管理人Haruがおすすめする泣ける映画15選!!

スポンサーリンク

かつや 好調背景の裏側!?圧倒的に支持されるワケとは?それは満足度とお得感にあった?

かつやがかなり営業利益などの売上が絶好調なのが話題になっていますね!!

一体どういう理由などがあげられるのか?

詳しくお伝えしていきますね!!

スポンサーリンク

かつや 好調背景の裏側!?

画像引用元:https://toyokeizai.net/

まずはこちらの参考記事をどうぞ!!

「かつや」のカツ丼が圧倒的に支持されるワケ

 平日の昼時、とんかつ専門店「かつや」の店舗はどこもにぎわっている。客は40~50代の男性サラリーマンが大半だが、老夫婦や若い男女の姿もある。

かつやを運営するアークランドサービスホールディングス(HD)は、2007年の上場以来、10期連続で増収増益。2018年12月期も、売上高300億円、営業利益42億円と、ともに過去最高を見込む。売上高営業利益率はつねに10%以上で、業界屈指の高水準だ。

10月15日発売の『週刊東洋経済』は「絶好調企業の秘密」を特集。先週は大幅な株価下落に見舞われたが、一時は日経平均株価が2万4000円を超えるほどまで急伸した日本株の中で、特に業績好調な企業の動向を追っている。アークランドサービスホールディングスも特集で取り上げた企業の一つだ。

■かつやの強みは低価格とリピート戦略

とんかつ専門店といえば、中~高価格帯の「とんかつ和幸」や「新宿さぼてん」などが有名だ。対してかつやの強みは低価格にある。かつやの看板メニューである「カツ丼(梅)」は529円(税込み)とほぼワンコインだ。

会計時には次回来店時に使える100円引き券を渡してリピートを促す。「100円引き券の使用率は5割超」(玉木芳春常務)と、固定客の確保に成功している。

とんかつは調理に手間や技術が必要なため、参入障壁が高いとされる。かつやはなぜ、とんかつを低価格で提供できるのか。

 答えは特注のオートフライヤーにある。衣をつけた豚肉をフライヤーに入れると、時間や温度が自動で管理され、ベルトコンベヤーに載って出てくる。導入当初は3分40秒だった揚げ時間も、改良を重ねた現在では3分ほどになったという。熟練の従業員でなくても調理できるようにしたことで、人件費を抑えられている。

加えて、一部店舗ではランチタイムに500円、600円、650円(各税込み)の三つの価格のセットメニューに絞り込んで提供している。客の平均滞在時間は15分と回転率が高い。

 同社の店舗数は525。そのうち、374店がかつやの国内店舗だ(2018年6月時点)。上場以来、毎年着実に拡大を続ける。

■持ち帰りの実験店開設 新業態も育成中

今年7月には東京・北区の商店街に実験店を開業し、持ち帰り専用窓口を設けた。通常の店舗では30~35%の持ち帰り比率が、同店では50~60%で推移している。実験店の好調を受け、持ち帰り専用窓口を増やすことも検討中だ。

持ち帰りに力を入れる背景には、既存店売上高の伸び悩みがある。足元では5月から8月まで4カ月連続で前年割れ。これは月次売上高を公表し始めた2008年以降初めてだ。成長市場である中食の需要も取り込むことで、既存店のテコ入れを図る。

 また同社は第2の柱として空揚げ店「からやま」を育成する。国内のからやま店舗数は郊外を中心に43(2018年6月末時点)。かつやと比較してまだ少ないが、2018年上期(1~6月)の国内出店は11店と、かつやを上回る勢いだ。今年8月には、たこ焼き店「築地銀だこ」を展開するホットランドとの合弁で米国・ロサンゼルスにからやまを開業した。台湾やタイなど進出済みのエリアに加え、巨大市場である北米を攻める構えだ。

 そのほか、2017年7月にカレー店「camp」を展開するバックパッカーズを買収した。新業態の育成に成功すれば、同社の成長は一段と確かなものになる。

『週刊東洋経済』10月20日号(10月15日発売)の特集は「絶好調企業の秘密」です。

引用元:https://toyokeizai.net/

まだまだこれからも伸びそうな会社ですよね!!

かつ以外にも色々手を出そうとしているし今後の成長がとっても楽しみな会社ですね!!

このニュースを知ったTwitterなどのコメントは・・・・・

カツ丼うまいですよね!!

豚汁も大好きです!!

普通にめっちゃ美味しいそうww

味がどうこういう人はもっと高いトンカツ屋にいけばいい。
500円であの味とボリュームのカツ丼が食えれば充分。
あと毎回必ず100円引き券がもらえるのは、庶民にとっては嬉しいし、うまいやり方。
でもそれを使う人が5割しかいないなんてびっくり。

たしかにww来る半数は新規で常連ではないのかもww

味には好みがあるが、値段には好みはないからね。
サラリーマンのお昼や家族の昼食で1500円オーバーのかつ丼屋にそうそう行けないし。安い店の存在は消費者にとっては良い事。こだわりたい人はこだわりの店に行けばいいよ。

うむうむごもっともww

かつやはカツよりも豚汁が凄いうまいと思う。今までは味噌汁変わりに飲んでたが初めてメインを汁が上回ったかな。豚汁定食にするとヒレカツがついてくるのもグッドだね。

豚汁めっちゃ美味しいですよね!!

家の近くにも、職場の近くにもないからなかなか利用できないけど、外出する時はちょくちょく利用させてもらってる。

ふとカツ丼を食べたくなった時、個人商店だと値段に見合わない不味いカツ丼出されるケースも過去にあったから入る気が起きないが、かつやのカツ丼は値段の割に味も安定しており、あの価格の割には美味しいと感じるから、利用できると少し嬉しくなる。

かつや 好調背景・・・・圧倒的に支持されるワケとは?

画像引用元:https://toyokeizai.net/

このグラフを見ても分かる通り業績は右肩上がりですね!!

かつやは安いけど揚げたてでカツは美味しいし時間もそんなに待たないからビジネスマンなどにとって本当に嬉しいお店なんですよね!!

やはりお値打ち価格であれだけ美味しいカツと豚汁を提供できるところが最大のワケだと思いますね!

これからも応援していますかつやさん!!

かつや 好調背景・・・・それは満足度とお得感にあった?

これも上でいったとおりですが、こんな記事も見つけました!!

そもそも、とんかつは値段の幅が広いメニューで、高級なお店では3000円以上することも珍しくないのですが、『ヒレカツ定食』であれば1000円から1500円くらいが一般的な価格とされています。

そうしたなかで、『かつや』の『ヒレカツ定食』が790円(税別、以下同)、『ロースカツ定食』が690円という安さ。また、『カツ丼(梅)』なら490円と、税別ながら500円を切る価格となっています。このリーズナブルな価格でとんかつを気軽に食べられるの点が人気の理由となっています」

『かつや』で昼食を食べる機会が多い40代の会社員Aさんはこう話す。

「よく食べるのは『カツ丼(梅)』と『とん汁(小)』(120円)です。カツ丼(梅)はローツカツが80gなんですが、ボリューム的に物足りなさを感じることはありません。600円くらいでカツ丼ととん汁でお腹いっぱいになるので、本当に助かります」

『かつや』では、定番の『カツ丼』『ヒレカツ定食』『ロースカツ定食』のほかにも、様々なメニューを提供している。『タルタルチキンカツ丼』(590円)、『ソースカツ丼』(490円)、ヒレカツが2枚付いた『とん汁定食』(650円)のほか、海老フライやメンチカツも人気。レギュラーメニューだけでなく、期間限定の季節のメニューも豊富だ。

「去年であればチャーシューがのった『チャーシューエッグチキンカツ丼』、『チキンカツの牛すき丼』など、かなり個性的な限定メニューが提供されています。とんかつチェーンではありますが、豚肉にとどまらない、様々な種類の肉を使っているのが特徴です」(小浦氏)

とんかつチェーンというと、ごはんとキャベツはおかわり自由という店も多いが、『かつや』の場合は、ごはんは大盛りが100円、キャベツのおかわりが100円となっている。

「もともとの価格設定が低いので、仕方ないことなんですが、できればキャベツのおかわりが自由だったら最高なのに…というのが本音。テーブルに置いてあるごまドレッシングもおいしいので、そこだけがもったいないかなと思います。個人的には、最初からキャベツがつかない丼モノのほうがお得に感じています」(Aさん)

低価格で提供しているがゆえに、さらなる“お得”が求められてしまう『かつや』。リーズナブルなチェーン店の宿命かもしれない。

1000円切ってあれだけお腹いっぱい食べれるお得感が業績を上げている理由なのかも知れないですね!!
今話題!!管理人おすすめおもしろ動画まとめ!

こちらのまとめ記事もおすすめです!!

ジワジワくるww中国のおもしろ粗悪キャラクターまとめ

管理人オススメの記事!!

 

スポンサーリンク
FC2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
FC2