スポンサーリンク

野村萬斎 歩数計 嘆きがウケる!すり足でカウントされない悲劇ww

野村萬斎 歩数計 嘆きが爆笑ですね!

なんと狂言師として舞台に出ているのですがすり足なのでまったく歩数計がカウントされないようです!

舞台中は着けれないですが着けたとしても悲劇ですね。。

世間の反応はどうなのでしょうか?

今回の記事では野村萬斎 歩数計 嘆きの詳細についてお伝えしていきます。

野村萬斎 歩数計 嘆きの詳細

 狂言師の野村萬斎さんが9月17日、都内で行われた、厚生労働省による「スマート・ライフ・プロジェクト2019」活動の一環である「睡眠啓発イベント」に出席しました。

普段から健康に気を付けているという野村さんですが、「ジムには通っていません」とキッパリ。理由について「ジムに通うとジムの動きになってしまう。下半身は中腰になって鍛えますが、上半身は繊細な動きを保つために、適度な柔軟やストレッチをすることが多いです」と明かしました。

普段、ウオーキングは心がけているといいますが、「稽古中や舞台中に歩数計は付けません。付けたとしても、“すり足”をしているのでカウントされない(笑)」と苦笑い。「ケータイの歩数計を見ても、『これっぽっちしか歩いていないのかな』と思いますが、実際、舞台上ではものすごく運動していると思います」と笑いを誘っていました。

「スマート・ライフ・プロジェクト」は、運動、食生活、禁煙の3分野を中心に、企業や自治体などと連携しながら、毎日を健康に過ごすことを目標とした運動です。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190917-00049131-otonans-ent

すり足とかめちゃくちゃ大変ですから、確かに筋トレしなくても鍛えられそうですね!

歩数計とか付けるとかおちゃめですね!

歩数計を作っている会社もすり足でもカウント出来る物を作って欲しいですね!

スポンサーリンク



 

野村萬斎 動画

羽水💤シーズン再開まで離脱(@usui_1207)さんはTwitterを利用しています

 

野村萬斎 歩数計 嘆きの世間の反応は?

 

萬斎さまの摺り足がどれだけ滑らかなのかがわかるお話ですタニタさんがんばってください

マンション暮らしが長いのですり足が自然と身につきスマホの万歩計だと家の中ではほとんどカウントされません。すり足対応があれば是非購入したいです!

 

 

では萬斎さんは、加速度センサー内蔵で、 歩幅等を入力出来るような物を選べば、 もしかしたら“すり足”でも 万歩計を使える可能性もあるかも、ですね! タニタさん的には、すり足対応のオススメ機種とかないのか知らん?

素人の私が摺り足をやっても、完全にカウントされるんだろうね。
何十年も稽古した「技」だもんね。物凄い筋力を使っていると思う。

 

失礼ながら笑わせてもらいました。
面白い!

 

どうでもいいニュースでも萬斎さんのように実力者でお人柄も良いと微笑ましいと思ってしまう。と同時に、すり足ってのは意外に難しいもんで、自分が萬斎さんの真似事で万歩計を付けて、すり足しても、絶対に歩数カウントされてしますだろうと思う。振動せず、平行に移動するなんて本当に難しいよ。何十年もの稽古が成せる業だよ。

 

注意深い野村氏だから発覚したものの、これまでにも同じような人がカウントされずやり過ごされてきた可能性は高い。知られないうち歩数が間引かれ、大きな損害を被っている国民が相当数いるはずだ。国を挙げての徹底的な調査が必要では。

 

標準的な歩行では一歩当たり鉛直方向加速度に3つの山ができる形の時間変化をします。
最近の歩数計はMEMSの加速度計でこの山を検出してカウントしているはずです。この山がないんでしょうね。

 

歩数計の初期設定で歩幅と感度がある。
感度を上げれば、カウントされるだろう。

言うまでもなく、カロリー計算機能もついていると、
初期設定で身長と体重も入力しなければならない。

 

 

 

野村萬斎 歩数計 嘆きのまとめ

おちゃめでおもしろいですが切実ですね。

ぜひタニタさん!すり足でもカウントされる歩数計を作って欲しいと思います!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました