函館スプリントS 除外多数の理由は?前代未聞6頭が競争除外!

スポンサーリンク

函館スプリントS 除外多数の理由は一体どうしたのでしょうか?

なんと前代未聞の1レースで6頭もの競走馬が競争除外になっているようです。

薬物などの摂取などが疑われているとのことですが馬主の方がいちばん可愛そうな気もします。。

薬物などはやはり食べる牧草や飼料などに含まれているのでしょうか?そのあたりも気になりますね。

今回の記事では函館スプリントSの除外多数の詳細について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

函館スプリントS 除外多数の関連画像

レースを楽しみにしていた方も残念みたいですね。

またこのようにツイートする方もいました。

本当になぜこの食べた飼育飼料に薬物が検出されてしまったのか?

関係者が入れたのか?また真っ先に疑われるであろう飼育員なども怪しい気もしますが、もともとの飼料に入っていた点も含めますと、難しい問題になりそうですね。

今回の函館スプリントSは約半頭でのレースですから完全に実力の差だけでレースが展開されそうな気がしますね。

 

スポンサーリンク



 

函館スプリントS 除外多数の詳細

今回の事件の発端ですが、函館スプリントSの重賞レースで出走予定だったダノンスマッシュ

シュウジ

ライトオンキュー

リナーテ

トウシュウピスト

タマモプリリアン

この6頭の馬から禁止薬物を含んだ飼料添加物を摂取した可能性が浮上したために競走除外としたそうです。

今回のレース意外の馬を合わせるとなんとその数156頭にも及ぶそうです!!

計り知れない衝撃な事件ですね。かつてこれまでの競走除外を僕は知りません。

一体どうなってしまうのでしょうかね?

多くの競馬ファンも楽しみにしていたぶんこのレースは買わないと言う人が増えているのも現状ですね。

しかし残念ながら理由はまだ明らかにされておりません。

海外の飼育飼料で海外から添加されてきたのか?はたまただれかが混入させたのか?

疑ったらきりがありませんがしっかりとJRAには調べてもらって原因究明をしてほしいですね。

こんな半分の馬が除外ならレースを中止にした方が良いとはおもいますけど・・・

JRAも結局は金なんですかね??

これではファンも世間の人々も納得行かないでしょう。

馬主の方は気が気じゃない気持ちでしょうし、僕が馬主ならはやく原因を探してくれと懇願するでしょう。

とにかく今回の件でより禁止薬物の検査がより厳しくなりそうですが、もちろんフェアプレーがみたいですから今後一掃しなければいけませんね。

 

スポンサーリンク



 

函館スプリントS 除外多数の理由を知ったネットの声

2014年12月にピンクブーケ号に起きた事件とほぼ同じ事案。
それを規模を拡大させて引き起こしたJRAの超大失態です。

 

2014年の時は、新馬勝ちしたピンクブーケを失格にして、厩舎、馬を犯罪者扱いした挙句、原因は今回と同じJRAトレセン販売のサプリメントだった。

 

あの時、初報だけでなく顛末までしっかり周知報道すべきだった。おそらく顛末の報道はそんなに多くのファンには伝わっていなかったと思う。多くのファンにピンクブーケの事案は100%JRAの失態だったと伝わっていれば、もっとJRAが批判されて反省させていれば、今回の事案は防げたかもしれない。

 

これは重大なインシデントです。JRAは関係者の処分を速やかに行って原因究明をファンに公表すべきです。出走により得られた手当などの保証も速やかに行う必要があります。少なくともJRA役員の辞任は避けられないと思います。監督官庁の農水省も早く動くべきではないでしょうか。

 

これは酷いですね。
被害額は計り知れないでしょう。
馬主も厩舎関係者も憤慨していると思います。
流通経路や販売方法などの見直しをしないと再発する事案なので、これを機にきちんと取り決めをして欲しい。

 

ハル
ハル

多くのファンやオーナー・ジョッキーなどレース関係者に迷惑をかけた今回の事件早急な対応や原因究明をJRAは望みますね。

函館スプリントS 除外多数のまとめ

今回は函館スプリントSの除外多数についてまとめていきました。

まだ問題が何も解決していませんが、これがレース後に気づいていたら大炎上がまきおこっていたでしょう。

レースもやらないで中止すればいいのにと思いますね。

JRAも管理体制も今後疑われる可能性が十分にありえそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました