NHK番組 やらせ疑惑の番組名やレンタル家族の依頼者は元社員?

スポンサーリンク

NHK番組 やらせ疑惑が浮上しています。いったいどんな理由や内容のやらせ疑惑なのでしょうか?

その番組名は何なのでしょうか?気になりますね。

今回の記事ではNHK番組のやらせ疑惑の詳細について詳しくまとめてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

NHK番組 やらせ疑惑の番組名は?レンタル家族の依頼者が元社員だった?

NHKのやらせ疑惑が浮上した番組はNHKワールドJAPANと呼ばれる海外向けのNHK番組であり30分間放送されたそうです。

ドキュメンタリーで今回フォーカスされたのがレンタル家族と呼ばれるもので、

タイトルはHAPPIER THAN REALで本当の家族を病気で失って悲しみに暮れたことによりレンタル家族で心のスキマを埋めて元気に生活していくようなドラマ仕立てですでに7回放送されています。

 

彼氏や彼女や父や母などをレンタルするいま話題のやつですね。

その番組ではレンタル家族の社長が自ら出演しており、さらにその出演している人たちがレンタル家族を運営する会社の社員や関係者だったことが判明してやらせが判明しています。

これは炎上するさわぎになってもおかしくありませんね。

NHK番組 やらせ疑惑の詳細

今回のやらせ疑惑の発端となったレンタル家族の代行スタッフを派遣する会社である

ファミリーロマンスの石井裕一さん。

この方のビジネスは今の時代にバチッとはまり一躍ときの人となっています。

カンヌの国際映画祭ではヴェルナー・ヘルツォーク監督の新作であるファミリー・ロマンス社が上映されていおりこれはなんと同名の会社である石井裕一さんが主演で出ているレンタル家族をテーマにした映画になっています。

カンヌでの上映とか世界的に見ても人気があるとはすごいですね!

ビジネスのセンスは折り紙付きでしょう。

 

メディアや大学の講義なども引っ張りだこの石井社長ですが・・・・今回のこのファミリーロマンスの映画における共演者のさくらが判明し問題視されてしまいました。

 

なぜ判明したかといいますと、石井社長とこの映画で共演し同じ会社で働いていた60代の元社員である鈴木剛志(仮名)が証言したことで判明しました!!

 

これはもう完全にやらせですね。この方が嘘をつく理由はどこにも見当たりませんからね。。

この鈴木さんがレンタル家族の依頼者の役柄で出演していたそうです。

撮影場所もこの鈴木さんの自宅というおそまつな作り。。

弁解の余地はなさそうですが、NHKの広報担当者は

「鈴木さんはかんぜんにリアルな依頼主。レンタル家族のお客さんの一人なんです。」

 

と話していますが、週刊新潮はこの話はガセネタとして石井社長が鈴木さんに支持をしたメールもすでに確認しているそうですので、これはファミリーロマンス社が叩かれることは間違いないでしょう。

映画も今後配給しなくなるおそれだってありますし、この問題はヤバイ感じがぷんぷんします。

 

なぜ石井社長は元社員などの関係者を使ってしまったのか?

 

リアリティがあるドキュメンタリーにしたほうがよっぽど面白いなと思いますが、

きっと彼自身もいろいろな思惑があったのでしょうね。

その真相が謝罪会見やもしくは別の形で語ってくれる日が来ることを待ちたいと思います。

しかしNHKもこんな裏付けも取らないで放送することじたい間違えていますし、まだまだ制作段階においてレベルが低いと言う印象が拭いきれませんね。

これでは叩かれてしまっても何も文句は言えませんね。。

NHKのやらせ疑惑問題しばらく炎上などが続く気がします。

 

スポンサーリンク



 

NHK番組 やらせ疑惑を知ったネットの声

NHKも叩くと埃だらけ。
ためしてガッテンで、健康状態を偽って二つの症状をあたかも関連があるように偽っていた事例を番組に被験者として参加された方から伺った。
NHKも落ちるところまで落ちたもんだ、と言っていました。

私はそれを伺って、人気番組ほど視聴率を落とせないから悪どいことをしているのだと理解しました。

 

この番組がやらせ番組だったとしたら。
常習的にかなりの数のやらせ番組を作ってると思う。
これだけってことは考えにくい。
一事が万事。

 

NHKが会見したみたいです。それによれば
“NHKは29日に会見し、「レンタル家族」会社の社長から聞き取り調査をしたことを明かした。社長は「独断でやった」と説明しているという。番組は、3人の利用客が顔出しで出演。恋人、家族、友人をレンタルするという内容だった。社長はスタッフに依頼した理由として、顔出しに応じてくれる客がいなかったので「登録スタッフに依頼した」と話しているという。NHKは「結果として十分とは言えなかった」と反省。取材前は社長から利用客のメールアドレスを渡されたが、そのアドレスは社長のメールアドレスだったという。”

とのこと。つまりNHKのドキュメンタリー制作スタッフはその依頼者がサクラだとは知らなかった。ということですね。NHKは悪くないよとまあ勝手な感じはしますけどね。

ハル
ハル

何が真実かはまだ良くわかりませんが、結局この会社の石井社長とNHKが全部悪いと言うことはわかりますね。これではレンタル家族もすでに終わりが始まっているのかも知れないですね。

 

NHK番組 やらせ疑惑のまとめ

今回はNHK番組のやらせ疑惑についてまとめていきました!

このレンタル家族の会社も独断でやるのも悪いですがしっかりと裏付けや調査をせずにドキュメンタリーとして放送したNHKも悪いですのでどっちもどっちですね。

今後このようなつまらないやらせ番組は無くしていってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました