管理人Haruがおすすめする泣ける映画15選!!

スポンサーリンク

井上尚弥 KO勝ち!WBSS初戦突破!!その衝撃すぎる強さの秘密とは!?次戦はいつなのか?噂の美人嫁の画像もあり!

井上尚弥選手がWBSSであっという間のKOガチをした事がとっても話題になっています!!

相手選手や強さの秘密やうわさの美人の嫁についても詳しく!!

スポンサーリンク

井上尚弥 KO勝ち! WBSS初戦突破!!その衝撃すぎる強さの秘密とは!?

画像引用元:https://www.hochi.co.jp/

井上尚弥選手の瞬殺のKO勝ちについてはこちらの参考記事をどうぞ!!

井上尚弥、70秒一撃KO!WBSS初戦突破「もっともっとスーパースターに」

◆プロボクシング世界戦 WBA世界バンタム級タイトルマッチ ○王者・井上尚弥(1回1分10秒、KO)同級4位フアンカルロス・パヤノ●(7日、神奈川・横浜アリーナ

王者・井上尚弥(25)=大橋=が、同級4位フアンカルロス・パヤノ(34)=ドミニカ共和国=に1回1分10秒でKO勝ちした。他団体王者らとトーナメント方式で争う「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズWBSS)」の初戦を、世界戦の日本人歴代最速となる70秒の超スピードKOで突破し、準決勝進出。世界戦7試合連続&通算11度目のKO勝利も単独トップとなり、“トリプル日本新”で衝撃を与えた。井上の戦績は17戦全勝(15KO)、パヤノは20勝(9KO)2敗。(観衆1万)

突風が吹くように終わった。ゴングから70秒。まばたきをする間に、井上のワンツーがさく裂した。目くらましの左ジャブで作った死角から右ストレートをズドン。相手は大の字に倒れ、もう立ち上がれない。明確に当たったパンチはこの2発だけ。まさに一瞬。「WBSS初戦、サイッッコウの形でスタートが切れました!」。フルパワーの怪物に1万人の観客は総立ち。「尚弥コール」の後、リプレーの“衝撃映像”には、あっけにとられた笑い声すら漏れた。

分かりやすく史上最強を証明した。1992年4月のWBAスーパーライト級・平仲明信(沖縄)の1分32秒(92秒)を更新する日本最速の70秒決着。世界戦7戦連続&通算11度目のKO勝利で、3つの日本新記録を更新した。WBA王座も初防衛。あまりの早期決着に、大橋秀行会長(53)が「視聴率が…(心配)」と頭を抱えるほど。トランクスの赤と白のデザインは日の丸仕様。最強王者が集う“W杯”を日本代表で戦う自覚だった。

日本ボクシング界を代表する存在となり、伝えたいことがある。「日本は減量すればいいという考えが残っている。適正階級がいいということを見せたい」。より有利に戦うために大幅な減量を行い、適正よりも軽い階級で戦う選手が多い。無理がたたり、体重超過の頻発で公平性を失う。井上は、スポーツとしての根幹を揺るがす事態を嘆いた。

プロ17戦の計量で、リミットちょうどの一発パスは15回。世界戦では10戦連続で100グラムのズレもない。「適正階級でパワーはものすごく感じた。エネルギーが満ちあふれていた」。グラム単位、およそ卵1個分の徹底的な管理にも「プロとして当たり前」と語る。前回の試合9日前はリミットまで残り4キロ弱。今回は通常より早く減量を始め、汗をかいた練習後で残り1・5キロと絶好調。充実の背中で示した結果が最大のメッセージだ。

5歳で競技を始めて20年。父・真吾トレーナーとの写真を見つめ「あっという間だな」としみじみ思う時もある。井上の準決勝は来年3月頃、米国開催の見込み。相手はIBF王者ロドリゲス(プエルトリコ)が有力だ。勝てば日本人4人目の統一王者、WBSS優勝なら初の3団体統一。「本当に人生が変わる大会。海外でもこのパフォーマンスができれば、もっともっとスーパースターに近づいていける」。怪物の強さはもう、この国には収まらない。(浜田 洋平)

◆井上 尚弥(いのうえ・なおや)1993年4月10日、神奈川・座間市生まれ。25歳。相模原青陵高でアマ7冠など通算75勝(48KO・RSC)6敗。2012年10月にプロデビューし、13年8月に日本ライトフライ級王座奪取。同12月に東洋太平洋同級王座獲得。14年4月にデビュー6戦目でWBC世界ライトフライ級王座を獲得。同年12月にWBO世界スーパーフライ級王座奪取。身長165センチの右ボクサー。家族は咲弥夫人と1男。

引用元:https://www.hochi.co.jp/

いやー70秒でKO勝ちとはそうとう勢いに乗っていたんでしょうね!!

本当にすごい強さだと思いますね!!

この強さの秘密は嫁である咲弥さんとお子さんがいるからなんだと思いますね!!

このニュースを知ったTwitterなどの声は・・・・・

いやーするどいパンチが際立っていますね!!

適正階級はバンタムなのか。
たらればの話してもしょうがないのだが、
あと5センチ身長があればSフェザーまで
6階級制覇も現実的だったがこの感じだと
フェザーでも結構無理しないとって感じかな。

バンタム、Sバンタムで無双して軽量級の王として君臨するのも悪くない。
それが彼には出来るし今はどこでやるかより、誰とやるかだから。頑張れ井上。

あなたに言われなくても頑張ってますよww

準決勝は米国開催の見込みか。
相手はロドリゲスだろうから、どうせなら再来週の試合と同じくフロリダでやってほしい。
こうなったら、ほぼ敵地で難敵ロドリゲスをボッコボコにするところが見たい。

ロドリゲスもめっちゃ強いですからね!対決が楽しみ!!

強過ぎることが話題になるボクサーが日本にいた記憶がない。
楽しみにして観てたけど早過ぎて楽しむ暇もなかった。
それ以上に早過ぎて困ったのはフジテレビ。
でもこれからもフジテレビが応援してください。

これからの活躍めっちゃ楽しみですね!!

井上尚弥 KO勝ち!次戦はいつなのか?

画像引用元;https://www.hochi.co.jp/

次の対決は来年の3月頃にアメリカで行われる予定みたいですね!!

こちらの参考記事に乗っている勝者と3月に行われる準決勝で戦うみたいですね!!

画像!エマヌエル・ロドリゲス

WBSSは7日にバンタム級トーナメント準決勝の組み合わせを発表し、井上はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)―同級3位ジェイソン・モロニー(オーストラリア)の勝者との対戦が決まった。

画像ジェイソン・モロニー
井上は「ロドリゲスが勝ち上がってくる」と予想し、「井上が危ない、と言われているロドリゲスと戦いたい」と指名。大橋会長は「来年3月くらい。一応、米国を予定」と話しており、プエルトリコ系住民が多い米東海岸が候補地となる。同会長はロドリゲス―モロニー戦(20日、米フロリダ州オーランド)を視察する予定も明かした。

決勝に勝ち上がった場合、相手はWBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)かWBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)になりそうだ。いずれも強打だけでなくテクニックで試合を支配できるタイプで、1回戦突破が予想されている。

引用元https://www.sponichi.co.jp/

確かにロドリゲス選手の方がめちゃ強そうに見えますね!!

これは3月はロドリゲスと戦うのが濃厚な気がしますね!!

井上尚弥 KO勝ち・・・・噂の美人嫁の画像もあり!

画像引用元:https://matome.naver.jp/

お嫁さんめっちゃ美人ですね!!

これは井上選手も嫁さんのためならいくらでも頑張っちゃう気がしますね!!

お嫁さんの名前は咲弥さんというおなめらしく二人の間に子供も一人いるみたいですね!

井上尚弥選手のこれからの活躍にますます期待できますね!!

今話題!!管理人おすすめおもしろ動画まとめ!

こちらのまとめ記事もおすすめです!!

ジワジワくるww中国のおもしろ粗悪キャラクターまとめ

管理人オススメの記事!!

 

スポンサーリンク
FC2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
FC2