スポンサーリンク

ほんこん 副業エピソードがヤバい!店長など関係者が行方不明!?

ほんこん 副業エピソードがヤバいと話題が持ちきりです!!

なんとすでに閉店していますが、以前経営していた焼き肉店の店長が着服したまま行方不明になった浴びない事件も起きているみたいです!!

これは最悪な事件ですね!

今回の記事ではほんこん副業エピソードについて詳しくまとめてお伝えしていきます!

スポンサーリンク

ほんこん 副業エピソードの関連Twitter投稿

ほんこん 副業エピソードの詳細

ほんこん、焼肉屋を出店するも店長らが着服…被害額は数千万円に!

 お笑いタレント・ほんこん(55)が12日放送の関西テレビお笑いワイドショーマルコポロリ!」(日曜 後1・59)に出演。副業ビジネスで味わった衝撃エピソードを赤裸々に語った。

ほんこんは、ちりとり鍋、たこ焼き、花屋など多方面に出店・プロデュースを行ってきた。最初は銀座にお好み焼き屋を出店。最大3店舗まで伸ばすも結局2店舗を閉店させるなど、飲食店経営の難しさを思い知ることとなった。

中でも痛い目に遭ったのが焼肉店の経営。ほんこんを慕う知り合いの男性に店長を任せ、2008年、焼肉「ほんこん亭」をオープンした。

スタート時、1カ月目の売り上げは600万円、2カ月目は750万円とまさに順風満帆。その時、ほんこんには200万円の取り分があったという。しかし、3カ月目でまさかの取り分ゼロ。店長からは「支払いが重なって利益が出なかった」との説明があった。

4カ月目になっても取り分ゼロが続いたため、ほんこんは“おかしい”と感じ、伝票を調べ上げた上で業者に確認することに。すると肉を仕入れた領収書は偽造されたもので、料理長が別の業者から肉を購入し、差額の20万円を毎月着服していたというのだ。

しかも店長が店のレジから毎日1万円を抜き取っているといった事実も。店長には当然給料(35万円)も支払われており、毎月60万円以上のお金を得ていたという。しかも経理を担当していたのは店長の妻。お金の動きがほんこんに知られぬよう裏工作もしていたのだ。

当然のようにお金の流れが悪くなり、バイトの給与が遅れる事態に。ほんこんがバイトに事情を聴くと「ほんこんさんが『金よこせ』言うて(お金を)持って行ってた」と店長に聞かされていたと明かした。そんなこともあって被害額の累計は4カ月で数千万円に及び、「ほんこん亭」は閉店することとなった。

その後、ほんこんは知り合いの弁護士に相談するも「(賠償金は)取れませんよ」と言われてしまう。それでも何かあったら困ると、内容証明は送っているという。しかし、店長・店長の妻・料理長は「行方不明」とあり、ほんこんはため息をついていた。

めげないほんこんは、再起をかけておにぎり屋を出店したそうだが、「3~4カ月で店閉めた。一銭ももらわれへんかった」と嘆き節は止まらなかった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00000210-spnannex-ent
これはひどすぎる!
ほんこんさんも可愛そうですが結局のところ、ご自身でお金の管理をしないで雇った店長などの関係者で固めた結果こうなったしまったのでしょうね。
それにしてもこういう悪いやつからなぜ賠償金を請求できないのでしょうかね??
泣き寝入りはさすがにつらすぎですよね。売上金とかほぼすべてのお金をむしり取られて逃亡。
僕だったら発狂するでしょう。
芸能人のお店って続かないことでも有名ですが、それはやはりほんこんさんのようにお金を取られたり人気が無くなること。
つまり自分が経営だけで何もしないから駄目になるのでしょう。
結果を出すにはやはり自分が行動し考えてお店に立つ。それ以外で続かせるのはなかなか大変なのではないでしょうかね。
ほんこんはこれにこりて二度と飲食店は経営しないと思いますね。

スポンサーリンク



ほんこん 副業エピソードの詳細を知った世間の反響

お金の管理を自分できないなら店舗経営はしない方がいい。どんなに親しい知り合いでも金の魔力には負けて、最後は金も友人もなくす事になる。
一緒に仕事する人に恵まれるか、否かで生活が変わりますよ。ある意味恵まれた人は成功する可能性高いと思う。
私は失敗しましたけど・・・

 

確かにほんこん亭の店長夫妻が悪い。
だけど、店の経営管理をちゃんと確かめなかったほんこんさんにも責任がある。
借金に耐えられなくて逃げたい気持ちはわかるけど、沢山のお金を横領着服しておいて夜逃げみたいにいなくなる店長夫妻には天罰を与えたい。 今件でほんこんさんは店の経営者には向いてない。今件のような事件があるからこそ私は自分のお金はまっとうなお支払い以外は他人に渡さないようにしてます。上記のような人達を私はだあれも信じちゃいないから。

 

 

複数店舗を経営する場合、覚悟せなあかんリスクです。
今は防犯も兼ねて店内及び、レジの真上にカメラを設置してます。
常に携帯で店内様子を見れるし、遠隔操作でカメラの角度も変えられる。もちろん録画も。
リスクマネジメントはしっかりしないと、今は身近な人間でも信用したらアウト。

この手の話しよくある事で共通しているのが丸投げしている点、オーナー関係でよく出来ている人は定期的に見に行って、お金の管理を出来る人を必ず置いて、会計しっかり見ている人なんだよね。

商売をするのに片手間では ダメだと言う事。
商売に対して素人であれば 素人なりの動きをしなくてはならない。………と、7年前の自分に言い聞かせたい。

 

売り上げ750万でほんこんの取り分が200万はありえないと思います。店長に35万でバイトもたくさんいるだろうから最高で100万あるかどうかじゃないかな?
今までの経験上知り合いでも店長が材料やお金を着服する確率はかなり高いです。
人任せは失敗の原因だからね。

 

ハル
ハル

やはり自分の力でビジネスは切り開いて行かなければいけないということですね。

ほんこん 副業エピソードのまとめ

今回はほんこんの副業エピソードについてまとめていきました!

ほんこんさんもこれだけやられてまだお金があるのがすごいですね。

しかし副業には手を出さないで堅実にやったほうが良いとは思います。

本気で何事もやらなければ結果はついてきませんから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました