スポンサーリンク

金崎夢生 怒りの理由は?大ブーイングやJ1史上ワースト記録とは?

金崎夢生 怒りの理由はいったいどんなものなのでしょうか?

なんとサポーターからは大ブーイングを浴びせられ、竹原社長にブチ切れたり一時騒然となったサガン鳥栖。

J1史上ワースト記録も気になりますね。

今回の記事では金崎夢生の怒りの詳細について詳しくまとめてお伝えしていきます!

スポンサーリンク

金崎夢生 怒りの理由の関連画像や動画

金崎夢生 怒りの詳細

J1鳥栖開幕9戦で1得点 夢生ブチ切れ 「砂岩」崩壊危機

 ◆明治安田生命J1第9節 鳥栖0-2湘南(28日・駅前不動産スタジアム)

最下位のサガン鳥栖がもはや恒例になったゴール欠乏症で湘南に0-2で敗れ、4連敗を喫した。開幕9試合を終えて、たったの1得点。2014年の徳島の2得点を下回るJ1史上ワースト記録だ。試合後には出番がなかった金崎夢生(30)が竹原稔社長に怒りをぶつけ、サポーターからは大ブーイング。結束力が持ち味の「砂岩」が空中分解の危機に陥った。

■監督解任は否定 竹原社長

 ついに内部からも怒りが爆発した。8回目の零封を喫した試合後。サポーターから大ブーイングを受けた選手たちがスタンド下に集まると、ベンチ入りしたものの出番がなかった金崎が、竹原社長に食ってかかった。仲間に制されて収まったが、一時騒然となった。

「言っちゃ駄目だって言われている。僕の性格を見たら、だいたい分かるでしょう」。金崎は詳細を語らず、他のチームメートも口を閉ざした。だが、これだけゴール欠乏症に陥れば、鹿島時代に指揮官と衝突したことのある熱血漢から不満が出ても無理はない。サイドから崩そうとはするがクロスは単調で、ゴール前の攻撃陣もただ待つばかり。唯一に近い前半6分の決定機もクエンカのシュートは相手GKの正面を突いてしまった。

開幕9試合で1得点はJ1最少。フェルナンドトーレスは「理由は一つだけではない。チームとして攻撃して守れば良くなる」と前を向くが、原川は「同じ絵を描けていない。行き当たりばったり」と深刻な連係不足に危機感を抱いている。

サポーターからはカレーラス監督の解任を求める罵声も飛び交った。昨年10月にフィッカデンティ監督の後任として残り5試合を無敗で切り抜け、J1残留に貢献した金明輝コーチの再登板を願う声も出た。しかし竹原社長は「解任が解決策になるという確証を得られていない」と当面の解任を否定。次節大分との九州ダービーも現体制で臨む方針だ。

フェルナンドトーレスは「私はチームを信用しているし、いいグループだと思っている」と前を向いた。小さな砂粒が結束すれば「砂岩」として大きな岩になる-。クラブ名の由来にもなっている根幹の部分が、あらゆる面で問われている。

鳥栖・カレーラス監督「試合を進める中で布陣や人の配置を変えるなど、点を取るための努力はしたが、最後の形ができていない。金崎はチームのために気持ちを出したと思う。負けた後に憤りを出すのは普通。彼の場合は強く出た」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp
9試合で1得点さらに全敗。。悲しい現実ですがこれはサポーターにとっても選手にとってもふるえるほど恐ろしい事態かと思います。トーレスは前向きですが試合に勝たなければなんの意味もありませんからね。
トーレスだけいても勝てませんしチームの結束力が物をいいますからね。
大赤字にチームも勝てない。選手は社長に食って掛かる。。
このままでは本当にチーム崩壊の危機ですね。。
なんとかして次の試合は勝たないともう士気も上がりそうもないですね。。
金崎夢生が怒るのも無理は無いかも知れませんが、それ以上にまずは自分を鍛えるようそして得点を勝ち取れるようまずは次の1戦頑張って勝ちに言ってほしいですね。

スポンサーリンク



金崎夢生 怒りの理由を知ったネットの声

好意的な意見

新潟もでしたが、サガン鳥栖は残留争いどころかJ1で上位に進出してきたこれまでの戦績は称賛に値すると思う。

 

今シーズンは苦しいが、素晴らしいスタジアムもあるし地方クラブの星。
なんとか頑張って盛り返してほしい。

ブチ切れる気持ちはわかる。確かにトーレスや本調子には程遠いイバルボより優先順位は上だと思う。
サポとしては、不満、いらだちよりも、やり方、ひいては監督を変えてくれという意思の一つとして受け止めたい。

ハードワーク主体のJリーグで元々得点感覚が落ちて来てる年を取った
トーレス師匠を取ってる時点で補強点が間違ってるよね。
日本のサッカーファンにとってはめちゃくちゃ嬉しい事だけど、
結果を出したいなら鳥栖が取るべき選手はそこじゃない。
トーレスで呼べる客数で回収できる金額じゃない。
取ったら使わなきゃ損みたいな心理も働くだろうし、
流れも変わってしまうわな。
夢生もふがいないけど歯車かみ合わないと本領も発揮できない。
それはトーレスにも言える事だけど。合う選手を起用しないとね。

 

 

 

批判的な意見

危機感や焦る気持ちが強すぎて一体化してないんだよね。金崎はこれまでの試合身体張って頑張ってきた。役割を彼に背負わせすぎ。周りの選手もっと動けよ、と思う。

鳥栖はなるべくしてこの結果になってる。
あれだけ良かった金さんを続投させずまるで神戸を真似したような突然のスペイン化、神戸のように財力がないのに下降気味のトーレス獲得したせいでDF陣、中盤の補強が全く出来ていない!
フロントが全くもってチームに合った強化プランを描けてない

 

せっかくここまで頑張ってJ1に居続けた地元のクラブ。弱い時からずっと応援してたが今年の鳥栖のサッカーは全くワクワクしない。この状況だとJ2に落ちたらもう二度とJ1へは戻れない気もするし経営もやばいでしょ。とりあえず監督はかえたほうがいい。

 

サッカーは1チーム11人で行うスポーツであるということを理解していない人がミーハー感覚で選手を集めた結果ということだろうか。
現場を預かる監督の意向もろくに聞かず、ちぐはぐな補強?をし続けると、お金がかかっていても、バランスの悪いチームになるという。
神戸と鳥栖はそんな状態。

 

 

ハル
ハル

今後どうなるかは分かりませんが諦めないで選手一人一人が力を合わせて頑張るのと監督は変えてイチからやるのがいいとは思いますね。

 

金崎夢生 怒りのまとめ

今回は金崎夢生の怒りについて詳しくまとめていきました。

彼が怒るのも無理はありませんがまずは一人一人のちからを合わせること。

そして練習を泥臭くやること勝ち点を取りに行く積極的姿勢を見せることが大切なのでは無いでしょうか。

J1残留を目指して再び頑張ってほしい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました