スポンサーリンク

平成駆け込み婚 急増の理由は?平成生まれは平成にこだわる傾向!

平成駆け込み婚 急増の理由はなんなのでしょうか?

どうやら平成が終わりになるまえに結婚しようとする人達がたくさんいるみたいですよ!

どうやらその理由の一つとして平成生まれは平成にこだわる傾向があるみたいです!

まあ確かに自分が生まれた元号ってなんだか愛着がありますよね。

今回の記事では平成駆け込み婚の急増理由について詳しくまとめてお伝えしていきます!

 

スポンサーリンク

平成駆け込み婚 急増の詳細

平成愛する平成生まれ 「令和」前の“駆け込み婚”が急増

 新年号「令和」が発表され、改元まで残り1か月を切る中、「平成のうちに結婚式を挙げたい」という“平成駆け込み婚”が盛況だ。一方で、令和元年婚を目指す人向けの挙式プランも全国各地で続々登場している。改元を節目に幸せになりたい人たちと、商戦を盛り上げたいブライダル業界。それぞれの結婚式事情を追った。(樋口 智城)

東京・港区の「東京タワーから一番近い」が売りの結婚式場「ザ・プレイス・オブ・トウキョウ」は昨年6月、他社に先駆けて先着10組限定の「平成駆け込み婚プラン」を始めた。値段は招待客50人規模で約186万円と通常よりリーズナブル。さらに、ウェディングドレスとタキシードを各1着ずつ、計25万8000円相当をプレゼントする。鈴木大輔総支配人は「平成が終わるのをきっかけに、結婚式のあり方にもいろいろ注目が集まった。いろいろなプランを提示できればと思った」と説明する。

同式場では、5月以降に挙式する予定だったカップルのうち15組が、4月に前倒しして平成中の結婚式を予約。4月全体では90組が挙式の予定だが、約17%が「前倒し組」だった。3月の挙式件数も前年比23%もアップ。鈴木総支配人は「全体的には、平成間際の結婚は増えている」と話す。

駆け込み婚が増えた大きな要因は「平成生まれは平成にこだわる」という傾向。同式場の「前倒し15組」のうち、ほぼ全組が新郎・新婦とも平成生まれだった。婚活総合サービスIBJが20~49歳の男女1526人に行った調査によると、「すぐにでも結婚したい」男女の中で「平成駆け込み婚に期待する」と答えた人は約40%に上った。

3月初旬に同式場で結婚式を挙げた平成生まれの会社員・奥平直之さん(27)は「普段はあまり気にしてなかったんですけど、いざ結婚となると意識はしましたね」と心理を説明する。第1子となる男の子が今夏に誕生する予定で「子供は令和ベビーになるのが分かってるから、なおさら平成生まれの自分たちは平成のうちにいろいろ片づけたかった」。平成という時代に自身の歴史の転換点を刻みつけたい。「仲間内では、平成のうちに結婚できなかったことを『平成ジャンプしちゃった』とか言ってます」。今は子供に「平成の最後に結婚したんだよー」と言うのが楽しみなのだという。

日本人男女の平均結婚年齢は29・4歳。平成初期生まれの世代がちょうど適齢期なのも大きい。ならば、それより上の昭和生まれはどうなのか。

引用元;https://headlines.yahoo.co.jp/

平成生まれがこだわる理由はやはり子供が生まれたときに平成が終わるときに結婚したと言えることやちょっとした平成に生まれた見栄なのかもしれません。

しかし結婚というのは駆け込んでするものでは無く一緒にいたい人と結婚したいと思ったときにするのが普通だと思います。

元号に振り回せられるようでは、結婚生活もうまく行かない気もしますよねww

元号がかわるのきっかけにするのは良いかもしれないですが、駆け込んでまで急いで結婚する必要は無いですね。

それよりも長く結婚生活が続く人と結婚できるのかが大事ですね。

 

平成駆け込み婚 急増の関連画像

Twitter / ?

ちょっと騒ぎすぎている印象も見受けられますが、令和も素敵な元号だと思いますけどね。

 

スポンサーリンク



 

平成駆け込み婚 急増の理由を知ったネットの声

今年結婚式挙げた者です。
結婚式の主役は新郎新婦ですが、ゲストの事を一番に考えてあげてください。
曜日だったり交通の便だったり、お料理だったり。
2人だけで挙げるなら駆け込んでも迷惑かかりませんが、ゲストを呼ぶのであれば、綺麗に身支度をしてわざわざ足を運び、ご祝儀をいただいているので、楽しく過ごしていただくようにしなくてはね。
ゲストを一番に考えてない新郎新婦が一番な結婚式に出席しましたが
正直退屈です。
結婚したのは素敵な事なので嬉しいですが。
そもそも諸事情がなければ結婚式は急ぎすぎないほうがよいかと。準備やゲストの都合、仕事の都合もあるかと思いますし。これからの結婚生活の方が長いのですからね。

 

勢いで結婚して離婚しなきゃ良いけどね(笑)
物事を決断する時には勢いやきっかけは必要だと思いますが、事結婚に関しては違う感じがしますがね。
これから一生付いて回る問題を勢いで決めるのはどうかと?
大事なのはお互いの気持ちと相性だし、今や二組に一組が離婚する、日本は離婚大国に成り下がっていますから決断は慎重にした方が良いと思います!

 

衣裳プレゼントされても使いようが無い!
流行りで結婚したって別れる率の方が多い
あまりにもくだらなすぎる
子供作ればかなり大変だと思う給料上がらない税上がり手元に残るのは少ない
お金がなかなか貯まらない世の中で不満爆発で口喧嘩の末離婚になるのがオチだ

 

新しい元号で結婚、でいいじゃん。結婚式は仕事で忙しい中で2人で話し合い、親にも確認とって、のんびりな親なら自分が率先して親戚にも根回しして・・・結婚準備で険悪になるカップルもいるのに、時間もないんじゃ良くないと思う。
それに親が何と言っても結婚は急がなくていいと思うけど。住民票婚のような、法律婚と同棲の間くらいの方法もあるんだし。

 

年号変わるから結婚をすぐにするのもなんか微妙だ。
結婚生活どうなるなんて考えすぎも良くないし、してみないとわからない。
その為に付き合うのだから躊躇うのなら本当に結婚したい相手ではないのだろう。

 

 

やっぱり駆け込みで結婚て言葉も悪いですし、自分の大事なタイミングを見極めてするのが良いですね。

平成駆け込み婚 急増のまとめ

今回は平成駆け込み婚急増の理由などについてまとめていきました!

 

急増しているのもなんだかおかしな話ですが、きっと結婚を先延ばしにしていた人で元号をきっかけに結婚を決めたとかならいいとは思いますが、くれぐれも令和になったら離婚率の急増とはやめてほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました