父子家庭 貧困問題!沖縄県は4人に一人が貧困の衝撃的事実!対策は?

スポンサーリンク

父子家庭 貧困問題が浮き彫りになっています。

今や年々増えている父子家庭ですが沖縄県ではなんと4人に一人が貧困という衝撃的事実があります!

このような父子家庭はなにも沖縄県に限ったことではなく、シングルファザーも増えていますからね。

仕事していると子育てはないがしろになってしまいがち、家でできる仕事なら良いかもしれませんが、そういう仕事は殆どないのが現状ですからね。

この貧困問題の対策などはあるのでしょうか?

今回の記事では父子家庭の貧困問題について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

父子家庭 貧困問題の関連画像やSNS投稿

あれは二次元アニメだからなのかもしれませんね。

支援がないのも問題ですがもっと給料のある仕事をしなければとてもじゃないですが一人でも15万円だときつい気がします。

またこのような人生になったのはもちろん当事者であるこの男性が悪いのです。

国が援助しろだろ!もっと助けろなどと言う前に自分は給料をもっと良くするためになにか努力をしたのか?または転職して給料をあげるための対策をしたのか?

なにかしらの努力も無いのに子供が二人いて生活が大変とか変だと思いますよ。

なら最初から子供を作らなければいけないわけで自分がまいた種ですから自業自得だとは僕は思います。

国の援助よりも先にどうすればこの生活をもっと豊かにできるか?もっと考えて行動していかななければ今の生活は何も変わらないと思います。

 

スポンサーリンク



 

 

父子家庭 貧困問題の詳細

 

 沖縄県が14日公表した3年ぶり2回目の小中学生調査。見えてきたのは、困窮層ほど親が働き詰めで子どもとの触れ合いが少なく、必要な支援が行き渡っていない実態だ。「子どもの貧困対策元年」と位置付けた2016年以降、物的・人的支援で一定の前進があったが、依然として経済的に厳しい家庭が多く「この先どうなるか分からない」「子育てが苦しい」といった切実な声が聞こえてくる。

■頼れる親族もなく

本島南部の男性(39)は、1人で中学1年の息子と小学4年の娘を育てる。塗装の仕事で得られる収入は不安定で、少ない時は手取り15万円ほど。生活費に加え、子どもたちが部活動や塾通いを始めたため、金銭的な不安は尽きない。頼れる親族もなく、家事育児を1人で担う。県の小中学生調査で示された困窮層の厳しい実情と重なる部分が少なくない。

休みは日曜日だけ。

体調の不安は軽減したものの、経済的、精神的にぎりぎりの暮らしは続く。最も不安なのは、不安定な収入で「この先どうなるか分からないこと」。週6日働くが、児童扶養手当などを合わせても、貯金はほとんどできない。部活や入塾の希望もかなえてきたが、「高校進学などを考えると、今のままでは厳しい。転職を考えている」と打ち明ける。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00432975-okinawat-oki

 

うーんなんだか国が何もしていないのが悪いように書かれていますが、この男性にもたくさんダメな部分はあると思います。

こうなるまえにもっと早く転職すればよかったと思いますし、持病の手術だって早く受ければここまで貧困になっていないとおもいます。

そしてなにより地域と密接に関わらなかったことで誰も頼らずに生きてきたことが逆に自分自信の首を締めてしまったのでしょう。

 

やはり貧困問題をなくしていくためには周りに援助を求めることやどんな支援をしている会社や団体があるのかを調べることもとても重要なことだと思いますね。

 

子供が大変な状況になるくらいなら子供を育ている資格なんてありませんからね。

 

スポンサーリンク



 

 

父子家庭 貧困問題を知ったネットの声

確かに厳しい。そして子供に罪はない。
しかし現在そのような家庭をサポートする法制度はあるのだろうか。
子育てが出来ないのに、子を授かる親を無責任だと断罪するのは容易である。
それが結論なのだろうか。そうではないと思いたいが結局はいまのところはそうなのだろう。

毎日必死に頑張ってらっしゃるお父さんに頭が下がります。いい加減なこと言えませんが、とにかく体に気をつけてやっていただきたいです。今すぐ、特効薬が見つかるわけではありませんよね。支援してくださる人や行政に頼って、少しでもいい方向に進んでいきますように。不安は尽きませんよね。私にも解決出来ない事があります、それでも日々、生きていくしかありません……。おそらくお子さんの事もあり、他の地域に移る事や転職をためらっているのでしょう。わかります。子供にとって転校は負担になりますからね。とにかく、本当にしんどい時は周りにSOS出してください。

 

「お金がない」というのは、そういうことなのです。
色々なことを犠牲にしていかなくてはならないのです。
それを理解して、これまで「お金」をためたり、「働き方」を考えてきたのでしょうかね?
勿論、ご本人の責任でどうこうできるものではなかったのかもしれないですが、それなりに若い時分に遊びほうけていて…仕事も適当で…子供ができてやる気はだしたが、もうどうしようもなくて…ならば、本人の責任しかないと思います。
多くの社会人は、死に物狂いで働いて、家族をやしなっていますので。

 

 

 

父子家庭 貧困問題のまとめ

今回は父子家庭の貧困問題についてまとめていきました。

結局その人の責任になってしまうのが現状なのでしょうね。

子供を養うためにもお金をしっかり稼がなければいけません。

自分の力でどうしようもないなら周りの支援を活用しないと子供が可愛そうですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました