象印ボトル タイ人気の理由は?象印が成功した3つの秘密!

スポンサーリンク
象印ボトル タイで人気みたいですね!!いったいなぜなのでしょうか??
タイで働く女性オフィスワーカーに売れているらしくどうやらタイのオフィスでは冷房がガンガンにきいているらしく寒すぎるために暖かい飲み物入れて使う人が急増しているのが一番の人気の理由ですね!!
このようにマーケティングがしっかりしている象印が成功した3つの秘密も合わせてお伝えしていきます!!
スポンサーリンク

象印ボトル タイ人気の詳細

給料日に合わせて、ビルの1Fに小さなキオスク(ブース)を設置。そこにスタッフを貼り付けて販売を行った。といっても単に売っただけではない。タイ人が大好きな「お得感」を打ち出すために、「今日、買ったら正価の50%オフ」といったPOPを展示し、ステンレスボトルの色と合わせた傘やコースターといったギフトも提供している。

すると、出勤前の朝と退社後の夕方、面白いようにステンレスボトルが売れていく。ターゲット層、場所、タイミング、訴求内容。全てがうまくかみ合った結果である。

主要なオフィスビルでの販売が一巡すると、2016~2017年にかけてはBTS(高架電車)の駅に直結したショッピングモールでのイベント開催にも踏み切った。サイアムスクエア、ターミナル21、エムクオーティエ、ゲートウェイエカマイ。いずれもバンコクを代表する巨大な商業施設だ。

「1週間限定でポップアップショップを開きました。反応は良かったですね。タイ人にはどのように見せるのかという『見せ方』が非常に大事なので、ユーザーの8割を占める女性にファッショブルだと感じてもらえるようなカラフルなボトルをそろえました」

タイ人は赤やピンク、黄緑といったカラフルな色に目がない。カラーリングもマーケティングの重要な要素なのだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

これは完全に象印のマーケティングで勝ち取った人気かと思いますね!

やはりタイではまだステンレスボトルは物価が安いので給料も安く子供などには売れない。

よって着眼点を変えてお金もある程度持っているオフィスで働く女性をターゲットする。

これだけで全然売れ行きが変わるのはわかりますし、しっかりと日本とは違うタイの社会や経済を理解した上で販売したのが功を奏したのでしょうね!

さすがですね!!象印サン!!

 

象印ボトル 成功した3つの秘密

象印の成功の秘密は

  • ローカルスタッフからぽんぽんと意見が飛び出す自由闊達な環境
  • 出た意見に素直に耳を傾けるマネジメント層の姿勢
  • 勝機のありそうなアイデアをスピーディに実践していく行動力

この3つを用いたことで象印はタイで大成功を収めたのでしょう!!

やはりビジネスをやる上で現地の人のローカルな情報やすばやい行動力と誰の意見でも耳を傾ける素直さなどは超重要であることがわかりますね。

 

スポンサーリンク



 

象印ボトル タイ人気に関する画像や動画

Twitter

象印ボトル タイ人気を知ったネットの声

・やっぱり日本の水筒はそんなに良いのだろうか…会社にやってくるタイ・インドネシア・ベトナム辺りの人たちが帰国の際にみんな2〜3個水筒を買って帰る…よって帰国時のプレゼントにする事が増えた…あと折り畳み傘も好評…

・中南米旅行した友達が向こうの人たちはマテ茶を飲むために1リッター入るでかい魔法瓶持ってる人が多いて言ってた。象印はこれからも販売経路を拡大できそうですね。

・効き過ぎのエアコンどうにかしようぜ

・数年前は中国の会社員の間でも人気でした。
旅行に来ては家族分とお土産に10本近く買い込んだり、出張に来る日本人ビジネスマンに頼んで買ってきてもらったりしてました。
中国出張の夫は一時期、渡航するたびに数本買って持って言ってました。
品質が全然違うらしいです。

売り上げをあげるための販売プロセスが流石だなと思います

・今日ニュースで、タイの公園で泥沼にハマった子供ばかりの象の救出劇を見ました!
公園の監視員達が、坂道を作って象を助け出しました。先頭の象が滑りそうになると、後ろの象が押すようにも見えました。

・タイの国にとって、象は神聖な生き物で崇められているそうですした。自社の製品特性を十分に理解し、販売エリアの状況をきちんとリサーチ、そこに最適な商品とイベントを投入する。
記事をみていると売るための段取りに美しいさを感じました。
なかなかここまでこなせる企業って少ないんじゃないかな。

・象印はタイでは有名ですね。像はタイでは神様の贈り物ですから、この会社が受けるのは良く分ります。そこのタイの主食が日本と同じお米なので尚更ですね。当然それに関連する商品も像に肖られて売れるでしょう。

・象印の「象」がサーモスより上回るんだろなぁ…
タイで象に乗ると、普通の道路の路肩とかを普通に歩くからね!
象の馴染みの深さはすごいしね!

 

象印ボトル タイ人気のまとめ

今回は象印ボトルのタイ人気の秘密や理由をまとめていきました!!

日本と同じ売り方をせずにしっかりとマネジメントやマーケティングを用いたことで現地のローカルな情報も取り入れてすばやい行動力などが成功に導いたみたいですね!!

 

今後さらなる世界拡大が楽しみですね!

そのうちステンレスボトルはZOUJIRUSIと言われる日も近いかもしれません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました