ロンブー淳 イジリ論とは?熱く語るその内容や世間の反応は?

スポンサーリンク

ロンブー淳 イジリ論とはいったい何なのでしょうか?

淳が番組ロンドンハーツで熱く語ったその内容や世間の反応は?

様々な芸人にフォーカスして彼がどんな言葉を話しているのでしょうか?

それではお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ロンブー淳 イジリ論とは?熱く語るその内容

 9月10日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で行われたのは、田村淳らが深夜に悩みを抱えた芸人の家を訪れ、彼らの相談に乗るという企画だった。

最初に訪れたのはにゃんこスターの自宅だった。男女コンビのにゃんこスターは現在、一つ屋根の下で同棲している。だが、アンゴラ村長がスーパー3助に不信感を持っているのだという。家で仕事の話をするのを嫌がる、束縛が激しい、というのがその理由だった。スーパー3助が心を入れ替えなければ同棲を解消することにする、という結論が出てこのパートは終わった。恋愛関係にある男女が一緒に暮らし、コンビとしてお笑いを続けていくことの難しさがあらわになっていた。

抱えている悩みがより深刻だったのは、次の訪問先であるお笑いトリオ・我が家の坪倉由幸の方だった。坪倉はトリオとしての仕事が激減していることに危機感を覚えていた。メンバーの1人である杉山裕之とも大喧嘩をしてしまい、それ以来単独ライブを行うこともなくなった。

喧嘩の主な原因は杉山の酒癖の悪さだ。酒を飲むと暴力をふるったり説教をしたりすることもあり、芸人の間では鼻つまみ者になっている。何度もトラブルになっていて、番組内で禁酒を宣言したこともあったが、誓いは守られていなかった。坪倉も酔っ払った杉山に殴られたりタバコを投げられたりしたことがあった。

途中から我が家の杉山と谷田部俊も加わり、話し合いが行われることになった。杉山は酒癖の悪さで失敗を繰り返していることを反省しつつも、坪倉が自分をイジった後でフォローをしないことに不満を漏らした。イジった後でウケなかったときにフォローもしないとただの「悪」になってしまう、と語った。ここで、話を聞いていた淳が杉山を諭すように持論を述べた。

「悪じゃないんだよ。それは俺も何度もあるけど、亮にいろいろ仕掛けて上手くいかなったこともあるけど、俺のスタートは悪じゃ絶対にない。坪倉もただの悪意だけで人をイジるなんてしないよ。このバラエティの現場において、何か仕掛けるときは『うまくいけ!』とか『面白くなれ!』っていう思いを込めたイジリしかないよ。で、うまくいかなかったから悪になるんじゃなくて、うまくいかなかったらそれを反省して次に生かすしかないよ。それは悪にはなんない」

 バラエティ番組でまともなことを熱く語ってしまったことに照れた淳は「俺、こんなことを言うためにロンドンハーツやってるわけじゃない」と付け加えた。FUJIWARAの藤本敏史もカメラに向かって「亮、聞いてるか? ええこと言ってるぞ」と言った。

「芸人が芸人をイジるのは悪意からではない」というのは、お笑いの世界では基本中の基本にあたる。むしろ、杉山のようにキャリアの長い芸人がそれを理解していなかったことが不思議なくらいだ。自分ばかりが責められている状況で何とか反撃しようと考えて、うっすら感じていた不満が思わず漏れてしまっただけなのかもしれない。

芸人とは、観客を笑わせることだけをどこまでも追求する仕事だ。一般的には他人の悪口を言うのは悪いことかもしれないが、芸人同士でそれが行われる場合には、誰もがそのことで笑いを生み出そうとしている。結果的にウケてもウケなくても、それ自体は笑いを取るための正当な行いであるということになる。

坪倉は杉山に対して、酒をやめるかお笑いをやめるかの二択を迫った。だが、杉山が出した結論は「一度に3杯しか飲まないと誓うから酒を飲ませてほしい」というものだった。坪倉は「ダサい」と吐き捨てるようにこぼしたが、いったんそれを妥協点とすることになった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00000039-sasahi-ent&p=2

芸人は笑いを取るために悪口なども笑いに変えていく職業であり、芸人同士では悪でなく。

いじめではないイジリであるとありますが、その受け取り方は本人次第ですよね。

基本は笑いに変えて仕事のためと割り切る人もいるでしょうが割り切れない人は相方に不信感をつのらせてしまうでしょう。

今回の敦の話は迷い悩む後輩に対してとっても力強く胸に撃たれる言葉だったのではないでしょうか?

亮さんは今大変な状況ですが一人になって敦さんもいろいろと今もがいているのでしょう。

これからも個人的に応援していきたいと思いました。

ロンブー淳 動画

ロンブー淳 イジリ論の世間の反応は?

まあ、淳はいじられる側になる事はほとんどないからね。
四六時中いじられるポジションの人からすればたまったものではないけどね、いくら芸人とはいえども。
これがそのまま素人にも適用される世の中だから、たまったものではない。

しかし、前回の竹山のいじりは
酷かったな。見てて気分が悪くなったから途中でやめた。
女房は笑いなが見ていた。
人それぞれの感覚の違いだろう

 

いじりといじめ、全然違うと思う。

要は笑いにしようとしてるか、楽しませようとしてるかなんだろうけど、
素人が見よう見まねで出来るものでもないと思う。
それがいじめとなってしまうこともあるんだろうね。

 

会社の社長親子がよく社員をイジッてるつもりで言葉の暴力を浴びせて笑ってるんだけど、そこには悪意しかないから言われた方は傷ついたりムカついたりする

「だってアイツ見てるとイジリたくなるから」みたいに言ってるから、本人たちにとってはイジリなんだよね
絶対イジメだけどね

 

大人のイジメは悪意しかないうえに改善することがほとんど無いから、ある意味殺人よりもたちが悪いと思う

 

ロンブー淳 イジリ論のまとめ

今回はロンブー敦のイジリ論についてまとめていきました。

いじめとイジリは紙一重かも知れませんが結局本人がどう思うかまた見ている視聴者がどう感じるかが大事なのでは無いでしょうか?

むずかしい問題だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました