小泉孝太郎 KY力の真相は?トマトシャツのおかげ?世間の反応は?

スポンサーリンク

小泉孝太郎 KY力とはいったいどういったものなのでしょうか?

彼は爽やかキャラで空気読めない感じはしませんけどね。

今放送しているドラマのトマトシャツや役柄の影響もありそうだとは言われていますね。

世間の反応はどういったものなのでしょうか?

今回の記事では小泉孝太郎のKY力について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

小泉孝太郎 KY力

こちらが今回の報道の詳細です。

現在放送中の、テレビ東京系ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』(毎週金曜20:00~20:54)の主演を務める俳優・小泉孝太郎。同作は2016年1月クールに第1弾が放送され、”空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアのKY刑事・小早川冬彦(小泉)と、”男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)のコンビが人気に。異例の4シーズン目に突入した。

2001年に当時の総理大臣・小泉純一郎の息子としてデビューした孝太郎だが、俳優として実直に挑み、作品に欠かせない存在となった。さらには情報番組やオリンピックキャスターなど活躍の場を広げ、ますます自由に羽ばたいている。そんな小泉孝太郎に、『ゼロ係』で演じる冬彦の魅力、そして自身のこれまでについて話を聞いた。

■『ゼロ係』SEASON4で衣装がトマト柄に

――『警視庁ゼロ係』のシリーズが2016年にスタートするというとき、「エリートでKYの刑事」という役をふられた心境はいかがでしたか?

僕自身は、撮影に入る前の段階では、今演じているような冬彦のキャラクターというものは全く想像していませんでした。もっと嫌味で、頭は切れるけどプライドが高くて人を見下したりしていたりして嫌われるタイプの路線を考えていたんです。でも、監督と話したところ、「原作にはそういう部分があるけれど、ドラマの冬彦は、どちらかというとみんなに愛されるキャラがいいと思ってる」とおっしゃっていて、「それなら僕も、大人だけど子供っぽいところがあって、無邪気でKYなキャラクターにシフトチェンジしますね」と言ったのを覚えています。もしも今のような冬彦じゃなかったら、シーズン4まで続いていなかったかもしれないですね。

――今日はトマトのシャツでいらっしゃいましたが、衣装についても予想外でしたか?

最初はびっくりしました。僕が赤で松下由樹さん演じる寅三先輩が青、ほかの皆さんにもそれぞれ色があって、ヒーローものみたいだなと。でも、監督の狙いがじわじわと浸透してきて。刑事ものってスーツで暗い色の衣装になりがちだけど、僕らの場合はカラフルでガチャガチャしてるのがいいですよね。

――トマトになるまでの衣装の経緯は?

夏に放送することが多いので、季節にあった野菜や果物をテーマにしています。シーズン1がいちご、2がスイカ、3がとうがらし、そして4がトマトです。僕が冷やしトマトが苦手なんで、これまで避けてきたんですけど、赤いものがだんだん少なくなったので「もういいですよ」っていうのと、寅三先輩が「トマト野郎!」って言うのもいいかなって(笑)。

――よくこの番組関連で、「小泉さんにもKYなところがありますか?」と聞かれていると思いますが、ご自身はどう思われますか?

毎回阿佐ヶ谷の駅前で記者会見をしていて、駅のプラットフォームにいるみなさんに「聞こえますかー?」と大声で叫んだりしたんですが、そういうところは「KYなのかな」って(笑)。松下さんからは、「孝太郎くんは冬彦みたい」って言われるので、本当にそういうところがあるんだなと、最近は思います。

――具体的にはどんなところが似てると言われたんでしょうか?

“こう”と思い込んだら、そっちに突っ走るエネルギーが、冬彦っぽいと言われました。特に、『ゼロ係』のときは、「このセリフはこういう風に言いますね」と提案することが多いので。

――そういうKYな感じは、作品の現場によっても違ったりしますか?

冬彦は協調性や社会性のないタイプですから、そのときの自分の在り方も、もしかしたらほかの現場とは違うのかもしれないですね。冬彦の衣装をつけると、そういう気持ちになりますが、右に倣えということをしないでいいので痛快でもありますよ。

――キャラクターもかなり違いますしね。

『グッドワイフ』で演じた多田征大は弁護士で仕事もバリバリ。『ゼロ係』の冬彦は、警視という肩書はあるんだけど、冬彦個人のキャラクターそのものが求められていて、そこが違ったなと思います。若いときは肩書をあまり背負っていなくて、年齢を重ねると「父親」や「部長」という肩書が増えていって深みにもなる。若いときは肩書がなくても元気や無知であるというパワーで押し切ったりするけれど、歳をとると違ってきます。でも、冬彦の場合は、肩書もあるのに、違うものを求められるというのは面白いし、そこがほかの刑事ドラマとは違うところでしょうね。

――デビューされるときには、誰もが小泉さんのお父さんのことを知っている状態で、でもそのことで色眼鏡で見られるということもあったのではないでしょうか?

そこは、覚悟していました。でも、当時の自分もかなりKYだったんでしょうね。そういうKYなところがなかったら、総理大臣の息子が芸能界には入らない(笑)。そこをぱーんと突き抜けて、「自分はこれをやりたい、俳優・小泉孝太郎になりたい」と思って入ったので、想像通りでした。自分自身に「こんちくしょう」と思うような悔しさも必要でした。いまになって考えると、自分にKYなところがあってよかったなと思います。

――そういう声が気にならなくなったのは?

最初から、「一瞬だろうな」とは思っていました。自分が力をつければ、おそらく言われなくなるだろうなと。そのときは、そうやって都合よく解釈したのかな、とも思います。

――今まで求められた役で、印象深いものは何でしょうか?

大きかったのは、やっぱり『ゼロ係』の小早川冬彦と、『下町ロケット』の椎名直之という悪役でしょうね。その2つの役と出会えたことで、今の自分があるんだと思います。今までやったことのなかった悪役と、冬彦のように子供みたいな役、両極端を求められるんだ、ということがわかったのは大きかったし、何かを変えてくれたと思います。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000007-mynavin-ent

小泉孝太郎 KY力について

トマト柄の衣装についてすごいインタビューしていますね。

そしてドラマのシーズン毎で違う野菜や果物のシャツを着ているのも面白いですね!

今回はそれがトマトだったということみたいですね。

KY力はこのドラマの小早川冬彦役で完全に開花したようで、ちょっと空気が読めない部分も自分自身にもあるようで間違いなくこの役のおかげで自分にまで影響を与えるとは恐ろしいですね!

そして総理大臣の息子なのに俳優を目指す!

普通は確かにそっちの政治家などになりそうですから彼はそう考えますと

 

完全にKYな人だったのでしょうねww

もう41歳にはびっくりしましたがこれからも冬彦と一心動体で頑張ってドラマを続けてほしいです!

スポンサーリンク



 

小泉孝太郎 トマトシャツは役柄のドラマの衣装!

ちなみに記事で言われていたトマトシャツはこちらです!

ネットなどでは販売していないようでドラマの特注でしょう。

この服を着て演じているのが警視庁ゼロの小早川冬彦ということみたいですね。

この服装は確かにぶっ飛んでいてすごいKY力https://twitter.com/nandatteiino5/status/1161816027102998529ヤバいですね。

小泉孝太郎 KY力の関連ツイートや動画

小泉孝太郎 KY力についての世間の反応は?

影響されずに、主役を務められ俳優になったのは本人の努力ですね!ゼロ係は重たくなく面白いです!

 

「警視庁ゼロ係」は1から今の4まで
ずっと見てます。
冬彦と寅三コンビが面白くて大好き!!
脇を固めてる俳優さん達のキャラもいいね

 

お兄はいい雰囲気持っています。お父さんは政治家はダメだと言ったようですが、芸能界は正解だと思います。親の七光りも通じない。実力で今の地位はたいしたものですよ

 

俳優としての顔も好きですが、バラエティで見せる品や育ちの良さ、そして頭の良さを感じさせる会話も好感持てます。

みんなが知りたい「元総理の父」話を、サラッとウイットに富んで話せるのは素晴らしい。

政治家としての小泉総理のことは知りませんが、孝太郎さんの話す総理はとても好感の持てるお父さん。
そんな風に話を出来るのも才能だと思います。

 

小泉孝太郎 KY力のまとめ

 

ハル
ハル

今回は小泉孝太郎のKY力についてまとめていきました。

すさまじいKYを持つ小泉さん!

それだけ我道を今まで切り進んできたわけですから結果オーライです!

爽やかなので一回も見ていて不快に感じたことないですね!

個人的にはアナウンサーとかも似合っていそうな気がしますね。

 

こちらの記事もおすすめです!

小泉孝太郎 トマトシャツ言及!ブランドはどこのを着ている?
小泉孝太郎 トマトシャツ言及!ブランドはどこのを着ている?についてまとめていきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました