スポンサーリンク

電話に出ない 言い分!20代は電話よりメール派!40代の意見は?

ニュース
スポンサーリンク

電話に出ない 言い分!20代は電話よりメール派!40代の意見は?

 

電話に出ない 言い分とは?最近の10〜20代は電話よりメール派が断然に多いとのことで

普通の電話をしても電話を出ないであとでラインなどでやりとりをしようとする若者が多いみたいですね。

どうやら電話は煩わしさや時間の無駄などという人が多くいることが影響しているらしいですね。

40代の意見などはどうなっているのでしょうか?

今回の記事ではその電話の言い分の詳細や世間の反響などを詳しくまとめてお伝えしていきたいと思います。

電話に出ない 言い分の詳細

LINEを始めとしたコミュニケーションツールが発達し、今やほとんどの人がスマホを持つ時代になりました。

一昔前の「携帯電話」という概念が失われつつあり、現代の若者の間では、「電話派」よりも「メール派」へと変遷を遂げているようです。

世の中の大人はあまり気になっていない?

 また、「若者に電話に出てほしい」「電話に出なくても良い」「どちらでも良い」の3択でアンケートをとったところ、「電話に出てほしい」と答えた割合が27%、「電話に出なくても良い」が17%、「どちらでも良い」が56%という結果に。

今回話を聞いた2人は、電話に出ない20代に苦言を呈していましたが、世の中の大人はあまり気になっていないのが実情のよう。

電話に出てほしい人の気持ちも、出たくないという人の気持ちもよく分かりますが、双方またはどちらかが譲歩しない限り、問題は解決しないのかもしれません。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

うーん意外と40代の人達は納得している部分や何も感じていない人が多いみたいですね!

確かにメールだとニュアンス伝えづらかったり、レスポンスがどんどんと進まないから正直契約の話とか重要な話は電話のほうが絶対にいいですよね!

それこそメールでやり取りするほうがよっぽど時間の無駄ですし、

時間を奪われると言われたって、、その奪われた時間で何を生み出すものでも無いのが今のほとんど若者ですから、きっとSNSの普及なので口下手な人が増えて、あまり電話をしたくない人が多くなったのも関係は絶対にしているでしょうね。

簡単な用件ならLINEで良いと思いますが、その場にいたり、電話で話したほうが良い重要な内容や案件はメールはやめたほうが良いと個人的には感じますね。

結局は早く連絡がほしいときは電話、簡単な要件はメールって感じで使いワケれる20代が増えてくれると嬉しいですね。

でなければ今後の日本の未来はオワタだと思いますww

電話に出ない 言い分に関するTwitter投稿

電話に出ない 言い分の関連動画

この克服法は面白いですし効果がありそうですね!

確かに緊張してしまうためあまり電話は出たくないんでしょうね。

 

電話に出ない 言い分の世間の反響

好意的な意見

40 代女性
電話相手の時間を奪うものと言う認識だと、 仕事中に、仕事の話すらできなくなる。 特に何往復かするやり取り電話の方が圧倒的に早く、 お互いに短い時間で済む。

 

20代Ol

LINEは便利な反面、正確に伝わりにくい。なにかと面倒くさがる若者、他人の気持ちを考えるより自分の都合を主張する。LINEでもメールでもいいから気持ちをしっかり伝えることをしてほしい。

 

50代女性

電話でないと困ることもあるので電話してるのだが、若い子出ないなぁ。
ただ、後からラインやメールを確認しても遅いから電話してるんだけどね。そうでもない用事の時は連絡はメールで送ってます。
堀江さんが電話を嫌うのは堀江さんだからであって、それでちゃんと仕事は回るし逆にみんなが電話してきたらとても対応しきれないからだと思いますけどね。
誤送信も含めて、メールだと困ることもあります。今すぐ引き返してくれ!とか、そういう連絡の必要性を理解してくれる若い子もちゃんといて、最近概ね電話の時は緊急かな?と判断してくれるようになりましたけど。

 

 

50代男性

50代、開発、設計関係ですが電話には出ない方です。
基本的に自分で管理する仕事なので、仕事が捗っている時は他の用件を入れたくないので電話は出ません。
緊急ならば留守電に残すだろうし、それを聞いて優先順位を決めて折り電します。
社内的にもメールでのやり取りを推奨しています。
記録に残す事でトラブルの際に言った言わないという事がなくなります。
この辺は職種にもよると思うので若者は電話に出ないと一まとめにして語る事ではないでしょう。

一方で、電話魔といえるほど電話をかける人も居ます。
自分で調べれば分かるような事もすぐに電話で問い合わせて来ます。
しかも、一度教えたことを何度も聞いてくるのもこのタイプの人の特徴です。
この手の人の方がよっぽど問題。まさに人の時間を食いつぶします。

 

 

30代女性

この問題は、ケースバイケースで、状況に応じて連絡方法を選択するべきと思います。数分の電話くらい出て欲しいと言っても、集中が必要な仕事では電話がかかってくることによって集中力が切れてしまう場合もあるでしょう。そんな時は、キリの良い時に連絡したくなるものだと思います。しかも、マナーモードにする機会が増えると、いちいちマナーモード解除などしなくなるのも電話に出なくなった原因の一つかと思います。

 

 

20代Ol

絶対に電話に出てくれないと契約の問題が生じるのであれば、事前に
「電話が繋がらない場合は他の方に当たっていきます、メールはタイムラグが生じるのでこの件に関しては連絡手段として使用しません」
と明言しておけばいい。そういう理由があるのなら受け手側も必ず出る。
休日に仕事の事で連絡をするのであればメールをしたうえで緊急であれば電話を追加する方がいいと思う。

 

ハル
やはり多くの方が納得している反面年齢は関係ないと思っているみたいですね。これだけLINEなどの普及から見てもメールが楽だから緊張しないとかの理由があるかなんでしょうね。

否定的な意見

50代男性
言い分もへったくれもないやろ! メールだと埋もれてなかなかみてくれないわけさ。 メール+電話が最も丁寧で、効率的だと思う。
40代男性
社会が自分を中心に回っていると考える自己中。いくら世の中の価値観が変わっても、それを正当化するのは違う。たぶん自己中同士は絶対関わらないはず。
40代男性
電話が優先ではないというのは原則としてある。目の前のお客様、自分が今やっている仕事を中断してまで電話の内容を優先する必要はない。相手も「今 手が空いてますか?」と確認をするだろうし、リアルタイムで話がしたいならば、何時ごろというアポをとって電話で応じるのが当たり前。電話しかない昭和50年代(昭和50年中ごろにFAXが誕生するまで電話、電報 テレックスぐらいしかなかった。媒体はまだ紙テープとか磁気テープとか)までなら仕方がないが何でももかんでも電話が優先されるというやり方は今の時代どうかと思う。選択するツールがあるならば上手に使う。ただ、まったく電話を使わないビジネスはありえない。
ハル
たしかにありえないとは思います!仕事ならちゃんと電話くらい出てほしいですよね。

電話に出ない 言い分のまとめ

今回の記事を簡単にまとめていきますと・・・

世の中の大人はあまり気になっていない?

 また、「若者に電話に出てほしい」「電話に出なくても良い」「どちらでも良い」の3択でアンケートをとったところ、「電話に出てほしい」と答えた割合が27%、「電話に出なくても良い」が17%、「どちらでも良い」が56%という結果になった。

 

どちらかだけを使うのではなくうまく使い分けることが大切なのが皆さんのコメントなどで多く出ていました。

確かにケースバイケースだと思いますのでしっかりと判断を見極めて使い分ければ人生はもっと有意義に送れそうな気がしますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました