スポンサーリンク

ボンネットマスコット 減少理由は法改正のため?つける意味とは?

ボンネットマスコット 減少理由はいったい何なのでしょうか?

法改正のため?需要が無くなった?

メルセデス・ベンツなどに付いているのは有名ですね。

いろいろな車についていましたが確かに最近あまり見ないですね。

つける意味ステータス?なにか意味があるのでしょうか?

世間の反響は?

詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ボンネットマスコット 減少理由は法改正のため?

 しかし近年では、ボンネットマスコットを採用するクルマは激減しています。なぜボンネットマスコットは採用されなくなったのでしょうか。

 ボンネットマスコットとは、自動車メーカーのロゴやシンボルを立体化し、ボンネットの先端中央部に取り付けられるアクセサリーのひとつです。

平面的に作られるエンブレムは車内から見えませんが、ボンネットマスコットは立体的に作られるため車内からも見え、先端部の中央に設置されることから、クルマの先端を把握する目安にもなります。

また、ブランドのシンボルとして一部の高級車に採用されるため、羨望の眼差しを受ける存在でもありました。

 そんな高級車に積極的に採用されていたボンネットマスコットですが、近年は見かけなくなりました。これは2001年6月に、クルマの国際基準調和の一環として道路運送車両の保安基準等が改定され、国際基準である「乗用車の外部突起(協定規則第26号)」が導入されたことが要因です。

改定された「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」では、2009年1月1日以降に登録したクルマについて、「自動車の外部には、衝突時又は接触時に歩行者等に傷害を与えるおそれのある形状、寸法、方向又は硬さを有するいかなる突起を有してはならない」と規定されています。

 多くのボンネットマスコットは、この告示に抵触する恐れがあっただけでなく、メーカーとして歩行者保護の姿勢を示す観点からも採用を取りやめる例が増え、現在では街中で見ることも少なくなりました。

また、「装飾部品は、格納、脱落又はたわんだ後に残った突出量が10mm以下でなければならない」と規定されており、表記内の10daNとは、およそ10kgを荷重した状態です。

現在、メルセデス・ベンツで採用されているボンネットマスコットは可倒式となっており、衝突時に倒れることで衝撃を緩和します。また、倒れたときの突出量が10mm以下となっているため、法令に抵触しないようになっています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00206762-kurumans-bus_all

やはり法改正の見直しによって自動車の外部に突起物などを付けてはいけないとなってしまったからなのでしょう。

ボンネットマスコットが事故の原因にでもなってしまったらそれだけで責任を問われる可能性さえありますから、この法改正は妥当なのでしょうね。

メルセデス・ベンツやリムジンは規定内でおさめているんですね。

まあ他のメーカーはそこまでこだわっていないのでしょう。

 

スポンサーリンク



 

ボンネットマスコット 減少理由は?つける意味とは?

しかしなぜここまでボンネットマスコットは減少してしまったのでしょうか?

 ボンネットマスコットは、コレクターズアイテムにもなっており、貴重なものは高値で取引されており、バブル期にはあえて自分のクルマにマスコットを装着するドレスアップカスタムもありました。

 さらに輸入車では、メルセデス・ベンツにはロゴでもある「スリーポインテッド・スター」がマスコットとして使用されています。

 これは、「陸・海・空」を意味し、陸海空とあらゆる乗り物において頂点を極めるという強い意思を示したものだといわれています。

そしてロールスロイスの「スピリット・オブ・エクスタシー(フライングレディ)」は1911年以来、ロールスロイスのアイコンとして使用されています。

世界でもっとも有名なシンボルのひとつといわれ、「美しさ、富、スタイル、完全さ」を具現化したボンネットマスコットです。

いまでは、安全性の問題から廃止されたものや、当時から大幅に進化した形で採用されるものなど、代わりつつあるボンネットマスコット。

 しかし、自動車メーカーを代表する高級車に採用されていたボンネットマスコットは、そのクルマに乗る人だけでなく、街でボンネットマスコットを見る人すらも魅了する存在だったといえるでしょう。

引用元:引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00206762-kurumans-bus_all

 

やはりそのブランドを象徴するステイタスだったこと。

街歩く人を魅了する。

やはりそのブランド力を知らしめるものだったことでつける意味があったのでしょう。

今は車離れの時代ですから高級車に乗って自慢するような人も少ないですからやはり時代とニーズがあっていない感じはします。

しかしやはり高級車にはこうやって特別感を演出してもらいたいものですね。

ボンネットマスコット 減少理由の関連動画

こんな開閉できるマスコットがあるとは!?びっくりですねww

ボンネットマスコット 減少理由 世間の反響は?

ボンネットマスコット 減少理由 おわりに

いつの時代でも車のステイタスやブランドの権威って大切ですね。

その会社の魂そのものですからね。

これからも無くなってほしくはない存在かと思います。

こちらの記事もよく読まれています!

才賀紀左衛門 報道否定の真相は?長女の親権は?離婚の原因は不倫?

夏菜 恋愛事情告白の真相!坂上忍のセクハラ発言に対する返答は?

猫バンバン 注意!ボンネットを叩きすぎは逆効果の場合も?対策は?

アントニー ギャラ告白!水ダウのギャラをぶっちゃけたwwいくら?

コメント

タイトルとURLをコピーしました