難読球児 アナウンサー困惑!勇陽、海音、彪雅!読めないわコレww

スポンサーリンク

難読球児 アナウンサー困惑しているようですね!

勇陽、海音、彪雅とか読めないわコレって名前ですねww

さすがにアナウンサーもコレは至難の技かも知れません!

世間の声はどうなっているのでしょうか?

今回の記事では難読球児のアナウンサー困惑の詳細についてまとめていきました。

 

スポンサーリンク

難読球児 アナウンサー困惑の関連画像

この記事に関して様々なツイートがされています。

まあNHKと言っても間違えるときは間違えますからね。これだけDQNネームだと分かりにくいのかも知れませんね。

 

ひらがなだと確かに分かりますがなんだかカッコつかないですね。

まあ間違えるよりはよっぽど良い気がしますが。

難読球児 アナウンサー困惑の詳細

 いよいよ開幕を迎えた夏の甲子園。令和最初の大会ではどんなスターが生まれるのか──高校野球ファンの興味は高まるばかりだが、各代表高の「メンバー表」を見ると「あれ……?」と戸惑いを覚えるかもしれない。球児たちの名前が、とにかく「読めない」のだ。

 成、勇陽、海音、彪雅、史陽、天晴──彼らの名前を全員読めれば、相当な高校野球フリークだろう。彼らはいずれも今大会の“主役”候補だ。

「遠藤成」は、激戦区・神奈川を制した東海大相模の3年生。打っては高校通算45本塁打のスラッガー、投げては最速145キロのストレートを誇り、プロ球団のスカウトが注目する二刀流だ。名前は「せい」ではなく、「じょう」と読む。

 日本文理(新潟)には「脅威の9番打者」がいる。「小林未来雄(らいお)」は上位に繋ぐチャンスメイクだけでなく、チーム3位タイの打点を挙げる勝負強さも兼ね備える。新潟県勢初の全国制覇を狙う同校のキーマンだ。

 今夏は公立校の“復権”にも注目が集まる。昨年は8校だったが、今年は14校。15年ぶりの広島商、23年ぶりの高松商などが夏の甲子園出場を決め、オールドファンを喜ばせた。そうした古豪の一つ、熊本工(6年ぶり21度目)にはエースの「林彪太郎(こたろう)」や、外野と投手をこなす二刀流の「江川輝琉亜(きるあ)」がいる。

 こうした選手たちを取材するメディアにも苦労があるようだ。

「親御さんが考え抜いて付けた名前を間違えるわけにはいきません。ただ、注目選手はともかく、ベンチ入り全員を覚えるのは無理。試合前に記者席に掲示されるスタメン表を見て、スコアブックにふりがなを書き込んでいます。紙媒体ならそれで対応できますが、テレビのアナウンサーなどはもっと大変でしょうね」(スポーツ紙記者)

 思い返せば、昨年の覇者・大阪桐蔭にも根尾昂(あきら、現中日)、藤原恭大(きょうた、現ロッテ)、横川凱(かい、現巨人)などの“難読名”が並んでいたが、甲子園での活躍とともに、多くの野球ファンが彼らの名前を覚えていった。この夏、「その名」を多くのファンの脳裏に刻むのは誰だろうか。

もう完全にキラキラネームですね。。

こんな一般の人が読めないような名前にするのがいけないので別に間違えても問題ないと思います。

まあ親御さんからは批判が殺到すると思いますが。

これはますます今後増えてくるのでアナウンサーやウグイス嬢は大変でしょう。

 

スポンサーリンク



 

難読球児 アナウンサー困惑を知った世間の反応は?

きるあ とか痛過ぎる。親のおつむが知れるね。

「親御さんが考え抜いて付けた名前を間違えるわけにはいきません」

子供の将来の事は考えていないような気がするけどね。アホとしか言いようがないもっとちゃんと子供の将来を考えたらこんなふざけた名前にしないだろ!!

今の高校生世代は、キラキラネームが定着してしまってたころに産まれてるんだね…。

最近は、キラキラネーム批判の世論をうけて、落ち着いた名付けに回帰する傾向もみられる。
いいことだと思う。

気の毒なのは、全国ネットでキラキラネームを嘲笑される、真面目に生きてる高校生たちかな。
ミーハーな名付けした親の罪なのにね…。

 

親のレベルが知れる。野球出来なくなった時にどうなってしまうのか。

痛すぎる全然名前間違えていいでしょ!こんなふざけた名前をつける親が許せん!

難読球児 アナウンサー困惑のまとめ

 

ハル
ハル

今回は難読球児のアナウンサー困惑についてまとめていきました。

こりゃ困惑というか苦笑いと言うか。。子供に同情したくなりますね。

今後名前を改名する子供が殺到することでしょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました