訃報 桂三金 死去!脳幹出血で急死!なぜ?享年48歳!若すぎる!

葬式
スポンサーリンク

訃報 桂三金 死去したのが話題です!

突然の訃報で衝撃が走っています。死因は脳幹出血で急死のようですがなぜなのでしょうか?

享年48歳!若すぎます。

ご冥福をお祈りします。

それでは詳細を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

訃報 桂三金 死去の詳細

文枝の弟子・桂三金さんが脳幹出血で急死、9日朝に自宅で体調急変

 落語家、桂三金(かつら・さんきん、本名・奥野武志)さんが9日午後9時35分、脳幹出血のため大阪市内の病院で亡くなったことが10日、分かった。48歳だった。

関大卒で、大学の先輩である桂三枝(現文枝)に入門。今月4日から大阪・天満天神繁昌亭の昼席で同期入門の落語家とともに「落語家25周年記念ウィーク」と題して高座に上がっていたが、9日朝に自宅で体調が急変し、死去した。

同公演千秋楽の10日、共演者が観客に三金さんの急死を説明。三金さんの出囃子をかけ、愛用の黄色い座布団を高座に上げて悼んだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000037-sanspo-ent

訃報 桂三金 死去!脳幹出血とは?

脳幹出血とはいったいどんな病気や症状なのでしょうか?

脳幹出血とは、呼吸や血圧を保つなどの生命活動の基本になる脳幹部位に生じる出血のことを指します。

発症の基盤には高血圧があることが多く、食生活の乱れや喫煙習慣なども関連します。発症すると、頭痛や吐き気などの症状が現れ、出血量が多い場合には意識消失などが起こることもあります。

脳の組織内に生じる脳出血のなかでも、脳幹出血は重篤な経過をたどることが強く懸念されます。

高血圧と関連性がある脳幹出血は、運動不足、ストレス、喫煙習慣、糖尿病、高脂血症などとも関連があります。こうした因子が存在すると、脳幹部はもとより全身の動脈硬化が進行する可能性があります。

引用元:https://medicalnote.jp/diseases/%E8%84%B3%E5%B9%B9%E5%87%BA%E8%A1%80?utm_campaign=%E8%84%B3%E5%B9%B9%E5%87%BA%E8%A1%80_%E6%A6%82%E8%A6%81&utm_medium=ydd&utm_source=yahoo#%E6%A6%82%E8%A6%81

訃報 桂三金 脳幹出血で急死したのはなぜ?

上の症状や原因を見ていくとやはり三金さんは100kgを越える巨漢ですから食生活の乱れや

睡眠不足やストレス、過労などが積み重なり倒れてしまったのかも知れません。

やはり人は健康が第一ですね。

お金よりも健康をなくしたら元の子もありません。

訃報 桂三金 脳幹出血で急死!亡くなる前日にはブログも更新していた!?

ブログはこちらです

これを見ますと亡くなる前日というよりも亡くなる日の寝る前にブログを更新していることがわかります。

午前2時位の更新なので、毎晩夜遅くまで起きていたのでしょうか。。

やはり健康は大切ですね。

スポンサーリンク



 

訃報 桂三金 死去!脳幹出血で急死!世間の反応は?

同い年で誕生日も10日違い。いつも親近感持って講座拝見してました。突然過ぎてびっくりしています。ご冥福をお祈り致します、、、。

忘れないうちに 忘れませんけど 師匠の創作落語「鯛」は三金師匠が一番好きです 何度も聴いてますが 最初に聴いた時のこと、忘れません

三金さん、「食べ物は好き嫌いじゃなく、好きか大好きかしかないんです」と仰ってて、演目中の食べる仕草もとても美味しそうで一気に好きになりました。 関西を去る時、思い出にと行ったパンチョウ一門会。張り込み刑事役で使ったあんぱんの残りをホイッと下さって嬉しかったです。もう会えないなんて

嘘やろ・・嘘と言って・・・ 早すぎるよう、あまりに早すぎる 師匠に手取り足取り教えていただいた NMB安部若菜さんが心配でなりません ご冥福をお祈りいたします

聞きやすいお声だったのに、非常に残念でなりません。 お悔やみ申し上げます。

文枝さんの周辺のかたって、まだ亡くなるには若い早い年齢の方が何人も亡くなられますね。

急死とあるが、おそらく急性心筋梗塞とかだろうか?
作曲家の小林亜星さんも昔はこのような超肥満体だったが、ダイエットで大幅減量に成功し、80歳を超えた今でも健在である。
もし亜星さんもあのままの体型で生活していたら、とっくに亡くなっていただろうな。

この方を存じ上げませんが、
身体に悪そうな体格だなぁとは、思います。
ご冥福をお祈り申し上げます。

訃報 桂三金 死去!まとめ

早すぎる死に世間には衝撃が走っています。

もっとたくさんの落語を聞かせてやりたかったでしょうし、聞きたかった人も多いと思います。

ご冥福をお祈りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました