特務機関NERV 執念の防災アプリを作ったのは誰?世間の反応は?

スポンサーリンク

特務機関NERV 執念の防災アプリを作ったのは誰なのでしょうか?

世間の反応はどうなのか?

かなりすごい防災アプリらしく気象庁からのお墨付きがあるくらいです!

今回の記事は特務機関NERVの防災アプリの執念についてまとめていきます。

スポンサーリンク

特務機関NERV 執念の詳細

台風や地震などの防災関連情報を爆速で発信することで有名なTwitterアカウントがある。

【全画像をみる】「国内最速級の防災速報を」“特務機関NERV”防災アプリを世に出した石巻出身プログラマーの執念

人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズに登場する組織「特務機関NERV」を名乗り、東日本大震災以降、ほぼ休むことなく8年にわたって情報を発信し続けてきた。フォロワー数は8月28日現在で約75万人になった。

これまでTwitterの「特務機関NERV」は個人プロジェクトとして運営してきたが、9月1日「防災の日」をきっかけに「特務機関NERV防災アプリ」の配信をはじめる。

アプリは新たに、自身の会社ゲヒルン名義で運営していくという。なぜ「防災」にまつわる活動を続けるのか。そこには、日本の防災意識を変えたいという個人としての強い想いがあった。

「テレビが災害時に役に立たなかった」教訓

「気象庁のHPに出るより実測で約1分、国内の有名防災アプリより約25分“速い”んです」

「iPhoneの“重大な通知”に対応した数少ないアプリです」

取材日の8月21日、石森さんはゲヒルンのオフィスで、アップルの審査を通ったばかりの「特務機関NERV防災アプリ」を見せながら、アプリ版の特徴を説明してくれた。

石森さんは現在29歳。東日本大震災で甚大な被害を受けた石巻出身だ。

8年前の2011年3月11日14時46分、石森さんは関東で被災した。当時は筑波大の学生のかたわらゲヒルンを起業したばかり。自宅で事業に没頭していたときに、東日本を地震がおそった。

石巻の実家は津波の直撃を受け、全壊。家族の無事が確認できたのは、津波発生から4日も経ったあとだった。連絡がとれた際の第一声が「生きてるから」だったことは一生忘れられない。

震災が与えてくれた大きな教訓の1つが「“防災情報はテレビを見ればいい”は、実は災害時には役に立たないことがわかった」ことだと石森さんは言う。

3.11当時、津波が直撃するような危機的状況にあった地域では、停電などでテレビの防災情報を見られなかった人が多数いた。大津波警報を最も知る必要があった人たちに、届かなかった。

「気象庁の津波情報を、1秒でも早く知りたい。家族に逃げるように連絡したい」

当時のテレビ映像では、地震発生から1時間と経たず、石巻を大きな津波が襲ったことが記録として残っている。情報を知ることさえできれば、もっと多くの命が助かったのではないか ── 石森さんがこの8年、Twitterの「特務機関NERV」を通じて、防災情報を通知する「スピード」と「わかりやすさ」に執念を燃やし続けた最大の理由はここにある。

「特務機関NERV」のTwitterでの活動は、内情を知らない人からすれば謎多きアカウントだ。

一見するとエヴァンゲリオンのファンがつくったジョークアカウントのようにも見えるが、情報は正確で、何より速い。筆者自身も、台風から地震情報まで、何か速報級の災害が起こったらまずNERVをTwitterで検索するほどだ。

Twitterの「特務機関NERV」アカウントは、防災情報を発信しはじめた2011年当初からその活動が評価され、版権元の許諾を得て、「公認・非公式」という形で活動を続けてきた。

防災情報配信システムは「ゲヒルンの技術提供」という形をとる。情報源は年々アップデートを進め、今では、

テレビ局と同様に気象業務支援センター(気象庁本庁舎内)に専用線を敷設し、ダイレクトに情報を取得

Lアラートへの対応

ニュース情報の自動引用

独自に構築した国内10地点の定点カメラ情報

をはじめとするさまざまな情報を、(ゲヒルンが)独自に構築したシステムの支援を受けて配信する。

そのほとんどは自動配信だが、文字情報だけでなく地図情報なども自動生成するシステムを構築している。だからこそ速く、わかりやすいのだ。

たとえばNERVアカウントの場合、気象庁からの地震情報は、発報からツイートまで、映像生成した上で約1秒しかかからない。

NERVを支えるシステムが防災関係者の間で高く評価されていることは、インフラ技術を提供するゲヒルンが、気象庁の「予報業務許可」を得たり、同「大雨・洪水警報の危険度分布に係る通知サービスの協力事業者」に選ばれていることからも明らかだ。

「特務機関NERV防災アプリ」で目指したもの

NERVを支えるインフラづくりは、この2年ほどで本格化し、ゲヒルン社内に「危機管理局」という部署を新設した。チームは総勢6名。そのうち4名がプログラマーで、防災システムを自ら開発し、あるいは予報アルゴリズムをつくり、細かな高速化を続けている。

そもそも、特務機関NERV防災アプリは、当初「ゲヒルン防災アプリ」という名称で配信するつもりだった。それが、2018年末に「NERV」の名前を使えることになり、開発に本腰を入れた経緯がある。

当初は2019年3月11日を配信予定日にしていたが、NERVの看板を掲げる以上、中途半端なことはできない。公開時期を半年遅らせ、デザインや機能を作り込んだ。

日本では数少ない、iPhoneの設定を無視して危機情報を通知する「重大な通知」にも、苦労して対応させた。

防災アプリとして作り込むために、あえてエヴァンゲリオンの世界観に「近づけなかった」部分もある。

たとえば、震源の深さの表現は、作品中の表現(ジオイド震度)などは使わず、またエヴァンゲリオン風のナレーションなども入らない。

「“正しくお伝えする”ということにこだわった。エヴァファンからすると、ちょっと不満かもしれないけど、(作品中の表現に寄せすぎると)本当か嘘なのかわらなくなってしまうから」(石森さん)

命の危険が迫っているときは、絵と音でそれがわかるように。

位置情報を使い、無駄な通知は極力出ないように。

さらに、情報セキュリティーの会社がつくるアプリとして、ユーザーのプライバシー確保にはこだわって、位置情報の詳細はゲヒルン側でも把握できないような特殊な仕組みを組み込んだ。

防災アプリなのに、位置情報を不必要に取得して第三者に送信するようなことはあってはならない、というのが石森さんの信念だ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

震災をきっかけに少しでも早く災害の情報を伝えたいと言う一心でここまでのことを個人の起業家ができることに本当にすごいですね。

普通ならちょっとしたふざけたアプリを作るのがオチでしょうがここまでガチで防災アプリはどこを探してもないでしょうね。

そして大手の企業が採用していたりするからに本当に信頼性とスピード力あるのでしょうね。

これからどんどんこの防災アプリは進化をしてたくさんの人達の手で使われるでしょう!

僕もちょっとダウンロードして使ってみようと思います。

 

スポンサーリンク



 

特務機関NERV 執念の防災アプリを作ったのは誰?

運営者脆弱性診断などを主力事業とするセキュリティーベンチャー、ゲヒルンを経営する石森大貴さん。セキュリティー界隈で名の知れたプログラマーで、生粋の“エヴァファン”。社名の由来も同作品からとっているそうです。

こんなコメントなども残しています。

世の中の「防災」をよくしていきたい

この記事を書いている間にも、地震などの災害をTwitterの「特務機関NERV」は配信し続けている。75万フォロワーになった現在でも、「ジョークアカウントのようなNERVの情報はうさんくさい」と思っている人は、正直まだいる。

しかし、石森さんは、そうした声はまったく気にしていない。

ゲヒルンの防災事業の活動の目的は「世の中の防災をよくしていくこと」。

速さ、わかりやすさは当然として、「有事の際に自分で考え判断して行動できる防災リテラシーを高めることが必要だ」という強い信念を石森さんは持っている。

特務機関NERV防災アプリの最初の特記事項の一文には、おや?と思う一説がある。

「行政やメディアの報道、本アプリなどの情報に依存しないでください」と書いたのだ。これは、アプリの情報を盲信せず、自分の情報網を駆使して判断してほしい、という考えからだ。

巨大地震のような、誰も体験したことのない危機的な災害時には、人間が想定できないことが起こる。

その局面で信じられるのは、極端な話、自分自身の判断だけ。地震や台風災害が活発化するなかで、これは日本全国の多くの人が災害から学んだ教訓だ。

正しい判断をするため、正確な情報を、技術の限界まで「速報化」して伝える。

「特務機関NERV防災アプリ」のスピードへのこだわりは、被災地と深いつながりを持つプログラマーだからこその強い執念で作り上げられている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

特務機関NERV 動画や画像

残念ながらAndroidはまだ配信していないようですね。。

いやー天気や災害に関して最強の気象庁からのお墨付き!

これはもう間違いないでしょう!!

特務機関NERV 執念の世間の反応は?

毎度毎度、すごいなーって思ってたけど、社名をゲヒルン アプリ名 特務機関NERV防災アプリ あたかもアニメに出てきそうなアプリが現実にしかも、気象庁・カラーもバックアップ 超法規的処置だ!(言いたいだけ) アンドロイド版でたら登録します

 

なんか違う。 そう、お役所仕事とは無縁の「ガチで普及しろ」オーラがバンバン滲み出している。 気象庁本庁だけで無く、大阪管区気象台にも繋いでいる処なんか、もうハンパない。

リリースおめでとうございます! AndroidユーザーとしてはAndroid版のリリースを楽しみにしております!

Android版を待っています! 災害は来ないほうが良いに決まってますが、このようなアプリは非常に楽しみです。とても日本らしいいい試みですね!

社名もエヴァからとってるんですか? 地震速報はもちろん、警報、注意報などの情報収集にも重宝させていただいております。アプリも早速インストールしました。なるべく、避難に役立つような事態が起こらないことを祈りつつ使用させていただきます

特務機関NERV 執念のまとめ

 

ハル
ハル

今回は特務機関NERVの執念についてまとめていきました。

本当にここまでのものを作り上げるその行動力と決断力が半端じゃないです!

これからAndroidもリリースされる予定みたいですから、さらにダウンロードが加速していくでしょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました