはジャニーズという鉄壁がある中でのソロ活動なので、それと比べるのは違うかなと。

香取慎吾 今年の漢字 おわりに

3人が楽しく活動できて何より最高の最が今年の1年の漢字と聴いてホッとしました。

3人のほうが楽しそうですからねぶっちゃけてww

これからも活躍期待しています。

こちらの記事もよく読まれています!

ほしのあき ママ会3ショットのインスタ画像はこちら!世間の反響は?

藤原竜也 ものまね言及の真相は?公認ですか?になんと返事をした?

バナナ 消費増 理由はいったい何?バナナ専門店のおかげ?世間の反響は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました