恐竜先生 答え教えない理由は?ダイナソー小林がワロタww世間の反応は?

スポンサーリンク

恐竜先生 答え教えない理由は何なのでしょうか?

 

というかまずダイナソー小林って何なのでしょうか?遊戯王のキャラで出てきそうな名前ですねww

 

この記事に関しての世間の反応もどういったものなのでしょうか?

 

今回の記事では恐竜先生の答えを教えない詳細について詳しくまとめてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

恐竜先生 答え教えない ダイナソー小林って誰ww

ダイナソー小林ってすごい通称ですよねww

気になったので調べてみました!

本名は小林快次で1971年生まれでNHKラジオの子供科学電話相談で人気になり恐竜先生と呼ばれている方です!

国内でむかわ竜と呼ばれる北海道のむかわ町で発見もここの発掘調査にかなり力を入れている方みたいです。

ネット上ではダイナソー小林との異名持っているんですってww

中2感あふれていてかっこいいですね!

恐竜先生 答え教えない理由

小林が発掘の世界を飛び出し、世間に知られるようになったきっかけは、2010年から出演しているNHKラジオ「夏休み子ども科学電話相談」だろう。小中学生の科学に対する疑問や興味にこたえる、夏休みの風物詩とも言えるラジオ番組だ(今年4月からは「子ども科学電話相談」として週1回のレギュラー放送化)。小林は “恐竜の先生”として出演する。

「恐竜をモフモフしたい。いっしょに遊んでくれそうな恐竜がいたら教えて」
「恐竜バージョンの桃太郎のお話を考えています。おとものキジの代わりになる植物食の恐竜はなにがいいと思いますか」

思わず笑みがこぼれるような無邪気な質問にも、「モフモフって何したいのかな? 触りたいの?」「キジ以外は、もう決まってるんだ? ああ、いいとこいくね」と大真面目に子どもたちと会話する。どんな質問であろうと「子どもだから」とバカにすることはない。

「子どもたちも分かると思うんですよ。適当に『こうじゃない?』とかって言ってると。例えば何か言われて、分かんないと大人ってごまかすわけですよね。でも大人だって全部知ってるわけじゃないんだから、一緒に考えてみようかって寄り添ってあげればいいんです」

研究のプロは、この「難関」をどうやって乗り越えるのか。ラジオで聞かれるような純粋な疑問にこそ、最大のヒントがあると小林は言う。

「恐竜以外でも『なんでトマトの種はトマトの中で芽が生えてこないんですか』とか、『なんで赤ちゃんはかわいいんですか』とか。ん? と思うけど、確かにそうだなって質問が多いんですよ。例えば、子どもから質問があったら、それを一個一個書き留めて、冷蔵庫とかにペタペタ貼る。それを『この前、こんなこと言ってたじゃん。一緒に調べてみようか』とか声を掛けてあげるといいと思います。そうすれば、自由研究の選択肢だって日々作ってあげることができる。『えっ、何だろう』って思った疑問こそが自由であって、それを自分で探ってみるのが自由研究になるんじゃないかな」

「こういう図鑑があるから、それ見て調べてみなって。これ何だろう、じゃあ先生に聞いてみよう、だとすぐ答えが出ちゃうんですよね。それでは学習にならない。間違っててもいいから自分なりにスケッチして、〈ここがちょっと丸い〉〈ツルツルしてる〉〈何とかが何本ある〉って特徴を書き出してみる。そうすると自分の言葉、自分の表現で、世界に一つしかないノートができる。そうやって、いかに自分で考える力を持つかっていうのはすごく大事だと思うんです」

なぜ考える力が大事なのか。

「小学生でもめちゃくちゃ恐竜に詳しい子って、図鑑じゃ物足りない。〈進化って何?〉〈ベルクマンの法則は?〉〈コープの法則は?〉って聞くと、これこれこれって答えるんですよ。恐竜を通してなのか、小学校のレベルを超えた生物の知識を学んでたりする。興味を持つことが学びのきっかけになってるんですね。例えばスタートが恐竜で、そこから何だか天体も面白いな、昆虫も面白いぞ、電車も面白いってなっていい。考える力さえ持てば、いろんな応用が利く。僕は恐竜って、その入り口っていう感じがしてるんです。ほら、恐竜って嫌われないキャラだし」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/feature/1387
すごい深いお言葉でこの方はどうすれば一番子供のためになるのかをよく考えていますね。
答えをすぐに教えない理由も考えることが大切であり、考えることでたくさんの知識を知りたくなったりするし自分から自ら進んで調べて行くから。
まさにこのとおりですね。
僕も普通にネットや図鑑で調べて見ればとかで終わっていたので、今後は自分でもっと考えたり調べさせたりするように心がけていきたいですね。
このダイナソー小林さんも好奇心旺盛な方みたいですので自分で知りたいことをたくさん考えて学んで来たのでしょう。
みなさんもダイナソー小林さんが気になったらNHKラジオの番組を聞いてみてください!
またたくさんn恐竜にまつわる書籍も執筆しているようです!
こちらが番組のHPになります!

スポンサーリンク



恐竜先生 答え教えない理由を知ったネットの声

恐竜先生、最近知りましたがとっても魅力ある発掘先生御著書も読んでみたい!

 

ハル
ハル

こういう人は知的好奇心旺盛な方ばかりですから、子供のころも自分でたくさんの事を考えて行動して調べて来たのでしょう。日本の宝だと思いますし、発掘や恐竜ってやっぱりロマンありますからねー宇宙もそうですけど。これからも子供のために頑張ってください!

遅れてらじるってるけど毎週やるようになったからか独特の緊張感が感じられなくなった(スムーズ!) 川上先生だから?恐竜先生も増えてていいなあ ダイナソー小林先生捕まえるの大変そうだもんね

恐竜先生 答え教えないまとめ

 

ハル
ハル

今回は恐竜先生の答えを教えない理由についてまとめていきました。

子供にとって何が一番良いのか経験にも基づいて教えているのが素晴らしいですね!

この番組をきっかけに未来の恐竜先生が生まれると良いですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました