井岡一翔 タトゥー消し要請を守らないとプロテストに出れなくなる?

スポンサーリンク

井岡一翔 タトゥー消し要請 がでました!!

なぜタトゥーが左腕に彫られていたのでしょうか?

JBCの規則ではダメなはずですが・・・。。。気になりますね。

今回の記事では井岡一翔のタトゥー消し要請の詳細について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

井岡一翔 タトゥー消し要請 プロテストに出れなくなる?

また相手側の選手が自分のグローブを使いたいとゴタゴタの騒動も合ったそうです

詳しくはこちらです。

まあ愛着とかあるのは分かりますが、契約したグローブを使わないとダメですからこだわらないで素直になればいいのにと思いました。

相手選手もけっこういかつい感じですので、井岡選手が勝てるのか楽しみですね。

 

スポンサーリンク



 

井岡一翔 タトゥー消し要請の詳細

 17日、一翔は対戦相手の同級1位アストン・パリクテ(28=フィリピン)と予備検診に臨んだが、検診後の会見で「リップサービスじゃなくて、コンディションは過去最高にいいと思います」ときっぱり。4階級制覇へ死角なしの自信をみなぎらせた。一方で、その左腕に堂々と入れられたタトゥーには、立ち会った日本ボクシングコミッション(JBC)関係者たちが顔を曇らせた。

JBCの規則では体にタトゥー、入れ墨があると、試合どころかプロテストを受けることもできない。一翔は一昨年大みそかに引退後、昨年9月に海外で復帰した際にタトゥーが彫られていたが、今年3月に再びJBCのライセンスを取得したことで、試合ではJBC規則に従う義務がある。

しかも一翔の場合は、先週のイベントや公開練習でも半袖姿でタトゥーが目立つ状態。ネット上などでも批判的な反応が目立ったことから、予備検診後にJBCからジム会長と個人マネジャーに対して「計量には消してくるように」との通達が出されたのだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000038-tospoweb-spo

後日計量後の会見ではしっかりとタトゥーにテーピングをして出場していたのでファンなどはほっとしたようですね。

まあ日本もタトゥーにとても厳しい国ですから致し方ない部分もありますが、

井岡選手は一回引退して海外で再び復帰したのもあって今回のような騒動に発展したみたいですね。

まあしっかりと隠しているようですし、大会のときは今後は隠して出場するのでしょうね。

JBCも今回の戦いにはかなり気合を入れている様子ですので、両選手フェアに戦って欲しいと思います。

 

スポンサーリンク



 

井岡一翔 タトゥー消し要請のニュースを知ったネットの声

単純にJBCではタトゥー禁止にすればいい。
海外のように呪術や宗教的に昔から受け入れられてきたのと異なり、
日本の文化においては刺青は受け入れがたいものがある。
ましてやプロボクサーのように肌を露出する職業とわかっていながら
あえて入れるってのがわからん。

 

一説によると、入れ墨の「墨」の成分に発がん性があったり、墨を入れた皮膚の皮膚呼吸や発汗の機能が低下するから、アスリートが入れ墨することは弊害が大きいそうだ。
それに、裸を見せる格闘家が入れ墨をしていると、子供がそれを見てかっこいいと思うかもしれない。他人が入れ墨をしている分には好きにすればいいと思っている人が多そうだけど、ある日突然、自分の家族、特に自分の子供が入れ墨をしているのを見て、素直に素晴らしいと思える日本人はそんなに多くないでしょ。

 

日本でタトゥーの理解はハードルが高いと思う。井岡選手は、結婚してから変な方向に進んでいる感じ。離婚して正解と思っていたのですけど。元々ちょっとズレていたのか…実力がある方だと思うので、ボクシングに意識を集中して結果を出して欲しいし、自分のイメージダウンになるような選択はしないで欲しい。ひとつも良いことないですから。

ハル
ハル

タトゥーがあっても無くても僕は気にしませんが規則みたいですからそれに乗っ取らないと試合もなにも合ったものじゃないですからね。まあ今回は何事も無かったみたいですが、今後はどうなるのでしょうかね。

井岡一翔 タトゥー消し要請のまとめ

今回は井岡一翔のタトゥー消し妖精についてまとめていきました。

日本の規則ってやっぱりなんでも厳しいですが、まあタトゥーは日本ではヤクザとか悪いイメージがつきものですからしょうがないです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました