インリン 自宅火災の真相は?子供の安否や世間の反応は?

スポンサーリンク

インリン 自宅火災にあったようです!!これは一大事ですね!

今は台湾の台北のマンションに住んでいるようですが、火元やインリンさんやお子さんの安否がきがかりですね!

マンションとなると自宅か他の部屋から出火したのかが気になります。

世間の反応はどういったものなのでしょうか?

今回の記事ではインリンの自宅火災について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

インリン 自宅火災の関連画像

いやー本当にボヤですんで良かったですね!

一時はパニックだったようですが、お子さんもインリンさんご本人も無事で何よりです!

それにしてもいまだに美しいですね!

 

インリン 自宅火災の真相や子供の安否は?

台湾台北市在住のタレント、インリン(43)が、居住するマンションで火災が発生したことを報告し、一時パニックに陥った様子をつづった。

インリンは5日更新のブログで「昨晩10時すぎに、住んでいるマンションが火事になり、しかもマンションの警報が鳴ることなく、なんと!消防車のサイレンで気付き、窓の外をのぞいたら消防車と救急車が何台も来ていた」と前夜の出来事について書き出した。

「マジかっ!とパニックになり、子供たちにとりあえず鼻を覆うタオルを渡し、逃げなきゃと思って、急いでドアを開けて廊下に出たら、物凄い焦げたニオイがして、『どうしょう?』となり、パパと『非常階段で逃げた方がいいかな?でも12階に住んでいる私たちが7階(マンション全体のグループラインで7階が出火元というのを知りました)を通り抜けることできるかどうか?』とかってパパと相談しながら 結局部屋に戻ることを決断し、玄関の防火ドアを閉め、家の中で待機することにしました! 長男が恐怖に耐えきれずポロポロと泣きだし、子供達も大パニックでした!!」と緊迫した当時の状況を振り返った。

その後、部屋の窓から外の様子を眺めていたところ、「10分くらいで消防員のバタバタ感が少し落ち着き、さらにゆっくりと消防員が撤収し始めて、、、どうやらボヤだったみたいで本当にホッとしました」と、騒ぎは無事に収まったという。「とにかく、人生初めての経験でかなりかなりビックリして、火事になった時の避難知識をしっかり勉強しなきゃと反省しました」とつづった。

大事に至らなかったことを安堵(あんど)しつつも、マンションの緊急警報が鳴らなかったことに疑問を呈したインリン。「さすがに今回は『これも私の地元台湾らしいなぁ…まぁいいか!』って思えなくて、命がかかってることだから、もう本当に不安でしかない」とつづった

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-08050335-nksports-ent

どうやら7階でのボヤ騒ぎで幸いにインリンさんの住む12階にはなんの被害もなかったそうですがこのような家事騒ぎは初めてだったようでそりゃパニックになりますよね。

お子さんもまだ小さいですが安否も無事なようで安心しました!

焦げ臭い匂いとかしたらもう子供は怖くて泣くのは当然ですね。

これが大事になっていたらきっと避難など消防やレスキュー隊なども出動して大騒ぎになっていたでしょう。

何事もなく良かったのですが、インリンさんってもう43歳にビビりましたね!

まったく歳をとっていない印象でしたね。

 

スポンサーリンク



 

インリン 自宅火災の真相を知った世間の反応は?

火事は怖いですよね…
子ども達、本当に恐怖だったと思う。

それからデイリーさん、
『火事になった時の非難知識を』ってあるけど、
避難ですよw
ま、暫くしたらしれっと直すんでしょうけど。

 

多少の準備ができるのであれば、タオルを持たせるのではなく、大きなビニール袋がいい。
空気を沢山入れて、口鼻を覆う。それで避難ですよ。
タオルなんか、なんのフィルターにもなりませんよ。
子供と親を紐で繋いで行くのもよい。
手はビニールをしっかり口鼻に当てなきゃいけないので、離れちゃったら、パニックです。
あと、懐中電灯ね。
電気全部消えますか。

 

滑り台つけないと、高層階のみんな危ないですよね。
非常階段を昇ることは、そうないでしょうから、滑り台にしたら子どもも怖がらないのでは?

 

その辺がマンション(集合住宅)の怖いところだよね。
火元より上階だと火がまわらなくても煙でやられるので。

 

インリン 自宅火災のまとめ

 

ハル
ハル

今回はインリンの自宅火災についてまとめていきました。

火事は本当に怖いですね。インリンさんも住所がバレたのでしょうから引っ越しを検討するでしょうね。

他人事だと思わずに火事が起きたらどうするのか一人ひとり考える必要がありそうですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました