ブロンコビリー 欠品間近のウルグアイ牛って何?世間の声は?

スポンサーリンク

ブロンコビリー 欠品間近のウルグアイ牛とは何なのでしょうか?

初めて聞きましたがどんな味がするのか気になりますね!

世間の声はどういったものなのでしょうか?

今回の記事ではブロンコビリー欠品間近の詳細について詳しくまとめてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ブロンコビリー 欠品間近のウルグアイ牛って何?

やはりこの厚みと赤身肉であることが特徴であり成長ホルモンなども一切使っていないなどがポイントなのでしょう!

肉の旨味をしっかりと感じられるステーキ肉といったところですね!

また国土の88%が草原であることで南半球では南下するほど牧草「ライグラス」の栄養価が高くなり、普通に育てるだけで赤身肉のうま味が強くなるらしいのです!

牧草だけを食べる牛から作ったバターがグラスフェッドバターと呼ばれていますがそのお肉バージョンということですね!

食べた人の感想ツイートも見つけました!

ブロンコビリー 欠品間近の詳細

国内のステーキチェーンとして初めてとなる「ウルグアイ産牛」のステーキを5月に発売したブロンコビリー。このステーキ界の“新星”について、7月24日に開かれた同社の第2四半期決算説明会で、衝撃の事実が明らかにされました。

【写真】赤身のうま味が詰まった「ウルグアイ産牛」はどんな肉?

超厚切りの目玉商品として売り出したところ、あまりの人気に供給が追い付かず、8月中にも欠品になる可能性が高いというのです。発売から、わずか3ヵ月で頭をもたげた欠品騒動。はたして、ウルグアイ産牛の今後はどうなるのでしょうか。

「赤身が詰まったジューシーな肉」

東名阪を中心に130店舗超、社名と同名のステーキレストランを展開しているブロンコビリー。同社が5月27日から販売しているのが、ウルグアイ産牛を使った「炭焼き 超厚切り 熟成サーロインステーキ」(200グラム・税別1780円)です。

ウルグアイ産牛は生育過程でホルモン剤を打っておらず、他国産の牛に比べると、同じ育成期間でも2~3割ほど小さいといいます。しかしその分、「赤身が詰まったジューシーな肉になる」(ブロンコビリーの竹市克弘社長)のが特徴です。

他国産の牛に比べると小ぶりなため、カット面も小さくなります。ブロンコビリーではこれを逆手に取り、あまり多くの量を食べない日本人客にも厚切りで提供。これに同社が強みとする炭焼きを組み合わせることで、外はカリッと、中は肉汁を閉じ込めてジューシーに焼き上げているといいます。

他のステーキチェーンに先駆けてウルグアイ産牛の提供を始めた竹市社長。7月24日の決算説明会でも、「炭焼きという“武器”に良質な赤身肉を掛け合わせることで、先駆者メリットを生かしながら、新たな価値を提供できている」と自信をのぞかせました。

こうなってくると気になるのが、超厚切りステーキの今後でしょう。ブロンコビリーでは、同等のニュージーランド産牛で超厚切りステーキ(200グラム・同1780円)を開発。計画を前倒しし、8月から提供を始める予定です。

「高齢になると、霜降り肉はどうしても重たく感じてしまいます。そこで、高品質なタンパク源として、シニアや女性でも食べられて、活力が沸くのが赤身肉。徹底的に当社の強みである炭火を生かしながら、他チェーンとは違うことをアピールしていきたい」(竹市社長)

同社では、他にもサラダバーの名称変更も検討中だといいます。自社の野菜ソムリエが考案し、店内で調理した新鮮なサラダがブロンコビリーの売りの1つですが、同業他社も相次いでサラダバーを導入したことで陳腐化が進んでいるからです。

せっかく品質の高いサラダを提供しているのに、同じ名称を使っていては期待した効果も上がりません。「当社の強みは食材の調達力・加工力・調理力なので、そこをアピールできるコンセプトは何なのか、見直しが必要」と竹市社長は語ります。

また、消費増税に伴う軽減税率の導入を控えて、税率が8%で据え置かれるテイクアウトの提供も検討を始めたといいます。「どの程度の品質水準であれば、持って帰ってもおいしいと思ってもらえるか、考えていきたい」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

これはめちゃくちゃ美味そうですね!!

しかも値段もそんなにバカ高くないので珍しい肉を使っているとなればそりゃ購買意欲が湧きますね!

社長もしっかりと戦略を練っていて素晴らしいと思います。

このブロンコビリーの作戦はうまくいくのかも今後の展開に注目ですね!

このyahooニュースにのったことでさらに拍車をかけて売り切れることは必須でしょうね。

僕の家の近くにないのが残念ですが機会があれば早めに行きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク



ブロンコビリー 欠品間近の肉を知った世間の声は?

ひと月ほど前に食べたけど、ウルグアイ産なんてあるんだと、食べて見ました。美味しかったですよ。自分は食通でもなんでもないので、よっぽど変なのじゃなきゃ大抵美味しいって言って食べちゃう。お金があればなんだって美味しいもの食べるけど、そうじゃないんだから、たまにこう言うの食べて、肉食ったわ、的な感じで満足しちゃうしね。

輸送にかかる期間が熟成にちょうど良いと聞きました。
空輸すればよいということではない、ということなのですね。

もっとも、人気に一気に火がついて供給不足になることは
よくあること。無理をして失敗することも多々あります。

 

別に裕福な家庭で育ったわけではないけど、自分は小さい頃から地元の宮崎牛を食べつけていることもあって、今でもこの手のチェーン店の牛肉は受け付けない。

食べれないことはないけど、一度だけ行って以来、もう行ってない。
地元に帰れば宮崎牛を低価格で食べれるカジュアルな行きつけのお店があるので、そこで十分だと改めて思ったから。

どうしてこういうステーキのチェーン店が流行るのか未だに分からない。
機会を減らして少し金額上乗せしてでも、本物の良い肉を食べた方が遥かに幸せな気分になれると思うんだけど。

 

スポンサーリンク



ブロンコビリー 欠品間近のまとめ

 

ハル
ハル

今回はブロンコビリーの欠品間近のウルグアイ牛についてまとめていきました。

きっと8月中に品切れするでしょうね。

売り切れあとにどうするのか?そこが勝負の分かれ目でしょうね。

あー肉食べたいよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました