スポンサーリンク

スガシカオ 人生観がヤバイ!才能の無さに打ち勝つ気付きとは?

スガシカオ 人生観を語る特集がヤフーで掲載されました!

彼自身が遅咲きの30歳のデビューですがその意味は彼が思っていた才能の無さによるものだったのでしょうか?

そしてそれに打ち勝った気付きや溺れてももがかない事を語っているのでフォーカスを当てたいと思います!

今回の記事ではスガシカオの人生観にまつわる詳細などを詳しくまとめてお伝えしていきます!

スポンサーリンク

スガシカオ 人生観の関連Twitter投稿

スガシカオ 人生観の詳細

社会人生活を経て、30歳で遅咲きのデビューを果たしたスガ シカオ(52)。それから間もなく、初めて作詞のみを手掛けたのがSMAPの「夜空ノムコウ」だった。20年以上、音楽一筋で生き、難聴や所属事務所からの独立など、苦境も“サバイブ”してきた。今も一人、スタジオにこもって曲を作り、曲ができないときには「デビュー前と同じかそれ以下まで落ち込む」。業界の変化やスランプを、どう乗り越えてきたのか。

デビューは30歳の時。社会人生活を経ての遅咲きだった。

「デビューが遅かったのは自己防衛していたから。才能もないのに、無理して頑張って傷付きたくなかったし、貧乏になって親に迷惑掛けるのも怖かった。実際、若い頃は才能なんてないと思っていたし。友だちにはプータローをやりながらプロを目指していたやつもいたけど、『いや、俺はいいわ』という感じだった」

だが、1997年にシングル「ヒットチャートをかけぬけろ」でメジャーデビューを果たす。

「なぜかあの時、根拠のない自信があったんだよね。30歳を迎える前に、一念発起した。根拠のない自信でもないと、人って案外と動けないものなんですよ。俺、会社をやめた時、曲が4曲しかなかったんです。よくデビューしましたよね(笑)」

独立独歩、音楽一筋。今は「溺れてももがかない」

「俺は音楽を職業としては捉えていないんです」とスガは言う。

「だって書きたいことがあって、好きでやっているんだから。アーティストがやりたくない仕事をやらなきゃならないのはおかしな話だし、俺が付き合っているアーティストの友だちも、やっぱり音楽を職業と捉えていないやつばかりです。『食べていくために』『長く続けるために』とか言い出した時点で、いい歌なんて歌えなくなりそうだし。書きたい曲を書いて、それを聴いてくれる人がいなくなったら、いつでもインディーズに戻る。それぐらいの覚悟がなかったら、アーティストなんてやらないほうがいいと思う」

そして52歳の今、一つ気付いたことがある。

「本当につらいときって、『溺れてももがかないこと』が大事なんじゃないかなって。溺れているときって、経験値がないと必死でもがくんですよ。そうすると体力を消耗して、かえって沈んでしまい、上も下も分からなくなってしまう。でも、もがかなければ、体は自然に上へ上へと上がっていく。何カ月でも、もがかずに、どこまでも耐えること。俺が言えるただ一つのことですね」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/feature/1299

本当にかっこいいですよね!

自分に才能が無いと自己防衛するかのようにそれまではあきらめていたような感じですが、そこから根拠のない自身でヒットチャートをかけぬけろでメジャーデビューするとはすごいですね!

また音楽を仕事と捉えずに書きたいかた好き曲を弾きたいからやっている。

この言葉にとてもハッとさせられましたね。

自分自身の仕事も仕事だからと割り切らずに何を生み出せるか?誰に対して何を分け与えることができるのか?など考えて行くとより仕事などが楽しくなるような気がしますね!

スガシカオさんの今まで行きてきた足跡を感じる事ができて自分もなにかやってやろうという気持ちにさえしてくれたことに感謝します。

みなさんもスガシカオさんの人生観を知って何を感じたでしょうか?

 

スガシカオ 人生観を知ったネットの声

 

最初面白いな、興味深いなって思ってさらっとみていたけれど、いろんな現代が含まれてる気がしました… コンビニって言うシチュエーションが身近で、入り込みやすかったです! 曲の輪郭がくっきりして見えた気がします!カッコいい アルバム、ツアー楽しみです!

 

急性低音障害型感音難聴になってから突発性難聴など耳の病気を患いながら音楽活動をしているアーティストを凄いと思った。 申し訳ないけど浜崎あゆみは好きではなかったのだけど、自分が耳を患った後に彼女の症状を聞きとても尊敬するようになった。 加えて好きなスガシカオもそうだとは知らなかった

慣れも大事です。私は、先輩のシンガーソングライター、スガシカオさんも同じ病気で、一時期大変だったとお聞きしたので、そして、状態によっては、少しは回復すると言っていたので、折れても、気持ちだけは諦めなかったから、今があるのだと思います。

 

つい最近も「病気ビジネスって言われるのが嫌だから」と難聴の件をメルマガに留めたスガシカオ。 同じ理由で父の死にまつわる苦労を公に発信してこなかったのだろう。 でも,メルマガでファンには伝えたって気持ちはわかる。僕,同世代なもんで…そういった話って誰かに聞いて欲しいんですよ。

 

スガシカオ難聴になってから耳鳴りが詞に出てくるようになったんだけど ミュージシャンてやっぱ耳とか(歌う人は)喉とか酷使するところに病気が出やすいみたいで、ミュージシャンの友達の友達もやっぱ難聴になったんだって

 

スガシカオさんのありがたいお言葉身にしみますね。彼は病気でもあるのに戦って30歳のデビューで大成功を収めたけどこんなことを考えて行きていたと思うと本当にすごい人。前以上に尊敬しちゃいますね。

ハル
ハル

スガシカオさんの人生観が詰まった勾玉の言葉。本当に僕たち現代人の後押ししてくれるような素敵な言葉をたくさん話して伝えていますね。夜空ノムコウ久しぶりに聴きたくなりました。

スガシカオ 人生観のまとめ

今回はスガシカオさんの人生観についてまとめていきました!

彼自身の言葉一つ一つが今の大成功を収めた結果なのだと思うと本当にすごい人です。

あなたもぜひスガシカオさんの人生観についての特集記事を読んでみてください!

きっとあなたの人生にプラスになるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました