スポンサーリンク

日高屋 業績悪化 理由は?ブレーキがかかった4つのワケとは?

日高屋 業績悪化 理由は?ブレーキがかかった4つのワケとは一体何なのでしょうか?

世間の反響は?

詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

日高屋 業績悪化の詳細

 いったい日高屋で何が起きているのか。

そもそも日高屋はどうやってここまで成功したのだろうか。日高屋は、各種のラーメン、中華そば、タンメンといった、「小麦メニュー」を売ってナンボという手法で業績を向上させてきた。それに加えてセットメニューでの「ガッツリ系」を求める顧客を取り込んで、成功してきたと考えられる。たまにガッツリ食べたい顧客を引きつけるため、「コスパ第一主義」をとってきた。

しかし、こうした「ガッツリ系」の成功には、避けがたいリスクが伴う。朝昼晩毎日毎日、日高屋のラーメンセットを食べていると、昭和のヒット曲『およげ! たいやきくん』ではないが、「嫌になっちゃうよ」となりかねない――つまり顧客を飽きさせてしまいがちなことが大きな課題なのだ。裏を返せば、いかにリピート率を引き上げるかが、腕の見せ所となってきた。

そこに黄色信号が灯ってしまったというわけだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191207-00068990-gendaibiz-bus_all
以前はかなり業績も良かったはずですがここに来て色々な要因が積み重なり悪化してしまったのでしょう。
ここからが逆に腕の見せ所なのでしょう。
その業績が悪化した理由とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク



日高屋 業績悪化 理由は?ブレーキがかかった4つのワケとは?

ブレーキがかかった4つのワケについて説明していきます。

働き方改革の影響

 しかし、「夜客」「ちょい飲み親父」「ちょい飲み女性」を捕まえられるかどうかは、働く世代が立ち寄りやすいメニュー構成になっているかといった「外食産業側」の問題というより、「外部環境」の影響を受けやすい。現在、外食産業に打撃を与えているのは、一等地で働く大企業の「働き方」改革である。

シンクタンクの調査によれば、働き方改革で残業代が数兆から10兆円単位で減る試算となっている。つまり、サラリーマンたちの懐事情は苦しくなり、外食の余裕はなくなる。

もちろん、働き方改革で帰宅時間も前倒しになる。「消費喚起に効果がない」と言われて久しい「プレミアムフライデー」は、ほとんどの人が早い時間に帰宅できていないと思うが、たとえ帰れたとしても多くは直帰。当初の予定の夜の消費需要を喚起できていない。そりゃ、ない袖はふれない。

働き方改革がまさか夜飲みの需要を減らしていたとはびっくり。

プレミアムフライデーとかありましたねそんなのww

残業代が減ればそれだけ給料も減るそして夜に飲みに行かなくなる。

確かにそりゃ夜のみは減るわけです。

立地の影響

それは、外食・小売りといった産業は、「立地」がすべてだからだ。駅前好立地を押さえられている限り、一発ヒット商品で集客できるし、減益しても赤字になりにくい。

立地はチェーン店において一番重要視されますね。

いろいろな場所にある文ややはり集客できる場所が利益の底上げにつながるのでしょう。

アベノミクスの影響

そもそも、日本の外食産業の労働生産性は低い。いや、サービス業の生産性が低い。アメリカの半分だ。さらに産業の7割をサービス系が占めており、働き方改革の主戦場もサービス業である。働き方改革は、IT化、ロボット化を推進し、ブラック労働を規制する。

アベノミクスの「賃上げ」によって最も賃金が上がったのが、若者、低所得者層、非正規労働者。その影響は外食産業にとっては大きかった。アベノミクスは労働力の不足、時給のアップ、労働規制の厳格化につながり、外食産業の主な減益要因となっている。

労働生産性はかなり低いことが分かっている日本ですがその影響は外食産業に多大なるダメージを追わせてしまったのでしょう。

低所得者が来ないとどうしようもないですからね。

いかに利益を投資に回せるのか?

ロボット化、AI化が外食産業で集中的に投資すれば、日高屋に限らず、外食チェーンは厳しい中でも利益を出せる企業も出てくると推察できる。

今年は消費税増税の中では軽減税率元年である。コンビニがテイクアウトで快走中だが、外食も牛丼チェーンは、「テイクアウトも料金統一」といった施策で業績を伸ばしている。特に松屋(松屋フーズ)は「自販機型のテイクアウト」によって、女性の取り込みなどにも成功した。

最後に、日高屋に限らず、今、勝ち組の「かつや」にしても、こってり系は、瞬間風速が吹きやすい。その稼ぎを次の成長分野にどう投資するか次第で、再度、V字回復できるシナリオがどうなるかも見えてくる。

やはり斬新な時代にあった戦略を打ち出して実行する力が必要なのでしょう。

外食産業はライバルも多いですからそれだけアイデアや投資は重要でしょう。

このような4つの要因をすべてプラスに持っていくのは難しいかも知れませんはいきなりステーキよりは十分に復活の兆しはあると思います。

日高屋 業績悪化 理由 世間の反響

https://twitter.com/Natsukixxxhs810/status/1203188023124299777

日高屋 業績悪化 理由 おわりに

色々と業績悪化の理由が明らかにされていますがこれだけ会社として原因がわかっていれば持ち直すことができると思います。

今はただいろいろな歯車がまだ噛み合っていないだけなのかも知れません。

ここからまた再スタートで頑張って黒字に戻していける手腕を見せてほしいですね。

こちらの記事もよく読まれています!

朝まで生テレビ 謝罪の理由は?田原総一朗の発言が無責任すぎる!

協栄ジム 報道否定!事実無根!公式HPで発言した内容はこちら!

ソシャゲ離れ理由は?生活を支配する中毒性?辞めたユーザーの声は?

いきなり!ステーキ 客 本音に納得!コスパの悪さと飽きた人続出ww

コメント

タイトルとURLをコピーしました