管理人Haruがおすすめする泣ける映画15選!!

スポンサーリンク

西田敏行 驚き!?語り手から出演決定!噂されている病気はがん?現在はどうなのか?

スポンサーリンク

西田敏行 驚き!?語り手から出演決定!

画像引用元:https://www.daily.co.jp/

上の役は西郷菊次郎役という京都の市長という役柄みたいでとっても貫禄がありますよね!!

まずはこちらの参考記事を御覧ください!!

『翔ぶが如く』隆盛役の西田敏行、西郷どんの息子役に!「ハメられた感じ」

 俳優、西田敏行(70)が、NHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜後8・0)の21日放送回から、主演の鈴木亮平(35)演じる西郷隆盛の長男、西郷菊次郎役で出演することが14日、分かった。同作のナレーションを務める西田は、1990年の大河ドラマ「翔ぶが如く」に隆盛役で主演。まさかの息子役のオファーに「ゆめゆめ思っていなかった。制作者にハメられた感じ」とユーモラスに心境を表現した。

ナレーションとして「西郷どん」を陰で支えてきた名優が、満を持して表舞台に登場する。

西田が演じる菊次郎は隆盛と2人目の妻、愛加那(二階堂ふみ、24)の間に誕生。外務省や台湾の支庁長、2代目京都市長として活躍した人物だ。

「西郷どん」は、21日から「明治編」に突入する。冒頭シーンは物語から35年後の1904(明治37)年からスタート。そこで登場するのが、大人になった京都市長の菊次郎(西田)だ。父への思いを語った後、回想するように菊次郎が9歳だった1869(明治2)年へと移る構成となる。

このほど、西田は隆盛役の鈴木とともに東京都内で会見し、「まさかこういう形で出演するとは、ゆめゆめ思っていなかった」と胸中を吐露。「菊次郎の目線でこれまでの回を見直してみると、制作者の意図をくんだナレーションをしていたと分かり、ハメられたなという感じ。気持ちの良いだまされ方をした」と笑わせた。

9歳の菊次郎役は、映画「万引き家族」で主人公(リリー・フランキー、54)の息子を好演した美少年俳優、城桧吏(12)が担当しており、西田は「僕の少年時代の写真とそっくり。写真を見てオーディションしたのかな」とニヤリ。

一方の鈴木は「西田さんが息子役と聞いて、今までナレーションで父親に向かって『きばれ(頑張れ)!』と言っていたのかと思った」と“口撃”。共演シーンはないが「役者として尊敬する大先輩。子役の菊次郎の先に西田さんがいる」と背筋を伸ばした。

1990年の大河ドラマ「翔ぶが如く」に隆盛役で主演した西田は、鈴木について「オリジナルの立派な西郷隆盛が出来上がり、素晴らしい大河ドラマになった」と絶賛。将来に向けても「英語が堪能でタッパ(身長)もある。これから国際的なステージに立っていくのでは。大いな期待を持って見続けたい」と語る温かいまなざしは“父親”のようだった。

本人も大喜びみたいですのでファンは歓喜ですね!!
このニュースを知ったTwitterなどの声は・・・・・
薩摩藩の武士が戦うシーンで示現流の蜻蛉(とんぼ)の構えで斬り込んで行く姿に感銘を受けています。
今までの大河ドラマではそこまで忠実に描いていなかったけど、「西郷どん」では、桂小五郎と一触即発のシーンで大久保一蔵にも蜻蛉の構えをさせていた。
剣豪として高名な桂小五郎を相手にしても、戦う気迫を見せた大久保一蔵に薩摩隼人の意気込みを感じました。
細かいところもなおざりにしない。
脚本・演出がしっかりしていると思います。
この方も細かく西郷どんを見ていますねww
西田敏行のナレーションで、何度も何度も東北諸藩が「反乱を起こした」「反乱を起こした」と言うのは、本当に不愉快。薩長が政権をインチキで掠め取っただけではないか
これは確かにあまり良くなかったですね。。
昨日の予告を観て、あれ?と思ったが、そういうことだったんですね!
西田さんは当初、市原さんの代役とのことでしたが、もし市原さんだったらどうしていたんだろうな?
西郷隆盛に縁のある西田さんだから、やっぱり菊次郎の役のオファーはあったかも?
でしょうね!似合っていますからねww
やっと実物出てきた、西田敏行さん~。ナレーションから気になってた。誰の役なのかな~っっ。非常に気になる。予告では「父は、桜島でした」って言ってるけど……。特に有名な人じゃなくて、ゲスト的な出演?
この役はゲストではなさそうですけどね。
この人の覚醒剤疑惑をどこかで見てから、変な見方ばかりしてしまう。ガセかもしれないけど。
ガセですねww
西郷は何回も大河のテーマとして取り上げられてるのに、何で足利義満みたいな有名な偉人は取り上げられないの?56回も大河やってて、内容が偏りすぎじゃない?
NHKのご都合主義なのでしょうww

西田敏行 驚き・・・・噂されている病気はがん?

画像引用元:https://friends.excite.co.jp

西田敏行さんはどうやらがんの噂はありましたが、これは全くのガセネタです。

2016年(平成28年)2月1日、自宅ベッドから転落して首を痛め、「頸椎亜脱臼」と診断される。

出演中のドラマ『家族ノカタチ』の撮影には参加を続けたが、12日に大阪の朝日放送で予定されていた『探偵!ナイトスクープ』の収録は、大事をとって欠席(3月4日・11日放送分)2月26日に収録に復帰した。

4月19日、腰椎の一部を頸椎に移植する手術を受ける[25]。手術後に胆のう炎を発症。

5月6日に予定されていた『探偵!ナイトスクープ』の収録を取りやめ 、5月12日に胆のうの摘出手術を受けた。

5月19日、『人生の楽園』のナレーションで仕事復帰。6月3日、『探偵!ナイトスクープ』の収録(6月24日、7月1日放送分)でテレビ画面への復帰を果たした。6月11日に退院。

この際に入院などについて薬物使用疑惑などのデマが流れ、 同年8月、所属事務所により、被害届が警視庁赤坂署に提出され「違法な書き込みに対して、書き込みした人物を特定し、業務妨害及び名誉毀損を理由として、刑事、民事の責任追及を現在進めているところ」といった警告文が発表され同年10月4日、ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(第4シリーズ)の制作発表会見で、「(2016年4月、5月に頸椎亜脱臼の手術と胆嚢炎の手術のため)入院についても、

いろいろネットのニュースで書かれて、『シャブ隠しのために入院したらしいぞ』とまで言われた。私は“シャブ中”ではございませんので、一つよろしくお願いします」と、ネット中の噂話を明確に否定した。

2017年(平成29年)7月5日、警視庁赤坂署は実際には(前述の)薬物などの使用の事実はなく、書き込みは虚偽の内容だと判断し、偽計業務妨害容疑で、中傷記事を書き込みしたり転載したりした男女三人を書類送検した。

引用元;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E7%94%B0%E6%95%8F%E8%A1%8C

薬物中毒とか本当にウソの記事を書く人はとんでもないですね!!

僕は絶対にそんな誹謗中傷するような記事は書かないです!!

西田敏行 驚き・・・・現在はどうなのか?

上の頃の病気の頃は身体が少し痩せたように見えていましたが、現在のところまったくもって健康みたいですので一安心ですね!!

これから西郷ドンでも出演されますし、これからも俳優として大活躍してほしいですね!!

今話題!!管理人おすすめおもしろ動画まとめ!

こちらのまとめ記事もおすすめです!!

ジワジワくるww中国のおもしろ粗悪キャラクターまとめ

管理人オススメの記事!!

 

スポンサーリンク
FC2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
FC2