スポンサーリンク

特撮 たばこ描写変化が激変していてワロタww絶滅状態の理由は?

特撮 たばこ描写変化が激変しています!

もはや絶滅状態の理由ははまあ自然の流れなのでしょうが気になりますね。

公共施設全面禁煙や子供への悪影響など考えてのことだと思いますがそんなに昔は特撮などでタバコやお酒のシーンなんてあったのですかね?

今回の記事では特撮でのタバコ描写変化の詳細について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

特撮 たばこ描写変化のワケは?

スポンサーリンク



 

特撮 たばこ描写変化の詳細

 健康意識の高まりや受動喫煙の防止、あいつぐタバコの値上げなどから、日本人の喫煙率は年々減少しています。さらに、2019年7月1日から「改正健康増進法」が一部施行され、役所や学校、病院といった施設の屋内では完全に禁煙となりました。

このような時代の流れから、映像作品のなかで「タバコを吸う」描写はしだいに姿を消していっています。とりわけ特撮作品の主な視聴者層は子供たちですので、喫煙描写は一般作品以上に自主規制の対象となっているようです。特撮作品におけるタバコの描写は、どのように変わってきたのでしょうか。

特撮作品に登場するヒーローに求められるイメージは、今も昔も明るく爽やかな「健全性」です。そのため、ヒーロー自身が喫煙する描写はほとんど見られません。

 特撮作品の映像を見ると、時代と呼応するように、2000年代に入ってから喫煙描写が減少していることがわかります。映像作品は時代を映す鏡のような側面があるものです。現在の時代の流れから考えると、喫煙描写の自粛や減少は仕方のないことでしょう。

引用元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00010000-magmix-ent&p=2

やはり世間的に公共施設などでは全面禁煙になっていますし、年々たばこの値段も上がってきています。

ヒーローでタバコやお酒を飲んだりギャンブルするのがいたのが昔はゴロゴロいたとはびっくりですね!!

悪役ではいてもいいとは思いますが、一番は子供への悪影響なのでしょう!

今やテレビに批判やクレームなど多いですから一旦そんな放送をしてしまえば、一気にッカうさんされて炎上問題などに発展しかねません。

まあ時代の流れ。仕方の無いことだと思います。

僕はタバコは大嫌いなので、路上で喫煙しているやつを見るだけで腹が立ってきますけどねww

もう買えないくらい値上げして絶滅させてほしいぐらいです。

 

スポンサーリンク



 

特撮 たばこ描写変化が激変を知ったネットの声

昔はおよそタバコの吸えない場所がなかったのです。バス、通勤電車、飛行機、新幹線…。
当時は子供向けの特撮モノでも喫煙シーンは当たり前。それが今ではおよそ逆となり、吸える場所を探すのが大変に。非喫煙者の私にとっては有難い事ですが、喫煙者の方が気の毒にも感じます。ただ路上喫煙者などを見ると気分は良くないです。いっそタバコ自体の販売をやめればいいのに、と思ってしまいます。

 

ジェットマンか、懐かしい
ブラックどころか敵側のロボットのグレイも酒タバコを嗜んでいたよ
ブラックとグレイの一騎打ちのラストはグレイにタバコを吸わせて振り向かず立ち去るシーンは格好良かったと覚えています
最近のドラマは世間体を気にし過ぎて遠慮がちになり過ぎている
酒もタバコも演出のスパイスとしては有りかと思う
それを現実で真似るのはまた別問題
何でもテレビの所為にしては何も楽しめない

 

時代の流れでは。
渡哲也さんが大都会のエンディングでくわえタバコで歩くシーンやあぶない刑事でもあれだけ吸っていたのに、完結のさらばあぶない刑事では二人とも完全禁煙の設定になっていた。

 

素晴らしいね。百害あって一利なしのたばこ吸ってるのはどうせイキッたガキか高齢者なんだから子どもも見る番組で規制するのは当たり前でしょ笑
これを契機にほかの因習の描写の規制にも各テレビは積極的に取り組んでもらいたいね。

 
ハル
ハル

 

ストレス社会でもありますから一度吸ってしまうとなかなか戻れない人が多いのも事実かと思います。まあそのかわりにお酒に走る人はもっと多いのでしょう。お酒も百害あって一理なしですからね。何事もほどほどが一番だと思います。

 

特撮 たばこ描写変化が激変のまとめ

今回は特撮のたばこ描写変化についてまとめていきました。

時代の流れによって変えるのはまあ至極当然の流れですからね。

まあ何をするにしてもすぐに問題視される時代。

寂しくなったのかも知れませんがタバコは害でしかありませんからいい流れだとは思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました