メーガン妃 父 苦言がヤバすぎる!存在しない人発言ww世間の声は?

スポンサーリンク

メーガン妃 父 苦言がヤバすぎです!

なんと実の父親を存在しない人発言してしまいました!!

王室の妃がこんな爆弾発言するとはいったい父親はなにをやらかしたのでしょうか?

世間の声も気になりますね。

今回の記事ではメーガン妃父の苦言について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

メーガン妃 父 苦言の詳細

【AFP=時事】英王室のメーガン妃(Meghan, Duchess of Sussex)の実父トーマス・マークル(Thomas Markle)さん(75)が、英紙の取材に、メーガン妃からまるで彼女の人生に存在しない人物のように扱われていると訴えた。メーガン妃がすべて自費で大学を卒業したと語ったのも「うそ」だという。

【関連写真】今年5月に生まれた第1子の初披露の様子

メキシコ在住のトーマスさんは、1日付の大衆朝刊紙デーリー・メール(Daily Mail)に掲載されたインタビューで、2018年に行われたヘンリー王子(Prince Harry)とメーガン妃の結婚式を健康上の理由で欠席して以来、夫妻からは何の音沙汰もないと語った。今年5月に生まれた孫のアーチー(Archie)ちゃんの写真を送ってほしいとの願いも拒絶されているという。

「メーガンがアーチーを身ごもっていたからこれまで黙っていた。だが、娘夫婦と広報担当者たちは私を娘の人生に存在しなかったもの扱いし続けている。だから今、声を上げているんだ」(トーマスさん)

メーガン妃は昨年、訪問先のフィジーで、米国で大学の学費をすべて自分で支払ったという苦労話を披露した。しかし、トーマスさんはこれに激しく反論。「残念ながら、それは完全に虚偽だ。娘の学費はびた一文まで私が支払った。その証拠に銀行の支払い明細書だってある」

さらにトーマスさんは続ける。「こんなうそにも、中傷されて娘たちの人生から排除されるのにもうんざりだ」

トーマスさんは「私は常に父親としての責任を果たしてきた」と述べ、大学の学費は全て自分で支払ったというメーガン妃の発言は「私に対する侮辱だ」と訴えた。

その一方で、トーマスさんは「私が娘を愛していないと思われているようだが、私は彼女を心から愛している」と述べ、「写真立てにアーチーの写真を入れて飾ることができれば、何もいらない」と付け加えた

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

めちゃくちゃ可愛そうじゃないですか!父親のトーマスさん。

なんでここまで拒絶されているんですかね?

まあ欠席したのを怒っているのか?それとももともと父親が大嫌いなのか?

という感じであると推測できます。

まあこんな嘘つき娘を育てたの父親ですからこんなことを言う筋合いも無いとは思います。

顔はきれいですが品性は欠片もないようですねww

もしこのまま拒絶が続くならば実力行使で

仲直りするのか父親が王宮に殴り込みをかけるなどして子供の写真をゲットするしか無いですね!

 

スポンサーリンク



 

メーガン妃 動画

メーガン妃 父 苦言の画像

メーガン妃 父 苦言の世間の声は?

本人たちは炎上しているときさえしのげればいいと思うのかも知れないけれど、トラブルメーカーはその後もずっとゴタゴタを呼び起こし、皇室の権威や国民の信頼も損なう
イギリスも今後大変だと思う
国民が安心できる人と結婚してほしいし、そうでないなら一生皇室と縁を切って欲しい

 

完全拒否した人間関係というのは珍しいことじゃないものの、王族とか誰にでも笑顔でいる必要の有る人間には有っていいことではない。
今のところウィリアム王子御一家がしっかりしてるから構わないといえば構わないのだけれども。

 

メーガン妃の立ち振る舞いは以前から問題視されていること。皇室内でそのうち大きなスキャンダルでも起こすんじゃないかな。

 

キャサリン妃はこんなことないのに、、
出自をどうこう言う気はないのだけど、この人にしても日本にしても皇室と関わりを持つ人は慎重になるべきだなあと思いました。。
スキャンダルがあること自体、問題では、

 

娘を心から愛していたら、事実だったとしてもこんな話をメディアに話したりしないと思うし、彼女の母親は確か孫が生まれた際にも孫の顔を見に行っていたはず。
父親だけいない人扱いされるのならそうされる理由はあるんでしょう。

 

 

 

メーガン妃 父 苦言のまとめ

 

ハル
ハル

今回はメーガン妃の父苦言についてまとめていきました。

まさかの存在しなかった人にするとは恐ろしい女ですね。

また学費をもらっていなかったのがウソと父親は言っているのは本当みたいですし

子供の写真もくれない。

この父親も可愛そうですね。

最悪の妃の誕生ですね。何事も起こらないと良いですが。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました