いだてん テロップ 賛否がヤバい!徳井の出演カットし切れず放送!

スポンサーリンク

いだてん テロップ 賛否がヤバいことになっています。

なんと徳井の出演をカットし切れず放送したようです、

はじめの冒頭のテロップなどでお詫び文なども出ています。

いったい世間の反応はどうなのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

いだてん テロップ 賛否の関連関連

いだてん テロップ 賛否の詳細

チュート徳井余波「いだてん」冒頭お断りテロップで出演説明「編集などでできるだけ配慮をして放送」

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)の第41話が3日に放送され、この回から女子バレーボール日本代表・大松博文監督を演じるチュートリアル・徳井義実(44)が約1億2000万円の申告漏れで活動自粛に追い込まれた問題を受け、番組冒頭、お断りのテロップを約14秒表示。1分短縮の再編集を施したことが強調された。

黒バックの背景に「大河ドラマ『いだてん』は10月1日にすべての収録を終了しています 徳井義実さん演じる日本女子バレーボールの大松博文監督を描くシーンについては編集などでできるだけ配慮をして放送いたします」と白字が映し出された。

第41話は「おれについてこい!」。平沢和重(星野源)の名スピーチで1964年(昭39)の東京オリンピックが開催決定。田畑(阿部サダヲ)を事務総長に組織委員会が発足する。顧問として大物政治家の川島正次郎(浅野忠信)が参加。川島は東龍太郎(松重豊)が当選した都知事選で田畑と対立した因縁があった。メダルを獲れる競技を正式種目に取り入れようと考えた田畑は、河西昌枝(安藤サクラ)キャプテンが率いる大阪の女子バレーボールチーム・日紡貝塚に注目する…という展開。

出演者クレジットは6番目という重要な役どころ。徳井は開始約7分、田畑たちが日紡貝塚を視察するシーンに登場。“鬼の大松”と呼ばれた大松監督が「立てー、死んでも立てー、立って死ね」などと今ではあり得ないようなゲキを飛ばして河西ら選手を猛特訓する姿が描かれた。

徳井の問題を受け、NHKは前日2日にも、公式サイトなどで「大河ドラマ『いだてん』につきましては、10月1日に全編の収録が終了し、撮り直しができない状況にあるため、徳井さんのシーンを中心に、再編集して放送いたします。徳井さんが演じる大松博文監督は、1964年の東京オリンピックで、東洋の魔女と呼ばれた日本女子バレーボールチームを率い、金メダルを獲得しました。その活躍ぶりは『いだてん』で欠かすことのできない物語のひとつでした。再編集にあたっては、視聴者のみなさまに満足していただけるよう、ドラマ全体の流れを損なわないことにもできる限りの配慮をいたしました。その結果、11月3日(日)放送予定の第41回は、通常43分の放送時間が42分となります」と再編集を施すと報告。放送時間が1分短縮されることについて、視聴者に理解を求めた。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000233-spnannex-ent

個人的には別に問題を起こしたからだけで全カットにしてはそのドラマがつまらなくなってしまうからやってほしくないしドラマの制作側にはなんの非もないですからあまりにひどい仕打ちだと思います。

そして徳井の演技は意外にも良かったですから、ドラマをだめにするぐらいなら少しくらい出演してもいいとは思いますね。

スポンサーリンク



 

いだてん テロップ 賛否 世間の反応

徳井さんの件、どこをカットしたか分からないほど自然だった。だからこそ。瀧さんの時も今回も、こんなに懸命にベストを尽くして、この物語を私たちに届けてくれる人たちの作品を、外野の意見でこれ以上変えさせちゃダメだ、絶対。

徳井さんのキャスティングはきっとスタッフさんの何かに引っかかって彼にオファーしたんだと思います。 わたしはそのスタッフさんたちを今までのいだてんを見て十分に信用しています。 だからカットするなってほぼ半泣き状態でNHKにメール送った。つまるところ、スタッフへの愛ってやつ。

これは、スタッフはもちろん、NHKへの批判でもないんだけど、削ったとしても、これだけ徳井さんを出せたなら、最初にテロップ出すだけで、普通にノーカットで良かったじゃんねー!少なくとも、これから先はノーカットで良いじゃんねー!の気持ち

徳井さんのシーン流してくれてありがとう!」は、この件で揚げ足を取りたいアンチの方々への格好のエサになりそうなワードですが、勘違いされたくないのは、私個人としては、見たかったのは「#いだてん の大松監督」なのであって「申告漏れしていたチュートリアル徳井義実氏」では無いのです。

徳井さんの件、どこをカットしたか分からないほど自然だった。だからこそ。瀧さんの時も今回も、こんなに懸命にベストを尽くして、この物語を私たちに届けてくれる人たちの作品を、外野の意見でこれ以上変えさせちゃダメだ、絶対。

普段は冒頭のお断りのテロップは無粋だと感じる側の人間だけど、今日のいだてんはそれも含めて最高だった。 だって、バンバン徳井出ていたじゃんねー!! もちろん苦渋のカットとかスタッフの苦労はあったのだろうけど、見ている方は文句なく楽しかった

徳井ちゃんと出てるじゃん。けどこの昭和スポ根指導法は今やったらヘイト炎上必至のあの時代にしか出来ない指導法なんだけどなあ

冒頭にあんなテロップ出した割には、徳井出まくってるじゃん! 実は編集したフリだけして徳井の出演シーンは実際にはまったく削らず、制作スタッフが上層部に全面抵抗してる? だとしたら、断固支持するぞ!

いだてん テロップ 賛否 おわりに

今回はいだてんテロップの賛否について詳しくまとめました。

NHKに講義する人も絶対にいるでしょうが制作側も魂込めて毎日作っているのですからこれぐらい多めにみて上げる世間だと日本はもっと優しい国になれる気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました