ゼスプリ 戦略がすごい!キウイブラザーズが大活躍!世間の反響は?

スポンサーリンク

ゼスプリ 戦略がすごい!

キウイフルーツと言ったらゼスプリの印象しか無いですよね!

あのキウイブラザーズもかなり売り上げに貢献しているようです!

世間の反響はどうなのでしょう?

詳しく戦略を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ゼスプリ 戦略とは?

 大ヒット曲「恋のマイアヒ」の替え歌に合わせて「キウイブラザーズ」が踊り狂う、ニュージーランド産のキウイフルーツブランド、「ゼスプリ」のテレビCMが話題となっている。耳に残るキャッチフレーズと相まって、キウイブラザーズは今や、日本でもっとも有名な兄弟の一組と言える。

ブラザーズの大活躍も手伝い、ゼスプリのキウイフルーツの販売が好調だ。ゼスプリが2018年度に国内で販売したキウイ販売金額は384億円と、この10年間で1.6倍に。今やキウイ輸入額の97%を占めている。りんごやみかん、バナナなどを中心にフルーツ市場自体は低迷を続ける中で、その伸びは際立っている。

そもそもゼスプリとは、ニュージーランドのゼスプリインターナショナル社が販売するキウイフルーツのブランド。同社はキウイフルーツを輸出するに当たって、価格競争を避けるため、1980年代後半に輸出を一括して行う販売公社として発足、2000年に民営化されて現在に至る。同社の2018年度の業績は売上高約2000億円、営業利益200億円程度で、世界50カ国以上で事業を展開している。

 ただ、ニュージーランド産のキウイフルーツに関しては、ブランドも輸入・販売業者もゼスプリ1社だけ。ほかのフルーツに比べて、まとまったマーケティング費用を、集中的に投下できるわけだ。そのため、「マーケティングにかけている予算は、ほかのフルーツ会社の中でも段違いに多い」と、日本法人の安斉一朗社長は説明する。

 その1つが、冒頭のテレビCMやSNSを使ったマーケティングだ。長らく女性タレントを起用していたCMなどの広告も、2016年にキウイブラザーズに変更している。「タレントのインパクトが強すぎた。見た目はじゃがいもみたいだが、カットすれば実はチャーミングなキウイそのものを主役にしたかった」(安斉社長)。

 キウイフルーツの輸出専業のゼスプリ社が、なぜ日本の農家と契約してまで、年間の安定供給にこだわるのか。

 1つは、安定供給はスーパーなどの小売店にとってメリットが大きいからだ。「通年で棚を埋められるため加工食品のように商品管理がしやすいうえ、旬がないことで逆に通年で売れる商材にできている」(佐藤教授)。スーパー側のメリットが大きいため、販路の確保がしやすい。

 もう1つは消費者の商品イメージを高く保つためだ。「果物に対してヨーロッパは酸っぱさを求めるが、日本では果物の褒め言葉が『甘いね』になっているなど甘さを求めている。ゼスプリ以外の酸っぱいキウイフルーツを食べて嫌な思いをした消費者は、なかなか戻ってこない」(安斉社長)。

■転機となったサンゴールドのヒット

ゼスプリは、日本の消費者が求める甘いキウイフルーツを提供するため、糖度基準をクリアしたものだけを流通させている。1年中、こうしたキウイフルーツを提供することで消費者をつなぎ止める狙いがある。

こうした販売面での努力に加えて、実は商品面でも劇的な進化を遂げている。2012年に開発された「ゼスプリ・サンゴールド」だ。従来の果肉が緑色で酸味が強かったものに比べて、果肉が黄色で、「甘く、すっきりとしたトロピカルな酸味がある」(安斉社長)という特徴がある。

 このサンゴールドが酸味を苦手にしていた消費者を取り込んだ。「マーケティングの力もあったが、1番はサンゴールドがヒットしたこと」(安斉社長)。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191125-00315708-toyo-bus_all&p=3

しっかりと売るためのマーケティングが出来上がっている結果なのでしょうね。

サンゴールド食べれると確かに緑色を食べたく無くなりますよね。

もっぱら僕はサンゴールド派ですね。

キウイブラザーズもしっかりとCMで活躍していてあの耳に残る曲やキャラクターがキウイを買わせる一端を担なっているのかも知れませんね。

スポンサーリンク



 

ゼスプリ 戦略がすごい!キウイブラザーズの動画はこちら

キウイブラザーズの動画はこちらです。

 

可愛くて耳に残る曲が逆に良いのでしょうね!

頭に残すのがやはりCMでは大事ですからね。

ゼスプリ 戦略を知った世間の反響は?

ナイスな戦略ですね!

日本人はやはり甘い方が果物は好きですからサンゴールドが売れたのは必然でしょうね。

これからも美味しく食べさせていただきます!

ゼスプリ 戦略のまとめ

今回はゼスプリの戦略についてまとめていきました。

キウイの安定供給と甘いと思わせるイメージがしっかりと消費者に向けられているおかげでこれだけ売れているのでしょう。

サンゴールドキウイうますぎるし1年中あるのも最高ですね。

こちらの記事もよく読まれています!

恋愛ドラマ離れ 3つの理由とは何?世間の反応は?

リストランテ SNS 物議がヤバい!お店の名前や場所は?世間の反応は?

明石家さんま 宮迫復帰否定とは?1月の舞台復帰なし!いつになる?

ジュノン・スーパーボーイ 史上最年少!渡邉多緒12歳画像はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました