ピアス離れ 増加理由は何?体に負担をかけないため?世間の反応は?

スポンサーリンク

ピアス離れ 増加理由は何何なのでしょうか?

昔はピアスをつけるために空けることが多かったのですが、やはり時代の移り変わりなのでしょう?

最近は体に負担をかけないためなども言われているようです。

この件に関して世間の反応はどういったものなのでしょうか?

今回の記事ではピアス離れの増加理由について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ピアス離れ 増加理由の関連画像やツイート

確かに就活にとってピアスはいらないものですからね。

耳に穴をあけなくても使えるものが増えているのですからピアス離れが増えるのも納得です。

イヤリングも年々進化してしているみたいですね。

 

スポンサーリンク



 

ピアス離れ 増加理由は何?

いよいよ夏本番、髪をアップにしたい季節がやってきた。顔まわりを華やかに彩るのは、耳元に輝くピアス……。いや、実はここ最近、「耳まわり」に異変が起きているのだ。20代を中心に、ピアス穴を「開けない」若者が増えているという。

「30代中盤から40代のお客様は比較的、ピアスホールを開けておられる方が多いです。20代のお客様は最近、ノンホール派が多いように感じます」

こう語るのは新宿婦人雑貨営業部 アクセサリー アシスタントマーチャンダイザーの奈良優子さん。ファッションに関心の高い伊勢丹新宿店の社員の中でも、実際ノンホール派は少なくないという。

ピアスホールを開けた理由として、「ピアスの方がデザインのバリエーションが多いから」という人も多いだろう。数年前まで、それくらいノンホール派のためのイヤリングの種類は少なかった。そもそもイヤーアクセサリーと言えば全てピアス、という店も少なくなかった。ここ最近になって、イヤリングも展開する店が増えてきたのだ。

奈良さんによると、ノンホール派も楽しめるイヤリング人気を牽引したのは、「イヤーカフ」ではないかという。耳たぶより上の部分にクリップのように引っ掛けるように着用する形のアクセサリーだ。

「洗練された印象を与え、着ける位置も自在なのでレイヤード(重ね付け)が楽しめるのも人気の要因。鏡を見てピアス穴を確認しながら装着する必要はなく、片手で気軽に着用できる点も、現代の忙しい女性のライフスタイルに合っているように感じます」

手軽さとオシャレさが魅力だというイヤーカフ。この1、2年のうちにみるみる火がつき、イヤリング人気に繋がった。ピアスとの重ね付けを楽しむ人も。

ファッション界に「ストレスフリー」の潮流

なぜノンホールなのか。そこにはファッション業界全体に、ここ数年通底する「ストレスフリー」の潮流が影響しているのではないかという。

例えば身体のラインが出過ぎず、ストレッチやゴムが効いた、体に無理をかけない服。ハイヒールではなく、ローヒールや「ペタンコ」の歩きやすいパンプスやスニーカーもオシャレだという傾向。多様な性のあり方を反映したジェンダーレスの流れも影響しているのかもしれない。

奈良さんはこのように話す。「ピアスホールを開けるのが『当たり前』という概念はなくなってきました。ストレスフリーが叫ばれ、全体的に、ファッションによって体に負担をかけることを避ける傾向にあります。ピアスが当たり前、という既成概念自体が崩れ、多様化しているのかなと思います。もしかしたら衣食住全てにおいて、そういう傾向が言えるのかもしれません」

金属アレルギーになってしまったという奈良さん。ピアスホールはあるが、かゆみや荒れがあまり出ないという意味でもイヤーカフを選ぶことが多いのだという。

パーツを購入し、自身のセンスで自由に作って身に着けたり、販売したりする人も出てきた。もはや好きなデザインがないからと、無理して穴を開ける必要はない。「もともとはピアスしかお作りのなかったデザインがイヤリングでも登場したり、イヤリングに変更できるピアスもあります」と奈良さん。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190728-00028725-forbes-bus_all&p=2

やはり時代の移り変わりにより今は何でもストレスフリーの時代です。

体に負担をかけないものなどが流行ですし、なによりピアス穴を空けなくても使えるイヤリングなどが増えているのだったら空けない人が増えるのは当然ですね。

まだまだ半々くらいみたいですが、きっとこれが8対2くらいになるのかもしれませんね。

まあ空けるのって多少なりのリスクなどもありますから空けないに越したことは無いと思います。

スポンサーリンク



 

ピアス離れ 増加理由を知った世間の反応

何かピアスはOKでイヤリングは駄目っていう職場が以前あったな。未だに何故こういう仕様だったのかは分からないんだけどさ。
それはともかく、オシャレが多様化しているのはいいことだと思う。ピアスはしたいけど、穴は嫌だって層は意外と多いしね。

 

私は開けたい気持ちはあったのですが、怖がりの為、開けられませんでした。イヤリングは本当に数が少なくて、寂しく思っていました。それに、はずれてしまうことも多く、買ったばかりのダイヤのイヤリングを無くした時はショックでしたね。
最近はあまりつけることも少なくなっているのですが、そんな感じにまた増えてるなら、見かけたら買ってみたいと思いました。ピアスを開けられなかった私としたら、ピアスに見えるイヤリングとか興味があります。

 

私はピアス穴開いてますが、本当に最近はイヤリングの種類が増えてるのをお店で見ては、開けない人多くなったのかなぁと思っていました。
開けられない事情があったり、傷をつけるのを良しとしてなかったり…それでもオシャレを楽しめるのは良いことですよね!

 

高校デビュー(笑)で勢いで開けたアラサーですが、私はどちらにせよピアスじゃないとダメな耳たぶです。
亡くなった祖母と母親の真珠のイヤリングを譲り受けましたが、薄くて小さめな私の耳たぶではすぐに外れてしまいます。
失くすのが怖くて結局つけられないままで少し寂しいです…。

 

耳の関係で空けない人などもいるでしょうしピアスが楽な人だっているはずです。まあ自分の好みで空ける空けないは選べばいいとは思いますね。

ピアス離れ 増加理由のまとめ

 

ハル
ハル

今回はピアス離れの増加理由についてまとめていきました。

今はなんでもストレスフリーの時代Wi-Fiもどんどん早くなっていくし、PCだってそうです。スマホも日々進化し、服などのファッションもストレスがないゆったりめが今は流行ですからね。

まあ時代の流れだとは思いますが、空けたい人は空けるでしょうからね。

 

コメント

  1. なつ より:

    『まあ空けるのって多少なりのリスクなどもありますから空けるに越したことは無いと思います。』


    正しくは
    『空け【ない】に越したことは無い』
    ではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました