スポンサーリンク

ホンダF1 最高速記録とは?パワーユニットの大幅強化で3位に入賞!

芸能
スポンサーリンク

ホンダF1 最高速記録とは?パワーユニットの大幅強化で3位に入賞!

ホンダF1 最高速記録が話題です!!

 

どうやら本田のパワーユニットなどの大幅強化で今回3位に入賞したそうですね!!

これからさらなる順位の飛躍に期待が上がっています!

 

ライバルチームのメルセデスにも前期とはまったく違う走りだ!

と言わしめるくらいのパワーアップをしたとのことですからこれは期待しかありませんね!

今回の記事でホンダF1の最高速記録の詳細や世間の反響を詳しくまとめてお伝えしていきます!

この記事もよく読まれています!

F1マシン 公道疾走の理由は?デモランでファンを魅了!
F1マシン 公道疾走の理由は?デモランでファンを魅了!について詳しくお伝えしていきますね!

ホンダF1 最高速記録の詳細

日曜日に行われた2019年のF1開幕戦オーストラリアGP。今季からホンダのパワーユニットを積むレッドブルマックス・フェルスタッペンは、4番グリッドからスタートして3位でフィニッシュした。表彰台獲得である。

ホンダにとってこの表彰台は、2008年のイギリスGP以来11年ぶり、2015年にF1に復帰して以来初めての表彰台となった。

今季のホンダのパワーユニットについては、各方面から「大きく前進した」との声が聞かれた、フェルスタッペンをはじめとしたレッドブルのチーム関係者はもちろん、ライバルチームであるメルセデスのトト・ウルフ代表にも、予選後に「以前のレッドブルとはまるで違う」とまで言わしめた。

パワーユニットの出力が向上がもっとも顕著に現れるのは、もちろん最高速である。このデータを見ると、ホンダのPUがパワーアップしていることが示唆されている。オーストラリアGP決勝での最高速計測地点、4箇所全てで、ホンダのパワーユニットを搭載したマシンに乗ったドライバーが、最高速を記録しているのだ。しかも、全ての計測地点の2位のドライバーも、ホンダのパワーユニットを搭載したマシンに乗っていた。

当然DRSを使っていたか否か、そしてマシンのダウンフォースレベルがどうだったか……そういった要素も、最高速を決定するのに大きく左右する。ガスリーはクビアトを、クビアトはストロールを、そしてフェルスタッペンはハミルトンやベッテルを追いかけ、DRSを使える回数が多かったはずだ。当然、記録上の最高速は速くなる。とはいえ、他にも同様のドライバーがいた中で、これほどまでホンダPU搭載マシンが上位を占めたということは……確かにそのパワーが向上傾向にあることは間違いないようだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

2008年のイギリスGP以来実に11年ぶりの表彰台!

これは嬉しいですね!!ホンダのパワーユニットがどれだけすごいのか知らしめた大会でしたね!

トロロッソの協力体制がうまくバチッとはまっている証拠です!

これからのGPの走りでどう結果を残せるかが楽しみでしょうがありません!!

 

次こそは優勝も狙えるような気がしますのでぜひホンダの優勝を見せてほしいです!

ホンダF1 最高速記録のニュースを知った世間の反響

30代女性

ドライバーが、「戦える。気持ちがいい。」と思っているのが1番でしょう。
テスト走行でも大きく壊れなかったし。

これで、他のチームもちょっとしたミスをすれば、順位が入れ替わるのを恐れてレースを運ばなければならないようになりました。

楽しくなって来たんじゃないですか。

 

 

40 代女性
PUだけではどうにもならないのは現在のウイリアムズや昔でいえばロータスホンダを見れば明らか。やはり車自体の性能が素晴らしいのでしょう。とはいえフェラーリやメルセデスと互角の性能と信頼性は証明されましたね。

 

男性30代
総合力でまだメルセデスの牙城は崩せないけど、各チームが僅差に迫った事は確か。マシンの良さだけでなくドライバーの腕を生かしたバトルも観たいし、F1はこうでないと。どのチームも必死で開発する中、短期間で戦闘力を上げたホンダの努力は賞賛されるべき。残るは開幕戦良いところがなかったルノー勢が持ち直して面白くしてくれると良いな。RB 出ちゃったリカルドが涙目だもん。

 

50代男性

この結果は、純粋に良いものだと思います。
これまでのレッドブルは非力なルノーエンジンでいかにダウンフォースを取り、コーナー全ての速度を高めるのかという開発方針だった。その方向性は、まだ残っているなかでの最高速の記録なので、素直に喜べるでしょう。もちろん、レッドブルの車体がタイヤに優しいという要素もありますが。
と言っても、まだメルセデスはもっと前にいるので、さらなるパワーアップを強力に推進するしかないですね。少ししたら、ニューエイがエンジンパワーを効果的に使う車体を作ってくれるでしょうから、そこからがメルセデスとの勝負でしょう。

20代男性

偶然で、こんな結果にはならないでしょ。
メルボルンのサーキットは特殊だし、マシン設定の違いがあるとは言え、ホンダエンジンがパワーアップしてるのは間違いない。
各ドライバーのオンボードの映像での、エンジンサウンドが、非常に良く聞こえたし、4台が全て問題なく完走してる。間違い無く、良くなってる。

 

 

 

40代男性

昨年体制を一新して厳しいF1の世界で戦える体制になった。
ただ、今回結果が出たと行っても4台出て、フェルスタッペンだけだ。
シーズンは開始したばかり、次は高温環境での性能が試される。
大幅にレベルアップしたと思うが、本当に戦えるようになったかどうかは、5,6戦走って結果が出ないと評価できないと思う。
今年は優勝を目指してほしい。

 

 

20代男性

昨日の結果を見ると、枕との数年はシャシー開発がショボかったという事が全世界に知れ渡ったのだとおもう。
ニューイはやっぱ凄い人だよ。
でもシャシーだけが良くても早くは走れない。
逆にPUだけ良くてもダメ。
どっちらも上手くかみ合って初めて早く走れるんだと実感した。
枕は相変わらずポイント圏外に沈んでるしw
ホント今シーズンが楽しみになりました。

 

ハル
いやこれは盛り上がらないわけがない展開で激熱ですね!!これからの勝負が楽しみです!

ホンダF1 最高速記録のまとめ

今回の記事ではホンダF1の最高速記録についてまとめていきました!

 

ポイントを踏まえますと

・レッドブルマックス・フェルスタッペンは、4番グリッドからスタートして3位でフィニッシュした。表彰台獲得である。

・ ホンダにとってこの表彰台は、2008年のイギリスGP以来11年ぶり、2015年にF1に復帰して以来初めての表彰台となった。

・世間の反響は偶然ではなく実力や機体パワーアップによるものや絶対に今年は優勝してほしいと熱いコメントが寄せられていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました