老け顔アプリ 創業者は誰?大人気の裏で出た問題とは?世間の反応は?

スポンサーリンク

老け顔アプリ 創業者は誰なのでしょうか?

世界で大人気の裏で出たある問題も浮上していますが一体どうなっているのでしょうか?

世間の反応は気になりますね。

今回の記事では老け顔アプリの創業者について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

老け顔アプリ 創業者の関連画像

このアプリの関連したツイートはこちらです。

老け顔アプリ 創業者は誰?

老け顔アプリを作った創業者は一体だれなのでしょうか?

創業者はヤロスラフ・ゴンチャロフさんという方ですね。

FACEappのアプリを作る前にはマイクロソフトで働いておりウィンドウズモバイルなどの開発などを行っていた方みたいですね。

前職のこともありappを作るのも得意だったのでしょう。

しかしこの老け顔アプリがかなり物議を醸しているようです。

ロシアの方なのでアメリカ人などの人は使うのに抵抗がある人もいるようでそのあたりで

実は問題が起きているのです。

 

老け顔アプリ 創業者 大人気の裏で出た問題とは?

こちらがその問題の詳細です。

しかし、FaceAppの人気が爆発した途端、ゴンチャロフがロシア出身であることから、ロシア嫌いの人々を中心にFaceAppがスマホに保存されている全ての画像にアクセスし、アメリカ人の顔データがロシアに流出しているといった噂が広まり、米国の上院議員がFBIに捜査を要請する騒動に発展した。

これに対し、ゴンチャロフはプライバシー規約を見直し、透明性を高めることをユーザーに誓った。サンクトペテルブルクにある本社でインタビューに答えた彼は、「先日は約3時間の間に200回も電話が掛かってきて、業務に支障をきたした」と述べ、会社が危機モードからようやく回復しつつあることを明らかにした。

現在のFaceAppの規約では、ユーザーが投稿した画像の所有権や、画像を編集したり、ユーザーに報酬を支払うことなく販売する権利を同社が保有すると定められている。「ユーザーは、我々の規約に記載されていることが実際に行われていると思いこんで恐怖を感じているが、そんなことは一切ない」とゴンチャロフは話す。

FaceAppに投稿された画像は48時間後にアマゾンやグーグルのサーバから自動的に削除され、同社が商用目的で画像を使うことはないという。画像をサーバ上に48時間保管する理由は、ユーザーが新しいフィルターを使うたびに新たに画像を投稿する手間を省くためだという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190813-00029025-forbes-sci&p=3

アメリカ人はすぐに疑心暗鬼に陥るのでいけませんね。

ゴンチャロフもそんなことは無いと言っていますし、何よりシステム的にも48時間で写真のデーターがサーバーから消えると説明しているわけですからとんだ言いがかりですね。

まあロシア人はちょっと怖い印象があるのは確かに否めない部分もあると思いますが、

彼はきっと人のため世のために作ったのでしょうからね。

苦情の電話が200件とか完全に仕事になりませんねww

 

スポンサーリンク



 

老け顔アプリ 創業者やアプリの問題を知った世間の反応は?

 

まあ個人の国民の画像を収拾しているとなったらそり大問題ですが、そんなことはアプリでやるとは思いませんね。もっとやるなら秘密裏にやるでしょうよ。

 

私は使った事ないですけど、こういう個人情報を取っているとかってFBとかでもありましたね。

まあ結局は都市伝説的なものばかりで実際は取られることはまず無いでしょうね。

創業者がそんなことはないといっているわけですから信じましょう!

 

 

というかこんな個人情報を抜き取るようなことをやっていればお互いの国の信頼も失い大変なことになりますし、このロシアのゴンチャロフも国と一緒に組んでやることになりますから、そんなばかげたことはしないと思います。

この作った人もそんな噂のおかげで苦情を言われて辛いですよね、ただ自分は面白くて楽しいアプリを作っただけなのでしょうからね。

老け顔アプリ 創業者のまとめ

 

ハル
ハル

今回は老け顔アプリについてまとめていきました。

いやちょっとやってみましたが本当にふけるので面白いですし、子供とかにやると誰か分からなくなるレベルですww

個人情報を抜きとったりもガセネタだったので一安心ですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました