パプリカ ヒット理由は何?子供たちが歌って踊る?世間の反応は?

スポンサーリンク

パプリカ ヒット理由はいったい何なのでしょうか?

どうやら小学生のユニットFoorinが歌って踊っている影響で子供たちが真似して歌って踊っているそうです!

それにしてもなぜここまで人気が出たのかも気になりますよね。

今回の記事ではパプリカのヒット理由について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

パプリカ ヒット理由の関連画像や動画

まずは米津玄師のパプリカの曲をどうぞ!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=53u2jp3y4as

こちらがフーリンの子どもたちが歌って踊る動画です!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=T0valuAksuo

これはたしかにフーリンが歌うととても歌いやすくて子供でも踊れそうですね!

人気出るのも動画を見てうなずけました!

また今の季節にあっているのも人気に拍車をかけている気がします。

パプリカ ヒット理由の詳細

 いま、小さな子供たちが夢中になっている曲があるんだそうです。それが、小3から中1の男女5人組ユニット「Foorin(フーリン)」が歌う「パプリカ」。

作詞と作曲を米津玄師(28)が手がけ、“2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援する”という「2020応援ソングプロジェクト」として制作されました。ところが、当初の目的を超えて、いま社会現象になりつつあるというのです。

ネットでも、驚きの目撃証言が続出。この曲が流れると、「10ヵ月の息子が泣き止む」とか、「スーパーで知らないこども同士の合唱になった」とか、「1歳児から4歳児が踊りまくってた」など、「パプリカ」旋風はとどまるところを知りません。

当然、これまでにもみんなが口ずさめる曲や、振付けが大流行する曲はありました。しかし、話を聞いていると、「パプリカ」はその両方を満たしているようなのです。一体、どこが魅力なのでしょうか?

 まず、歌やサウンドの面から見ていきましょう。この曲が発売された当時、音楽プロデューサーの近田春夫氏(68)は、こう論じていました。

<展開が案外複雑というか、たとえば転調をしてみせたり、旋律もことのほか要素が多く、俗にいう“凝った作り”である。パッと聴いて子供がすぐに口ずさめるような歌では、必ずしもなかったのである。>(週刊文春2018年9月6日号『近田春夫の考えるヒット』 NHK2020応援ソング『パプリカ』は案外凝ってる より)

確かに、メロディの一節ごとに、予想を裏切る収束の仕方をしていくのが特徴的です。たとえば、曲のタイトルでもある「パプリカ」という単語ひとつとっても、素直に言わせない仕掛けがある。“ぱぷりぃぃ~か”と、こぶしをつけなければ歌えないことで、良い意味でヘンな造語のように響くのですね。

こうした節回しの妙に加えて、転調やカラフルなサウンドが、曲をにぎやかに盛り立てている。多動的な子供たちを飽きさせないアトラクションが満載だといえばよいでしょうか。

しかし、それでも根っこにわらべ歌的な歌心がある点が、米津玄師の強味なのですね。やはり、その歌をうたいたくなるためには、物珍しさだけではダメで、筋の通った情緒が欠かせないからです。

「パプリカ」のダンスは、スピードをゆるめつつも、ほんの少しだけシャッフル(跳ねた)のリズムで味付けすることで、踊りが苦手な子でも、もっさりせず、スタイリッシュにキマる。いまの子供たちにとっては、ラジオ体操みたいな存在になりつつあるのではないでしょうか。

 さて、それらをふまえたうえで、NHK「みんなのうた」で8、9月放送されている米津玄師バージョンの「パプリカ」を聴くと、さらに興味深い視点が浮かんできました。

オリジナルに比べて和テイストなアレンジによって、和音の間を自由に行き来する歌メロに、小唄のようなしなやかさがあることに気づきました。その歌を支えるリズムにも、“えんやとっと”的な、盆踊りの血が騒ぎだす、摺(す)り足の快感が刻まれていました。

ただ流行っているから、子供たちがハマるわけではない。非常に説得力のある、作者ならではのセルフカバーだと、感心してしまいました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190807-00943644-jspa-life&p=2

確かによくできた曲ですし米津さんが歌うのとフーリンが歌う曲はまったく別ものみたいに聞こえるんですよね。

動画を見る限りとっても踊りやすく歌いやすいパプリカブームが巻き起こったのは必然と言えますね。

 

スポンサーリンク



 

パプリカ ヒット理由を知った世間の反応は?

単純に曲が良い。
本人より子供が歌った方が合っている。

米津玄師本人には特に興味はないけど
聞いた時に、良い曲だね、って子供に言った位

素直にそう言える曲。

 

 

いやー爽やかで夏らしさを感じるとっても素敵な曲ですね!

フーリンバージョンはとっても可愛いし夏祭りや日本の曲っぽくていいです!

米津玄師さんの曲も渋さや独特の歌声がまた別の意味で良いですよね。

 

この曲、長い事かけて最終的に大ヒットになるのではと思う。
歌詞がすごくいい。
記事のプロデューサーさんのような詳しい分析はできないけど、分かる人には分かるみたいな隠し味がたくさん散りばめられてるのかな。
素直にいい曲だと思う。そういうのが名曲になる。
米津さんver楽しみにしてたけど、この子供の歌声がまたいいですね。

 

うちの息子(中学)は米津さんは好きなのですが、パプリカの歌と子供のダンスが嫌だと言います。私が小さいころ日本昔話の人間っていいなが嫌いだったのに似てるなとやはり親子だなと思ったのですが、息子や私の子供の頃のようにキラキラしたものが苦手だという人も多分いると思いますが、今大人になってパプリカは本当に良い曲だと思います。うっかり泣きそうになる時もあるぐらい。私達のようなひねくれ者ばかりではなく、こんな情緒のある素敵な歌が流行る日本っていいなと思います。大勢で踊りたくなります。みんなで笑顔になれそうでいいですね。

 

 

パプリカ ヒット理由のまとめ

 

ハル
ハル

今回はパプリカのヒット理由についてまとめていきました。

子どもたちの曲が好きな人もいれば逆に米津玄師さんが歌ったほうが好きとやはりいろいろな意見がありますね!

これは今年一番のヒットの予感がしますね!

紅白も出場するならパプリカな気がします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました