都道府県魅力度上昇率ランクベスト5を公開!1位はまさかのあの県?

スポンサーリンク

都道府県魅力度上昇率ランクベスト5を公開いたします

1位はまさかのあの県で僕はまったく予想出来ませんでした!

いったいどんな理由などによりこのランクインになったのでしょうか?気になりますね!

今回の記事では都道府県魅力度上昇率ランクの詳細について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

都道府県魅力度上昇率ランクベスト5の関連画像

なんと福井だったとは意外でした!あ!住んでいる人すみません。。

2位は群馬も意外ですが、3位の宮崎はなんとなく納得してしまいました。

1位の福井県は14年に都道府県魅力度ランキングでは最下位を取ってしまうくらいダメダメな県でしたが、なぜここまで急上昇したのか?

これはどうやら恐竜の化石などが多く発掘されている背景がありそれをもっと活かそうと地元民や県が恐竜を大アピールし県のキャッチコピーも恐竜王国にしたところ関西から来る観光客が一気に増えたそうです!

これは完全に戦略の勝利といえますね!

マーケティングをしっかりと行ったおかげで見事急上昇ランクで1位を取ることが出来たと言えるでしょう。

他のダメダメな県も特色や名産を全面的に県一眼となってアピールすることが魅力度ランキングを上げる要因なのでしょうね。

 

スポンサーリンク



 

都道府県魅力度上昇率ランクの詳細

 では、2014年から18年までの間で「魅力度」を大きくアップさせたのは、どの都道府県なのだろうか。2014年~2018年版のブランド総合研究所の調査から、「都道府県魅力度アップ率ランキング」を明らかにしていこう。

このランキングは、47都道府県と国内1000の市区町村を対象にした、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる『地域ブランド調査』(ブランド総合研究所実施)によるもの。同調査の2018年度版と2014年版における、各都道府県の「魅力度」を比較することで魅力度の上昇率を割り出し、上昇率ランキングを作成した。

 都道府県魅力度上昇率ランキング 福井県、群馬県、宮崎県が上位に

まず「都道府県魅力度上昇率ランキング」1位は、18年度の魅力度ランキング39位の福井県となった。14年は魅力度が8.9点(45位)だったが、18年は13.3点と4.4ポイントアップ。5年で49%も魅力度がアップした。

2位は18年度42位の群馬県で、魅力度は14年の8.8点(46位)から3ポイント伸ばして11.8点、上昇率は34%となった。

3位は18年度20位の宮崎県で、魅力度は14年の14.3点(25位)から4.5ポイントアップの18.8点、上昇率は31%だった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190617-00205752-diamond-soci
いや本当にこの3県は見事観光客などにPRが出来た結果を出したと言えるでしょう!
群馬とかも世界遺産もたくさんありますし、パスタ消費が一番とも言われている街もありますからね。
宮崎は美味しい地鶏やマンゴーなど特産物が多いですからね。
この3件はきっとこの数年で頑張った結果をだしたと言えますね!
まあしかし北海道などは不動の1位をキープしていますから絶対に勝てない気もしますがww

スポンサーリンク



都道府県魅力度上昇率ランクベスト5を知ったネットの声

観光として京都や奈良、レジャーで沖縄とか行きたいなと思うけど、地元にも華やかではなくてもそこそこの場所ってあります。
先ずは地元を知ってみるのも楽しいと思います。

 

福井県の魅力が「恐竜」なら態々住まなくても、年に1回か2回、観光旅行に行けばいい。
福井県の本当の魅力は食い物の旨さだが、原発銀座でもある。

 

愛知県はトヨタ、信長、秀吉、家康、イチロー、鳥山明、せっかくの名だたるものが愛知と知られていない、活用できていない。

 

勝山?良くも悪くもどこにでもある普通の田舎だよ。一応私鉄は通ってるけど決して交通の便のいいところではないし。個人的には平泉寺白山神社は大好きだが,恐竜博物館と平泉寺白山神社,スキージャム勝山以外に何もない。

 

ハル
ハル

こうしてみるとまだまだその県の魅力をアピールできてない県はたくさんありそうですね。福井や群馬に続いて急上昇させる県がまた現れると良いですね!

 

都道府県魅力度上昇率ランクベスト5のまとめ

今回は都道府県魅力上昇率ランクベスト5をまとめていきました!

完全版はすべての急上昇ランクが掲載していますのでぜひそちらも覗いてみてください!

その県が一丸になることで急上昇するのが秘訣なきがしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました