皆勤手当消失 注意点とは?有給の強制消化がヤバい!世間の反応は?

スポンサーリンク

皆勤手当消失 注意点とはいったい何なのでしょうか?

どうやら会社事態での有給の強制消化がとある問題が起きているようです。

このような会社って多いのですかね??

世間の反応はどうなっているのでしょうか?

今回のきじでは皆勤手当消失 注意点ついて詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

皆勤手当消失 注意点の関連画像

コレはヒドイですね。今回は有給がない新入社員だったので欠勤扱いになってしまい皆勤手当が亡くなってしまうと言う悲劇に見舞われてしまいましたね。

これって理不尽すぎる気もしますよね。

皆勤手当消失 注意点とは?有給の強制消化とは?

夏休みなどの長期休暇により大切な有給を強制消化させてしまうことみたいですね。

本来ならばそんなことは絶対に駄目でしょうがきっと暗黙のルール化がされておるのでしょう。

会社によってはこの有給を使ったことでなぜか皆勤手当が無くなることもあるそうですから最悪ですよね。

この新入社員の場合は有給が無いから欠勤とかヒドイですよね。

もっと仕組みを変えるべきですし労働組合などで訴えるなど抗議や裁判など起こしてぜひ変えてほしいですね。

皆勤手当消失 注意点の詳細

A子さん(23)は、4月に社員数約50人の製造会社に入社した大卒新人です。会社の給与には、基本給以外に皆勤手当があります。A子さんは皆勤手当を得るため平日は早めに就寝するなど体調管理に気を配り、入社から無遅刻、無欠勤でした。しかし、8月の夏季休暇のうち2日分が欠勤扱いになると聞き、ガッカリしています。

会社は、社員が無遅刻、無欠勤の月に皆勤手当を支給します。A子さんの給与は、基本給19万5000円と皆勤手当1万5000円で月21万円です。残業はほとんどありません。

◇夏季休暇の一部が有休の強制消化日に

昨年、就職活動をしていたA子さんは会社説明会で、休日は土日と祝日で、その他に、8月と年末年始にそれぞれ3~5日の休暇があると聞いていました。ところが入社してみると、今年から休暇制度が変わり、夏季休暇と年末年始休暇のそれぞれ2日は年次有給休暇の強制消化日となっていました。

有休の強制消化日は会社全体が休業するため、出勤できません。新入社員のA子さんは、入社から半年が経過する10月にならないと有休が付与されないため、欠勤として扱われると言われました。また、有休を使い切っている2年目以降の社員も欠勤となるそうです。強制消化日の2日は欠勤となるため、8月の皆勤手当は支給されず、さらにその2日に相当する分が基本給から引かれ、給与が大幅に減ります。

A子さんは「給与を引かれるぐらいなら出勤したい」と上司に伝えましたが、「会社が休みなので、それはできない」と言われました。納得できず、落胆しています。

まず、有休の強制消化について考えます。働く人には、有休をいつ取得するかを決められる「時季指定権」があります。しかし、働く人の自発的な意思に任せていては有休消化率が上がらないという現実的な事情があります。そこで働き方改革の一環として、2019年4月施行の改正労働基準法で、会社は4月1日以降に10日以上の有休を与えられる社員に取得時季を指定し、付与日から1年以内に5日以上の有休を取らせなければならなくなりました。

そのため、有休のない社員に対しては、一斉休業で消化する有休を前倒しで付与する▽特別休暇扱いとする▽会社都合の休業扱いとし、労基法が定める休業手当を支払う──のいずれかの対応が求められます。また皆勤手当は、支給する条件を会社独自で決められますが、今回のようなケースで不支給とするのは不適切と考えられます。

その次の年以降も一斉休業制度を続ける場合は、あらかじめ会社と従業員代表もしくは従業員の過半数で組織する労働組合で労使協定を締結し、強制消化日を有休の計画付与の扱いとして、その分の日数を次に付与する有休から差し引くといった対応ができます。計画付与は、社員の持つ有休のうち5日を超える日数について会社が取得時季を指定することです。そうすれば一斉休業にあてる有休が残っていないという状況が起こりません。

A子さんのように、新入社員で一斉休業時に有休が付与されていないケースでは、有給の特別休暇を与えるか、入社から6カ月たった時点で付与する10日の有休の一部を分割し、先に付与する方法があります。例えば、8月の強制消化日である2日分を先に付与し、10月に残りの8日を付与できます。労基法が定める有休の付与基準は入社後6カ月ですが、入社時から有休を付与する会社も多くあります。そうすれば、2年目以降の社員と同様に計画付与をすることができます。

事例のA子さんの会社は、有休の強制消化日を導入したものの、一部の社員への配慮を欠くなど事前の準備ができていないようです。休暇は、社員がリフレッシュするためのものです。会社は、社員が気持ちよく休める制度を整え、その制度を変更する場合には不利益を被る社員への対応を考えることが大切です。労働条件を変更する場合は労働契約法の規定に従い、原則労使の合意が必要です。

引用元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00000013-mai-bus_all

有給の無い社員に対するひどい仕打ちですね。

しかも好きな時に使えるのが有休なのにコレではまったく機能しておらず最悪の使い方ですね。

いっこくも早くこの様な会社が改善をしていただきたいですね。

こんなので働き方改革とか言っているのも本末転倒ですよね本当に。。

スポンサーリンク



 

皆勤手当消失 注意点を知った世間の反応は?

こういう社員が納得できないような制度にしている会社は何を考えているのだろう。将来的には数万円よりも高いマイナスになるよ
こういう会社の風土だと将来も期待できないし、金だけもらいながら転職活動するのもいいと思うよ

 

>会社都合の休業扱いとし、労基法が定める休業手当を支払う

常識的に考えてコレじゃないの?
10月からしか有給を与えてないのに強制有給消化をさせて欠勤扱い、当該日の賃金も皆勤手当も剥奪って違法行為と違うんか。

 

会社側がおかしいのわかっても、泣き寝入りだろうな。辞める覚悟がないと、訴えるなんてできないよ。
1年前に辞めた職場は有給がなかった。有給欲しいと申し出たが、人が足りないから無理。と却下された。違法じゃね?って思ったけど、戦わず辞める選択をしました。実際はこんなもんじゃないの??

 

未だに皆勤手当がある会社ってあるの?
うちはそういう縛りがないから、休みたい時に休めるし、給料が減るから今月は休めないとか、そういうのを一切考えなくて済む。
皆勤手当がある事によってマインドコントロールされてると思う。法律で皆勤手当なんて無くせばいいのに。

 

 

 

皆勤手当消失 注意点のまとめ

今回は皆勤手当消失についてまとめていきました。

このような問題はたくさんまだまだあるのでしょうね。。

働き方改革とか言うよりも前にこのような会社を一つでもなくしていかなければ行けないかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました