スポンサーリンク

猫バンバン 注意!ボンネットを叩きすぎは逆効果の場合も?対策は?

猫バンバン 注意とはいったいどういうことなのでしょう?

どうやら猫が冬の時期に車のエンジンルームに入る恐れがあるとして

ボンネットを叩いて中から出してあげる事を猫バンバンと呼ぶようです。

しかしどれだけでは逆効果の場合もあるそう。

対策はあるのでしょうか?

世間の反響は?

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

バンバン 注意の詳細

悲しい事故防ぐ「猫バンバン」 でもたたきすぎは禁物

 冬場はクルマに乗る前、ボンネットを叩いたほうがよいかもしれません。ネコなどがエンジンルームに入り込んでいることがあるからです。

JAF(日本自動車連盟)によると、2019年1月の1か月間で寄せられた「エンジンルームに動物が入り込んでしまった」という要請は全国で27件。うち25件がネコによるものだったそうです。ネコが暖かい場所を求めて入り込むケースが増えることから、JAFなどが例年冬に注意を呼び掛けていますが、前出の25件のなかには沖縄での要請もありました。狭くて暗いエンジンルーム内は、警戒心の強いネコが安心できる空間でもあるため、実際には年間通じて対応依頼があるそうです。

エンジンルームに動物が入り込んでしまうのは、外と通じる空洞があるからです。ネコがいることに気づかずエンジンをかけると、ネコがエンジンベルトに巻き込まれてしまうケースがあるため、日産が「猫バンバン」と称して運転前にボンネットをたたく運動を広めています。

 実際、エンジンルームにネコが入り込むとどうなるのでしょうか。

長野県に住むある30代男性ドライバーは、冬のある日、エアコンから生き物の臭いがするのでボンネットを開けたところ、内部がネコの毛だらけで、ボンネットの内張りにも引っ掻いた跡が無数に残っていたそうです。

幸いにしてネコを巻き込む事故にはならなかったものの、その後は整備工場でエアコンの脱臭、バッテリーカバーの交換などを行ったほか、エンジンルームを市販の金網でカバーしてもらったとのこと。またそれ以降、「猫バンバン」を励行しているといいます。

なお日産によると、エンジンルームの空洞は排熱に重要で、完全にふさぐのは難しいそうです。もしも悲しい事故が起こってしまった場合は部品の交換が必要になることもあるため、ディーラーや整備工場に相談してほしいとのことです。

ちなみに、エンジンルームに入り込むのはネコだけではありません。JAFへの救援依頼では、ハトやネズミ(もしくはリス)、ヘビが入り込んでいたこともあったそうです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00091952-norimono-bus_all

蛇や鳥にリスまで入っていたりするのは驚き!

蛇とかいたら心臓が止まるかも知れませんww

確かに動物が入り込まない構造にするには熱を逃がすために空洞の場所が必要みたいですからまだまだ技術的に難しいのですかね?

なんとかして今後対策しないと犠牲猫が増え続けてしまいます。

スポンサーリンク



 

猫バンバン 注意!ボンネットを叩きすぎは逆効果?対策は?

 ただJAFによると、あまり強くたたくと、臆病なネコはもっと奥へ入り込むことがあるそうです。たたいて何か存在を感じたら、ボンネットを開けて確認するとよいでしょう。

どうやら臆病な猫ちゃんはバンバンすると奥に入ってしまう傾向が強いようですね。

このツイートでも話していますがやはり時間が無くてもボンネットを開けることが大切なことだと思います。

猫が悲しい目に合う前に一つでも多くの命を救うためにもボンネットオープンを意識付けないといけませんね。

まあこれだけ冬寒いとそりゃ温かいエンジンルームにいたくなるのは分かる気がしますし、狭い空間は猫は大好きですから余計に中に入ってしまうでしょうね。

猫バンバン 注意!世間の反響

https://twitter.com/sotpapa/status/1203565369308237824

猫バンバン 注意!おわりに

猫バンバンを過信せずに動物の気配など感じたらすぐにボンネットオープンですね!

忙しい時でもやっていくことでお互い嫌な気持ちや悲しい目に合いませんからね。

こちらの記事もよく読まれています!

黒木ひかり 再留年危機とは?さすがに勉強に集中?もしくは中退か?

日高屋 業績悪化 理由は?ブレーキがかかった4つのワケとは?

元・植村花菜 現在はNY在住?旦那清水勇博とは?結婚子供はいる?

ソシャゲ離れ理由は?生活を支配する中毒性?辞めたユーザーの声は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました