◆女子プロゴルフツアー 大王製紙エリエールレディス最終日(24日、愛媛・エリエールGC松山=6580ヤード、パー72)

2打差7位から出た、賞金ランク3位の渋野日向子(21)=RSK山陽放送=が6バーディー、ボギーなしの66で回り、通算19アンダーで涙の逆転優勝。同ランク首位の鈴木愛(25)=セールスフォース=との同組対決を制して国内4勝目で、優勝賞金1800万円を獲得し、約1511万円差に迫った。次週の最終戦、ツアー選手権リコーカップ(28日開幕)では、単独2位以上が最年少女王(21歳16日)への最低条件。“スマイル・シンデレラ”が大逆転を狙う。

昨年末の予選会からコンビを組む定由早織キャディー(27)とは今季16試合目のコンビで待望の初勝利となった。今月初めの米ツアー台湾選手権後、青木コーチから渋野に「残り4試合で、早織と勝て」とゲキが飛んでいた。定由さんはツアー3年目での初勝利にうれし涙。「やっとスタートできた」と喜んだ。

2人のタッグでは全英優勝2週後に行われたNEC軽井沢72(8月)で、決めれば優勝の最終18番バーディーチャンスから3パットし、1打差3位と惜敗。この日の18番で渋野は「あれを払拭するのは今回しかない」と話したという。強風の中でパーセーブし、見事にリベンジ。優勝会見では「最高の贈り物って優勝しかないと思ったから、勝てて良かった」と、格好良く言った。(岩原 正幸)

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-11250040-sph-golf

スポンサーリンク