スポンサーリンク

原勇弥 いだてん出演は視聴率のため?阿部サダヲ激似画像はこちら!

原勇弥 いだてん出演は視聴率のためと言われています。

まあそんなことしても見る人は見ますし見ない人は見ないとは思いますが。。

阿部サダヲさんに激似だそうですよ!画像も公開します!

今回の記事では原勇弥のいだてん出演の詳細を詳しくまとめてお伝えして行きます!

スポンサーリンク

原勇弥 いだてん出演 阿部サダヲ激似画像はこちら!

これはめっちゃ似ていて笑いますねww

 

なかなかおもしろい持ち味の俳優さんですね!

原さんおプロフィールですが

現在29歳の活動は2008年から活動しており主に舞台で活動していますね。

特技はフリースタイルのヌンチャクだそうで結構ガチでやっているみたいですね。

お腹が弱かったり、炭酸が苦手とかおちゃめな想像通りの方ですねw

 

原勇弥 いだてん出演の詳細

「いだてん」視聴率回復の切り札!?阿部サダヲ似の怪優、原勇弥

 異色の切り札参上-。NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・0)で、若き怪優、原勇弥(29)が26日放送から登場することが15日、分かった。阿部サダヲ(49)演じる後半の主人公で1964年東京五輪誘致の立役者、田畑政治(まさじ)の学生時代の役。「基本的に人間じゃない役が多いのですが…」と謙虚に熱演を誓った。

前半の中村勘九郎(37)から阿部へ、6月30日放送から主役の交代する「いだてん~」。そのリレーをつなぐバトンの役割が、阿部そっくりの原に託された。

3年前の舞台「おそ松さん」で演じたハタ坊のおかっぱ頭が気に入り、今回も変えない。映画「進撃の巨人」で人食い巨人を演じるなど特異な役が多いため、本紙の取材に「怪物や人間離れした役が多いし、それも好き。でも、今回は尊敬する阿部さんと同じ役なので光栄です」と笑った。

同局では阿部に顔が似て小柄な俳優を探していた際、オーディションに来た身長155センチの原がハマった。原自身、中学生の頃から阿部の大ファン。「阿部さんはゼロから100を生み出す言葉と演技の瞬発力がすごい。ユーモアセンスも抜群」とぞっこんで、2008年にデビューしてからも模範としてきた。それが功を奏した格好だ。

演じるのは、体質の弱い自らの代わりに、後輩の水泳選手たちを育てた熱血漢の若き田畑。大河は過去に2012年の「平清盛」に出演し、阿部も出演していたが、共演シーンはなかった。今回初めて収録中、阿部から「(役柄に必要な)水泳の練習はしてきたの?」と声をかけられ大感激したという。12年前から続けるヌンチャクが特技で、動きも小気味いい。

「いだてん~」は先月28日、平均視聴率7・1%を記録し、くしくも「平清盛」の記録した大河史上ワーストの7・3%を更新したばかり(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。しかし、阿部とともに2度の大河視聴率どん底を目の当たりにした原が、切れ味鋭い演技で新たな風を呼びそうだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000502-sanspo-ent
進撃の巨人の巨人役とかたしかにハマりそうな顔立ちですよね。
妖怪役とかもバチッとあっていますが、今回はちゃんとした人間の役しかも尊敬する大先輩の安倍サダヲさんから託されたわけですからプレッシャーもあるかもしれませんが、
原さんの演技力にめちゃくちゃ注目ですね!
どんな演技を見せてくれるかによって今後のいだてんの視聴率にも影響が出そうな気がしますね。

スポンサーリンク



原勇弥 いだてん出演を知った世間の反響

見たい人が見れば良いし、視聴率が悪いからどうのこうの言うのはおかしい。
特にNHKは視聴率が良かろうが悪かろうが受信料で経営は成り立っているから気にしなくて良いんじゃないかな。
俳優さんを話題にして、少しでも注目を集めようとするのも、俳優さんに失礼な気ぐします

 

 

自分は毎週楽しく見ているが、家族には不評で「まだ見るのか」と言われる今回の大河

素人なりに思うのは、ヒット作は大抵「わかりやすい」が基本だと思う
時系列が分断され、登場人物が一瞬で若くなったり老けたりする今回の大河は「わかりにくい」話だと思う
俳優や演技云々ではなく、話が「わかりにくい」と感じる人が多かったということではないのだろうか

金が余りあるNHKにしかできない力業で、個性派俳優の演技を持ち上げても、ドラマそのものから脱落した視聴者は戻らないだろう

 

視聴率が上がるなんてことはないでしょうね。
そんなのは普通のドラマでも珍しいし
ましてや今回の題材では更に望めないと思う。
今までの大河であれば多少歴史の知識があれば
今そこらへんの所やってんのか好きだからみようとか
知ってるからこそ途中で参入もできるだろうけどね。

 

ここからがホントに面白くなってくると
思えるんだけどなちょうど第一次世界大戦が
終戦を迎えた辺りから日本はゴタゴタの連続が
出てくる訳なんだから。
何せ米騒動や世界恐慌、関東大震災の影響で
日本は一気に暗くなってくる事を考えたら

俳優を交代しようが第一に脚本の問題あり、落語とオリンピックの関係は時代背景を表現しているつもりなのだろうが、歌舞伎役者のクマドリや落語家がたけしの意図が意味不明すぎる。

 

ハル
ハル

批判が多いですが、視聴率は関係なく面白い人は見ればいいですし、この俳優のファンの方がみたりなど人それぞれ楽しめればいいですね!

原勇弥 いだてん出演のまとめ

今回は原勇弥のいだてん出演についてまとめていきました!

このいだてん出演でさらに人気に火が点いて大ブレイクしたら本人も嬉しいでしょうね。

原さんの演技は見たい人はぜひいだてんをチェックしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました