モー太郎弁当 日本初音声付き弁当の動画はこちら!音がついた理由は?

スポンサーリンク

モー太郎弁当 日本初音声付き弁当があるのはご存知でしょうか??

そんな音付きの弁当なんて需要あるのですかね?

その音がついた理由もいったい何のためなのでしょうか?

しかしこのモー太郎弁当実は歴史も古い松阪牛の駅弁を扱う会社の駅弁だったのです!!

今回の記事では日本初の音声付き弁当の詳細について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

モー太郎弁当 日本初音声付き弁当の関連動画や画像

 

本当にふるさとが流れるんですねwwなんだかシュールでほっこりしますね!

こういう斬新なアイデアの弁当があってもいいですよね!

 

スポンサーリンク



 

モー太郎弁当 日本初の詳細

 

 弁当を製造する「あら竹」(新竹商店)のイメージキャラクター「モー太郎」のイラストが描かれた紙包みを取ると、牛の顔をかたどった容器が現れます。この時点でもインパクトがありますが、驚くのは、この容器のふたを開けたときです。ふたの内側についたセンサーが反応し、「うさぎ追いしかの山」のフレーズで知られる唱歌『ふるさと』のメロディーが流れるという、日本初の「メロディーつき駅弁」なのです。

肝心の中身は、甘辛く煮た市内産黒毛和牛のすき焼きが、ご飯の上にびっしり敷き詰められたもの。脂の甘さがじわじわとしみ出し、あめ色に煮込まれた玉ねぎや付け合わせの紅生姜が、それをさらに引き立ててくれます。

この弁当についてあら竹は、容器で「視覚」に、メロディーで「聴覚」に、すき焼きの香りで「嗅覚」に、その味わいで「味覚」に、そして駅弁の持つ郷愁で「心」にと、「五感に訴える駅弁」としています。近鉄特急やJRの快速「みえ」などに乗っていると、松阪駅を過ぎたころに車内の至るところで『ふるさと』のメロディーが聴こえてくることもあり、その人気ぶりがうかがえます。

21世紀に入った2001(平成13)年、あら竹は大きな問題に直面します。全国でBSE(牛海綿状脳症)感染牛の問題が取りざたされ、牛肉の消費量が大きく落ち込んだのです。あら竹が弁当に使用していた黒毛和牛はBSEとは無関係でしたが、商品のほとんどが牛肉をメインとしていたこともあり、売り上げはそれまでの10分の1にまで減りました。

この危機を救ったのが、のちにあら竹6代目主人となる新竹浩子さんが開発した「モー太郎弁当」だったのです。松阪の名物に親しんでもらいたいという思いから2002(平成14)年に誕生した「五感に訴える駅弁」は大ヒットし、松阪のみならず、全国の駅弁大会やイベントには欠かせない存在となっています。

引用元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00010001-norimono-bus_all

 

どうやら五感に訴えるその表現がうまく他の駅弁と差をつけてしかも美味しい松阪牛を使った駅弁ですから大成功したのでしょうね!

この音楽聞きながら駅弁を食べると故郷に帰りたくなっちゃいますね!

きっと音声つきなところが民衆を楽しませる見ても聞いても食べて感じれる楽しい駅弁を見事演出した結果なのでしょうね!

完全にこの開発したおばちゃんのマーケティング戦略が功を奏したのでしょうね。

狂牛病問題懐かしいですが確かにあの頃が牛肉が窮地に陥っていた時代でしたね。

その中でもがき続けてこのようなすばらしいモー太郎弁当を作り出すそのセンス!

さすがとしか言いようが無いですね!

 

 

スポンサーリンク



 

モー太郎弁当 日本初音声付き弁当を知ったネットの声

10年以上も前に買いましたが、光を当てるとまだ音出ますよ。
壊れてないんですよ、凄いスゴイ。
きっと日本製なんでしょうね。

 

松阪駅の肉うどんが無くなったのは残念。
近鉄特急に乗って牛肉駅弁を開けると周りからの視線が気になる。

 

食べてみたいけど食べ終わった後の牛の弁当箱はいらない。弁当箱を別の容器にして、その分安くなればいいのに。

 

匂いすら気を遣う世の中になりましたからね。音はさすがにきついでしょう。実際この駅弁を車内で開けた人は突然鳴り始めるメロディーにびっくりして蓋を閉めると鳴り止むが、また開けると最初から流れ始める。止めるには1フレーズ聴くまで鳴らさないとダメな仕様になってます。購入される人はお気をつけて(笑

 

なんとなくいらない機能を満載してくる最近の家電をイメージした

 

個人的には弁当箱の開発よりもより美味しくなるメニュー開発に注力して欲しい!

 

先日購入しました。
単的に言うと、牛のお面(上蓋)が怖いです。
友人の孫にあげるつもりでしたが、やめました。
もっと、可愛い絵柄と全面黒色はやめた方が良いと思います。

 

なぜこんなに批判が多いのでしょうかね?とってもすばらしい発案で爆売れしている人気駅弁なのに高いというならもっと安い吉野家とかの牛丼でも食べてればいいと思いますよ。

 

モー太郎弁当 日本初音声付きのまとめ

今回はモー太郎弁当の日本初音声つきについてまとめていきました。

当時はきっと斬新てきなアイデアがうまく行ってたくさん売れたのでしょうね。

今でも人気みたいですし、駅弁大会が東京で開かれたせいには足を運んで買ってみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました