小原正子 産後うつの真相は?夫と大喧嘩も!世間の反応は?

スポンサーリンク

小原正子 産後うつの真相は一体なんなのでしょうか?

ブログには夫と大喧嘩をしたなどと書いてあるそうです!

出産するとイライラやピリピリなど普段以上に感じてフラストレーションがすごそうですね。

世間の反応はどういったものなのでしょうか?

今回の記事では小原正子の産後うつについて詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

小原正子 産後うつの真相

こちらがニュースの詳細になります!

お笑いコンビ、クワバタオハラの小原正子(43)が、第1子となる長男を出産後に産後うつの症状があったことを告白した。

【写真】第3子女児のこうめちゃん出産を報告する小原正子

10日に第3子となる女児を出産した小原。20日に更新したブログでは、今回の出産で初めて、医師から産後うつの話をされたと報告し、「時代の変化を たった4年ですが、感じました それくらい産後うつって当たり前にママさんの多くに起きていることだし、皆が理解しなくちゃいけないことなんですよね!」とつづった。

また、夫で元メジャーリーガーのマック鈴木氏も同日ブログを更新。小原のブログの内容に「読み終わったら心に何かがドカーンと響き胸がグッと熱くなると同時に締め付けられました」と衝撃を受けたことを明かし、「いまから神戸に帰ります 率直に色々と話したい気持ちです」とつづった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-08200384-nksports-ent

どうやら長男を出産したときのようですので2015年の3月に第一子を出産しているようですので

かれこれ4年も前ですね。

なぜこの時期にブログに書いたのかはわかりませんが、

きっと初めての出産のことは色々と不安で押しつぶされそうになりながらも乗り越えてきた苦労があるので今回の第3子出産によって記憶が蘇ったのでしょう。

もう3人目とは4人目はどうなるのでしょうかね。

 

小原正子 ブログの内容 夫と大喧嘩した?

ちなみにマック鈴木さんが旦那になり画像はこちらです!

こちらが小原正子さんが書いたブログの内容で、過去に旦那さんと大喧嘩していたようです。

続けて、「私の場合。。。特に長男のとき 旦那さんが抱っこしてくれている姿をみてもハラハラドキドキ!誰にも触られたくないくらい ピリピリしていたと思います!」と、長男出産後のうつ症状を明かし、「そして、そんな気持ちや産後の情緒不安定から。。。旦那さんにおそらくいやーーな態度をしてしまっていて。。。夫婦げんかがめっちゃ多かった!!!あのときは夫婦で知識不足でした」と振り返った。

引用元:https://ameblo.jp/ohara-kuwaoha/entry-12508837525.html

まあ最初の出産となるとそりゃ不機嫌になるし旦那に当たり散らしたくなりますよね。

まあそんな喧嘩をしても3人目の女の子も出産しているのですから、夫婦関係は円満な気がします。

 

 

スポンサーリンク



 

小原正子 産後うつの関連ツイート

小原正子 産後うつの真相を知った世間の反応は?

分かる分かる!
年齢に関係なく、鬱なんて無縁だった方も、産後鬱はありえるからね。ホルモンバランスも崩れるし。

 

楽しそうに育児していた友達が急になったらしく、自分でもどう対応していいか分からない、食事も取れない、子供は育てないといけない、で大変だったらしいです。
事前に少しは知識として知っておくのはいい事かなと思います。

 

本当にうつならブログアップなんてできない。
そんな余裕ない。

 

産後は本当大変だよ。ただでさえ妊娠出産と体に負荷がかかる事をしたあと。そこから始まる睡眠不足にホルモンバランスの乱れ。特に初めての子なら慣れない育児のプレッシャーと責任感。命を守ることの重圧。
産後は個人差あれどほとんどの人が産後うつを経験するんじゃないかな?
ひどい人は命を落としてしまったりする怖いものだよ。お父さんになる人は良く勉強しておいて欲しい。

 

産後うつは全ての人が理解するべき話だと思う。義理の妹でサポート側を経験しましたが、ブログを更新する余裕はないな。過去の話をアドバイスとして語るならまだしも現在進行形のうつを無理してまで語る人はいないよ。

 

小原正子 産後うつのまとめ

 

ハル
ハル

今回は小原正子の産後うつについてまとめていきました。

小原正子さんは軽めのうつなのかなとブログを投稿しているくらいだからと叩かれていますが

彼女は神経は図太いほうですから仕方のないことなのかもしれません。

繊細な方のほうが重度のうつになりそうですからね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました